Withings Activite SteelをActivite、Activite Popと比較レビュー

すべての写真-1245

去年末にWithing Activiteを購入してから半年ほど使っています。Withing Activiteは高級感があって非常に気に入っています。先日発売されたWithing Activite Steelを購入してみました。

妻はWithing Activite popを使用しているので3種類を比較してみます。

Withings Active、アプリHealth Mateについてレビュー

Jawbone UP3・Fitbit chargeHR・Withings Active・vivofit2・SmartBand2などの活動量計を比較してみる


スポンサーリンク
スポンサーサイト

外観

すべての写真-1238

箱もpopよりもお洒落な感じです。

すべての写真-1243

すべての写真-1244

入っているのは説明書とリセットを押したり電池交換の時に使う金具が入っています。

写真で比較

現在発売されている3種類を写真で比較してみます。

すべての写真-1250

左がActive、右がSteelです。なかなか高級感がありますよね。

すべての写真-1264

すべての写真-1265

2本を腕に巻いてみました。Steelの純正のバンドは非常にしなやかでつけ心地がいいです。

すべての写真-1259

左がSteel右がpopです。SteelはpopとActiveの中間の位置です。popよりもお洒落でフォーマルにも合う印象があります。

値段の比較

現在発売されている3種類の値段の比較です。

製品 Withings Activite Activite Pop Activite Steel
値段 40,132円 15,109円 22,800円

2016年5月24日現在のAmazonでの金額

楽にお洒落に自動で記録

Withings Activite、pop、Steelの3種類でできことに違いはありません。歩数を測ったり、睡眠状況を見ることができます。睡眠は深い睡眠と浅い睡眠を分けて計測してくれます。

すべての写真-1267

Withingsの魅力はとにかく楽なんです。普段は時計代わりにつけているだけで、歩数や睡眠状況を測ることができます。睡眠は自動で判定してくれるので、睡眠前に何かするという必要はありません。つけっぱなしにしておけばいいのです。

充電も必要ありません。以前、数日に一回充電が必要な活動量計を使用して、めんどくさく感じ続けることができませんでした。スマホなどは寝ている間に充電すればいいのですが、活動量計は睡眠中にも使用するものです。タイミングを見計らって充電を行うのが手間に感じてしまいました。

Withingsは電池式で一度変えたら4ヶ月程度は持ちます。(公称は8ヶ月ですが、4ヶ月程度で時間がずれてきました)電池自体は百均で2個入りを購入することができます。1個50円ですみます。これがすごく楽です。

運動も強度を自動で判別して記録してくれます。普段はスタイリッシュな時計で裏では活動量計として機能してくれます。

こちらでもレビューしています→Withings Active、アプリHealth Mateについてレビュー

Activite Steelの特徴

popに比べると高級感を感じますネ。フォーマルなスーツなどの服装にも合う感じですね。値段が2万円近く違うActiveと比べても、それほど劣る感じはありません。

リストバンドはpopのものよりも柔らかく腕に馴染む感じがあります。毎日つけるものなので重要ですね。

また、このデザインなら革のバンドでもあいそうです。革のバンドだと高級感が出そうです。いろいろと使えるのがこの製品の魅力ではないでしょうか。

あとがき

他の活動量計も興味はあるのですが、Withingsの使い勝手がよくて変えられないでいます。Withings Activeが高すぎるけど、お洒落な時計タイプの活動量計が欲しいという方はSteelおすすめです。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト