4K・WQHD・2Kって何?有機ELのメリットは?など 画面についてまとめてみました

すべての写真-1530

2Kはフルハイビジョンのことなのですが、フルハイビジョンよりも上の画質のこと勘違いしていました。

そこで改めて、画質、解像度についての用語の意味を整理したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

画素と画素数

ドットマトリクス型の電子ディスプレイ(以下、ディスプレイ)では画素(ピクセル、pixel)と呼ばれる小さな点を縦横に並べ、それらの点を別々に制御することで画面を表示している。

画面解像度 – Wikipedia

画素とは画面を表示する小さな点のことです。

少し前のガラケーやテレビに顔をよ〜く見てみると、密接している点点があるのがわかると思います。これが画素です。

例えば、フルハイビジョンなら横1920個×縦1080個の画素があります。

総画素数は1920×1080=2,073,600となります。これだけの画素数で、画面を表示しています。

画素数がおおいほど画像は綺麗に表示されます。

1インチあたりの画素数

画素数が多くても、画面が大きければそれだけ画素の密度が減ります。密度が濃いほどより鮮明にものを表示することができます。

例えば、フルハイビジョンの液晶画面といっても、5インチのスマホと55インチのテレビでは画素の密度が異なります。

総画素数は1920×1080=2,073,600で同じですが、密集している5インチスマホでは、『画素』は目視で確認できませんが、テレビだと点があるのがわかります。

1インチあたりの画素数をppiといった形で表記します。

拙サイトのスマホの比較表ではppi、dpi 画素密度計算 – 液晶ディスプレイ・モニタ画面解像度を利用して、画素密度を計算しています。

画素密度表

通称 画素数 備考
QVGA (Quarter VGA) 320×240 代表例:2002年ごろの携帯電話、2011年2月に任天堂が発売した携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」
HVGA (Half VGA) 480×320 初代iPhoneやGalaxyなど
iPhone 5 1136×640 iPhone 5, 5s, 5c, iPod touch(第5世代)
HD (720p)ハイビジョン 1280×720 代表例:2011年ごろからのスマートフォン(4インチクラス)
iPhone 6 1334×750 iPhoneはすごく画面が綺麗というわけではない
FHD (Full-HD,1080p) 2K フルハイビジョン 1920×1080 2015年現在のAndroidスマホの主流。サイズにもよるが、個人的には最低でもこのぐらいは欲しい
WQHD 2560×1440 かなり綺麗な画面。FREETEL 極など
4K・QFHD (Quad Full-HD)・UHD 4K (2160p) 3840×2160 2015年現在唯一のスマホが「Xperia Z5 Premium」の5.5型液晶

画素密度の表です。一部画面解像度 – Wikipediaを引用しています。

初代iPhoneは2007年に発売。その頃から10年足らずで4〜5倍の高解像度になっているのですね。

2KのKはキロの1000という意味で、横の画素数の1920≒2000というところからつけられているそうです。4Kは3840≒4000ということですね。

有機EL

ディスプレイの種類も有機ELと液晶の2種類があります。

有機ELは自発行の有機EL素材を使用するため、バックライトが必要ありません。

GalaxyシリーズやNexus6、6Pなどが有機ELを使用されています。AppleもiPhone8から有機ELを採用するという報道がされています。

AMOLEDという表記をされることもあります。

実際、見比べてみるとめちゃくちゃ綺麗です。

個人的にはGalaxyNote5など有機ELでWQHDのスマホが一番、画面が美しいと感じています。

GalaxyNote5は過去最高端末!外観・ベンチマーク・使用感レビュー!

メリット

  • バックライトが必要ないので薄く・軽く・省電力
  • 動画の残像が出にくい
  • 鮮やかな発色
  • 視野角が広い

デメリット

  • 外で使用すると見えにくい
  • 同じ画面を表示し続けるとその跡がうっすら残る焼き付きが起こる可能性がある
  • 液晶よりコストがかかる

液晶ディスプレイ(LCD)

液晶ディスプレイと一言でいってもいろいろな種類(方式)があります。

IPS

iPhoneやiPadなどが採用しているのがIPSです。一番主流です。

視野角が広く画質も綺麗ですが、コントラスト、応答速度が低目です

IGZO

SHARPが開発しているIGZOの最大の特徴は、電力の消費量が少ないという点です。

AQUOSケータイに使われていることが多いです。

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト