MacBook Pro 15インチ・16インチ2015〜2019年の世代別スペック比較

【最新】MacBook Pro 15インチ・16インチ2015〜2019年の世代別スペック比較

スポンサーリンク

MacBook Proは中型サイズの13インチと大型サイズの15インチの2つに分かれていました。2019年11月に15インチは16インチのMacBook Proにフルモデルチェンジしました。

2015年〜2019年のMacBook Pro15インチ・16インチについてスペックを比較してみます。

  • これまでの15インチが19年11月に16インチにフルモデルチェンジ!
  • MacBook Pro大型サイズなら16インチ(2019年モデル)が断然おすすめ!
MacBook Pro 16インチ
(2019)
スペースグレイ シルバー
512GB Amazon
ビックカメラ
Yahoo!ショッピング
楽天
Amazon
ビックカメラ
Yahoo!ショッピング
1TB Amazon
ビックカメラ
Yahoo!ショッピング
楽天
Amazon
ビックカメラ
Yahoo!ショッピング

MacBook Pro大型機の変遷

MacBook Proの大型機は2016年と2019年にフルモデルチェンジがされています。

主な違いは拡張端子とキーボードと画面のサイズです。

キーボード サイズ
重さ
Touch Bar 拡張端子
2015年 シザーキーボード 15.4インチ
2,040g
× USB3.0×2
Thunderbolt2×2
SDカードスロット
HDMI端子
Magsafe2
2016年〜2019年3月 バタフライキーボード 15.4インチ
1,830g
Touch Bar Thunderbolt3×4
2019年11月〜 シザーキーボード
(Magic Keyboard)
16インチ
2,000g
Touch Bar
(escは単独)
Thunderbolt3×4

2016年モデルでは拡張端子がThunderbolt3(USB Type-C)に置きかわり、キーボードはシザーキーボードからキーボードのストロークがほとんどないバタフライキーボードになりました。

2019年11月にはディスプレイが16インチに大きくなり、バタフライキーボードからMagic Keyboardという名前のついたシザーキーボードに戻りました。

MacBook Pro16インチ 2019年11月〜

2019年11月にMacBook Pro15インチがバージョンアップし、MacBook Pro16インチになりました。

大きな特徴としてはこの3つですね。

  • 画面が15.4インチ→16インチに
  • バタフライキーボードから普通のキーボードに
  • スピーカーの性能アップ
  • 下位モデルが256GB→512GBに変更!なのに値段が安くなる!

画面が大きく、ストレージが増えたにも関わらず値段が安くなっています。

MacBook Pro 16インチ
(2019)
スペースグレイ シルバー
512GB Amazon
ビックカメラ
Yahoo!ショッピング
楽天
Amazon
ビックカメラ
Yahoo!ショッピング
1TB Amazon
ビックカメラ
Yahoo!ショッピング
楽天
Amazon
ビックカメラ
Yahoo!ショッピング

MacBook Pro16インチ(2019)のスペック

MacBook Pro16インチ(2019)のスペックをMacBook Pro15インチ(2019)と比較してみます。

モデル MacBook Pro15インチ
(2019)
MacBook Pro16インチ
(2019)
ストレージ 256GB 512GB 512GB 1TB
CPU 第9世代 Core i7 第9世代Core i9 第9世代 Core i7 第9世代Core i9
周波数 2.6GHz
(最大4.5GHz)
2.3GHz
(最大4.8GHz)
2.6GHz
(最大4.5GHz)
2.3GHz
(最大4.8GHz)
コア数 6コア 8コア 6コア 8コア
メモリ 16GB 16GB
ディスプレイ 15.4インチ 16インチ
解像度 2,880 x 1,800 3,072☓1,920
画素密度 220ppi 226ppi
True Toneテクノロジー
T2チップ
バッテリー 10時間 11時間
TouchBar TouchBarあり TouchBarあり(ESCは独立)
大きさ 高さ:1.55 cm
幅:34.93 cm
奥行き:24.07 cm
高さ:1.62 cm
幅:35.79 cm
奥行き:24.59 cm
重さ 1830g 2000g
キーボード 第3世代バタフライ
素材を変更
Magic Keyboard
グラフィック Radeon Pro 555X
(4GBメモリ搭載)
Radeon Pro 560X
(4GBメモリ搭載)
Radeon Pro 5300M
(4GBメ‍モ‍リ搭載)
Radeon Pro 5500M
(4GBメ‍モ‍リ搭載)
シルバー・スペースグレイ シルバー・スペースグレイ
拡張端子 Thunderbolt3×4 Thunderbolt3×4
値段 ¥258,800 ¥302,800 ¥248,800 ¥288,800

画面が大きく16インチに

画面のサイズが15.4インチから16インチに大きくなりました。ベゼルが少し小さくなっています。

サイズも少し大きくなり、厚みも増しています。重さも170gほど重くなり2,000gになりました。

バタフライキーボード終了

バタフライキーボードでなくなりました。個人的にバタフライキーボードが苦手だったので、よかったです。Magic Keyboardという名前ですが、2015年までのMacBook Proのキーボードと非常に似ています。

ストロークはバタフライキーボードでは0.45mmぐらいでしたが、1mmほどあります。

Touch Barはそのままですが、Escキーが復活しています。Escを使う人にはとってもいいのではないでしょうか。

MacBook Pro15インチでは、Touch IDはTouch Barと一緒になっていましたが、MacBook Pro16インチではTouch IDが独立しています。

下位モデルが512GB・上位モデルが1TBに

家電屋さんに売られている市販品(吊るし)のモデルは下位モデルと上位モデルがあります。

これまでストレージが256GBだった下位モデルが512GBに、512GBだった上位モデルが1TBになりました。

下位モデル・上位モデル共にストレージが増えたにも関わらず、安くなりました。これには驚きました。

15インチモデルで下位モデルを512GBにカスタマイズすると28万円です。ストレージを揃えてみると3万円も安くなっています。

そのほか変更点

バッテリーが10時間から11時間もつようになりました。また、電源アダプタも87Wから96Wに増えています。電源アダプタのサイズは変わりありません。

スピーカーが6スピーカーになり音がよくなっているようです。

変わらない点

CPUは前回発表したものと同じ第9世代で変わりありません。ただ、GPUがスペックアップしているので、性能自体は上がっていると考えていいと思います。端子はThunderbolt3のみです。

Wi-Fiの新世代の規格…Wi-Fi6(802.11ax)には非対応です。iphone11は対応しているのでMacBook Proも対応していると思いきや意外にも非対応でした。今回の16インチで唯一残念な点はこの点ですね。

市販品(吊るし)の購入リンクまとめ

カスタマイズをしないモデルは家電屋さんで購入することができます。『吊るし』と呼ばれています。

ポイント還元があったりApple Storeで購入するより安く買うことができます。ビックカメラでは現在、5%ポイント還元で購入できますね。

MacBook Pro 16インチ
(2019)
スペースグレイ シルバー
512GB Amazon
ビックカメラ
Yahoo!ショッピング
楽天
Amazon
ビックカメラ
Yahoo!ショッピング
1TB Amazon
ビックカメラ
Yahoo!ショッピング
楽天
Amazon
ビックカメラ
Yahoo!ショッピング

型番

市販品(吊るし)には型番がついています。それぞれ型番はこのようになります。

MacBook Pro 16インチ
(2019)
スペースグレイ シルバー
512GB MVVJ2J/A MVVL2J/A
1TB MVVK2J/A MVVM2J/A

CTO

ネットのApple Storeで購入するとカスタマイズを行うことができます。

カスタマイズの幅も広がりました。メモリは64GBまで、ストレージは8TBまで行うことができます。

GPUもメモリ8GBのものに変更可能です。

CPU 第9世代 2.6GH6コア Core i7
(最大4.5GHz)
第9世代 2.3GHz8コア Core i9
(最大4.8GHz)
メモリ 16GB
ストレージ 512GB 1TB
グラフィックス Radeon Pro 5300M
(4GBメ‍モ‍リ搭載)
Radeon Pro 5500M
(4GBメ‍モ‍リ搭載
¥248,800 ¥288,800
CTOによる追加料金
CPUカスタマイズ
8コア
2.4GHz
(最大5GHz)に変更
¥29,000 ¥22,000
メモリ
32GBに変更 ¥44,000 ¥44,000
64GBに変更 ¥88,000 ¥88,000
グラフィック
Radeon Pro 5500M
(4GBメ‍モ‍リ
¥11,000
Radeon Pro 5500M
(8GBメ‍モ‍リ搭載)
¥22,000 ¥11,000
ストレージカスタマイズ
1TBに変更 ¥22,000
2TBに変更 ¥66,000 ¥44,000
4TBに変更 ¥132,000 ¥110,000
8TBに変更 ¥264,000 ¥242,000

MacBook Pro15インチ2016年〜2019年モデル

MacBook Proは2016年にフルモデルチェンジがあり、その後マイナーチェンジ後、2019年11月に大きなアップデートがあり16インチになりました。

ここでは2016年〜2019年5月まで発売されたMacBook Pro15インチについてまとめます。

特徴

2016年から2019年5月までのモデルの特徴はこの3つです。

  • バタフライキーボード
  • Touch Bar
  • 少し軽い

この期間に発売されたMacBook Proはキーボードのストロークがほとんどないバタフライキーボードです。バタフライキーボードも各年ごとに少しずつ改良されています。ただ、個人的にはバタフライキーボードは苦手です。

ファンクションキーやescボタンがすべてTouch Barになっています。

2015年までと2019年11月以降の16インチでは重さが2kgを超えていますが、この世代のモデルは1,870gと少し軽いという特徴もあります。

MacBook Pro15インチ(2019)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は apple_macbookpro-8-core_video-editing_05212019-680x410.jpg です

2019年5月に発売されたモデルです。2018年のMacBook Pro15インチ と比較してみます。

MacBook Pro15インチ
2018年
MacBook Pro15インチ
2019年
ストレージ 256GB 512GB 256GB 512GB
CPU 第8世代 Core i7 第9世代Core i7 第9世代Core i9
周波数 2.2GHz
(最大4.1GHz)
2.6GHz
(最大4.3GHz)
2.6GHz
(最大4.5GHz)
2.3GHz
(最大4.8GHz)
コア数 6コア 6コア 6コア 8コア
メモリ 16GB
ディスプレイ 15.4インチ
解像度 2,880 x 1,800
画素密度 220ppi
True Toneテクノロジー
T2チップ
バッテリー 10時間
TouchBar TouchBarあり
大きさ 高さ:1.55 cm
幅:34.93 cm
奥行き:24.07 cm
重さ 1830g
キーボード 第3世代バタフライ 第3世代バタフライ
素材を変更
グラフィック Radeon Pro 555X
(4GBメモリ搭載)
Radeon Pro 560X
(4GBメモリ搭載)
Radeon Pro 555X
(4GBメモリ搭載)
Radeon Pro 560X
(4GBメモリ搭載)
シルバー・スペースグレイ
拡張端子 Thunderbolt3×4

CPUが第8世代から第9世代へ変わっています。さらに512GBのモデルのコア数が6コアから8コアへ増えています。コア数が増えることで処理能力も大きく上がっています。

これまでバタフライキーボードによりキーが反応しない、押していないのに連打されるといった不具合が起こっていました。その対応としてバタフライキーボードの素材が変わりました。

マイナーアップデートではありますが、スペックアップしています。

MacBook Pro15インチ(2018)

2018年に発売されたモデルです。CPUが4コアから6コアにアップしています。T2チップが入り「Hey,Siri」と言うことでSiriを起動することができるようになりました。

MacBook Pro15インチ(2017)

2017年に発売されたモデルです。スペックは2016年に比べ少しだけ上がりましたが、値段も2万円も上がりました。あまりおすすめできないモデルです。

MacBook Pro15インチ(2016)

2015年モデルから大幅にアップデートされたモデルです。拡張端子がThunderbolt3になり、キーボードがバタフライキーボードになり、Touch Bar、Touch IDが搭載されました。

MacBook Pro15インチ 2015年

画面の大きさ 大きさ 重さ 拡張端子
MacBook Pro 15インチ
(2015年)
15.4インチ 高さ:1.8 cm
幅:35.89 cm
奥行き:24.71 cm
2,040g USB3.0×2
Thunderbolt2×2
SDカードスロット
HDMI端子
Magsafe2

僕が2019年11月現在使用しているのがこのMacBook Pro15インチ 2015年モデルです。2019年に中古で購入しました。古いながらスペックもそれなりに高く拡張端子も多いので使いやすい機種です。

CPUのベンチマークの数値だけ見ると最新のMacBook AirやMacBook Pro13インチの〜2017年モデルより上です。

MacBook Pro2014年モデルも同じようですが、2014年モデルはWi-Fiの802.11acには対応していません。また威圧タッチパネルも非搭載です。2015年モデルは802.11acに対応、威圧タッチパネルも搭載しているので、2014年以前のモデルを買うなら2015年モデルの方がいいと思います。

ただし、iPadをサブディスプレイ化するSidecarは2016年モデル以降が対応可能なので、このモデルでは利用できません。

MacBook Pro 15インチ(2015)-中古をイオシスで探す