新型iPad mini5が発売!旧型やiPadとスペック比較!

時短・節約・ダイエット!昼食カロリーメイトが最強

スポンサーリンク

先月から昼食はカロリーメイトにしました。これがとっても楽でいいんです!

昼食カロリーメイト生活について紹介します。

カロリーメイトで時短

平日のお昼はカロリーメイトを1箱(2袋)を食べるようにしています。5分ぐらいで食べることができ、時間がかかりません。

また、間食が可能な仕事なら、仕事中に食べれば昼休みの食事の時間をカットすることができます。昼休みの時間まるまる自由に使うことができます。

ご飯を食べに行く時間もかかりませんし、お弁当を作る時間も必要ありません。時短になります。

カロリーメイトで節約

カロリーメイトは1箱で160円ぐらいです。外食だったら千円弱かかりますし、お弁当でも500円ぐらいはかかるでしょう。平日毎日食べても3000円ちょっとですみます。

お金の節約にもなります。

カロリーメイトで体重維持

カロリーメイトは1本100kcalです。4本食べると400kcalです。30歳以降の身体活動レベルの低い男性の必要カロリーは2000kcalです。

成人男性の場合はお昼に400kcalぐらいで抑えておくと完食や夜よっぽど食べない限りカロリーオーバーということはなくなります。

毎日体重計にのっているのですが、カロリーメイトにしてから体重が安定しています。

カロリーメイトはいろいろな栄養が入っています。150円でパンやおにぎりなど買うよりも栄養が豊富です。

僕は朝フルグラ、昼カロリーメイトで夕飯にしっかりサラダやお肉などを食べるようにしています。

カロリーメイトの種類

毎回同じ味ばかりだと飽きてしまいます。

カロリーメイトはチーズ、プレーン、チョコレート、フルーツ、メープルの5つの種類があります。

1箱に2袋入っています。僕は違う種類を1袋ずつ選んで食べるようにして出来るだけ飽きが来ないようにしています。

LOHACOではセットで売っています。5種類が4箱ずつセットで売っています。1箱計算すると150円で非常に安く買うことができます。

値段は少し割高になりますが、飲むタイプのものやゼリータイプのカロリーメイトもあります。固形タイプよりももっと早く摂取することができます。

まとめ

昼食をカロリーメイト生活にして休憩に使える時間が増えましたし、体重も増えずに安定しています。お金もかからなくて最強のお昼ご飯です!

タスク管理にお困りの方へ

最強(?)のタスク管理アプリたすくま』

その使い方を解説した『たすくま「超」入門』を書きました。

こんな人におすすめです。

・時間管理に悩んでいる人
たすくま』を買ったけど使い方がわからない人
・もっとたすくま』を使いこなしたい人

https://farm1.staticflickr.com/700/22120331174_193422f32a_z.jpg

ライフハック料理
スポンサーリンク
シェアする
むのんをフォローする
らくたのぶろぐ