Huawei P8max、HUAWEI P8lite、honor6Plus、AscendMate7とHuaweiの4機種スペック比較

2015年6月17日のHuaweiの発表会で新しいスマホの発表がありました。

6月10日には、楽天モバイルでhonor6Plusの発売して、どんどん日本に参入しているHuawei。

その製品をまとめてみます。


スポンサーリンク
スポンサーサイト

スペック比較

モデル HUAWEI P8 max HUAWEI P8lite honor6 Plus Ascend Mate7
発売日 8月下旬以降 6月19日 6月10日 14年12月
OS Android 5 Android 5 Android4.4 Android4.4
CPU 2.2GHz + 1.5GHz) Kirin620 1.2GHz 1.8GHz +1.3GHz 1.8GHz / 1.3GHz
8コア 8コア 8コア 8コア
メモリ 3GB 2GB 3GB 2GB
ディスプレイ 1080×1920 720×1,280 1080×1920 1920 × 1080
大きさ 6.8インチ 5インチ 5.5インチ 6インチ
画素密度 324ppi 294ppi 401ppi 367ppi
ストレージ 32GB 16GB 32GB 16GB
カメラ 1300万画素 1300万画素 800万画素 1300万画素
500万画素 500万画素 800万画素 800万画素
バッテリー 4360mAh 2200mAh 3600mAh 4100mAh
重量 228g 131g 165g 185g
93mm 71mm 75.7mm 81mm
182.7mm 143mm 150mm 157mm
厚さ 6.8mm 7.7mm 7.5mm 7.9mm
外部メモリ
値段 59,980円 28,600円 45,800円 45,800円

AscendMate7はAmazonでの2015年6月18日の金額。これ以外は税別表記。

でかいHuawei P8max

NewImage

何よりも6.8インチとスマホとしては圧倒的な大きさが特徴的です。

RAMが3GBでオクタコア、バッテリーも大きく、画面が大きいスマホが欲しい人にはうってつけの一台ですね。

安いHUAWEI P8lite

NewImage

税抜きで3万円以内でありながら、オクタコアに画質が300ppi弱、カメラは高機能、RAMも2GBと特に高機能を求めない人には十分のスペックの一台です。

これで、DMM mobileなどで月々1400円とかで運用したら、かなり通信費がうきますね。

niftyで5000円引きのセット割り実施中です。

カメラ機能のhonor6Plus

NewImage

カメラのレンズが2つついている変わった一台です。日本では楽天モバイルが独占販売をしています。

画素数は高くはないものの、ダブルレンズのため、高画質の写真が撮れるといいます。

RAMも3GBで、オクタコア、画素密度も高いとカメラ以外でも高性能な一台です。

honor 6Plus関連のエントリー

HUAWEI Honor 6 Plus デュアルカメラ【並行輸入品】

B00SY9JIFW

人気のAscendMate7

去年出てから半年経ちますが評判がいいAscendMate7です。

指紋認証は特に優秀だと思います。

6インチスマホ『AscendMate7』のスペックとレビュー
AscendMate7を購入して2週間使ってみました。非常にいい端末ですね! Huawei SIMフリースマートフォン...

レビューはこちらAscendMate7 | らくたのぶろぐ

Ascend Mate7 ホワイト

B00QWN4JII

あとがき

5インチ〜6.8インチまでいろんな種類の端末があって、それぞれターゲットが決まっている感じがいいですね。

どこにでもあるような端末ではなくそれぞれが個性があるのがすばらしいですね。

とりあえず、全部使ってみたい!

 

今日の5・7・5 個性あり 頑張れSONY 負けないで

 

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト