NAS

NAS(家庭用)の機種はどれがいいの?比較してみた

家族や娘ちゃんの写真や動画を撮っていると、どんどんパソコンの容量(ストレージ)が圧迫されていきます。容量管理のストレスをなくすために今回、NASを導入することにしました。

評判のいいSynologyとQNAPという2つのメーカーから発売している家庭向けのNASを比較してみます。

比較表

家庭用なのでHDDが2つ入れられる機種で比較してみます。HDDを2つとも同じデータにしておくことで1つのHDDが壊れてももう一つがバックアップの役割を果たしてくれます。

  DS216j  DS218j DS218play TS-231P
メーカー Synology Synology Synology QNAP
2016年3月 2017年11月 2017年11月 2016年11月
ドライブベイ 2
CPU 2コア 1.0 GHz 2コア 1.3GHz 4コア 1.4GHz 2コア 1.7 GHz
メモリ 512 MB 512 MB 1 GB 1 GB
LANポート 1 1 1 2
USB3.0ポート 2 2 2 3
ノイズレベル 18.2dBA 18.2dBA 19.9dBA 15.6dBA
消費電力(スタンバイ) 6.95W 7.03W 5.16W 8.46W
消費電力(動作時) 14.85W 17.48W 16.79W 15.6W
Amazon価格 ¥18,999 ¥22,290 ¥29,137 ¥20,180

Synology

Synologyは台湾のメーカーです。ソフトが使いやすく評価が高いです。

DS216j

2016年に発売されたDS216jの評判がよく、ネットで検索すると多くの記事がヒットします。

DS218j

2017年11月に発売されたDS218jはDS216jをスペックアップした機種となっています。CPUが1.0GHzから1.3GHzにアップしています。値段は3000円ほど高くなっていますね。僕はこの機種を購入してみました。

Synology DiskStation DS218jのセットアップ手順」のエントリーにてセットアップ方法を解説しています。Synologyは非常にセットアップが簡単という特徴があります。僕も初めてセットアップしましたが、特に引っかかることなく使用開始できました。

あわせて読みたい
Synology DiskStation DS218jのセットアップ手順 SynologyのDiskStation DS218jを購入しました。ここではセットアップの方法を紹介します。...

DS218play

DS218playはクアッドコア(4コア)でメモリが1GBとDS218jのスペックアップした機種です。動画に強く4Kコンテンツを4Kに対応していない機種で見るときに最適な解像度にリアルタイムで変換してくれます。

QNAP

QNAPも台湾のメーカーです。値段の割にスペックが高いです。

TS-231P

QNAPはSynologyの機種に比べてスペックが高いです。値段は最新のDS218jより安いながら、メモリは1GBでLANポートが2つ、USB3.0ポートが3つと多く、ノイズレベルもこの中では一番低いです。コストパフォーマンスが優れている機種です。

HDD

NASは中にHDDかSSDを入れて使用します。

WDが販売しているHDDの評判が高いです。Blueは安くパソコン用、レッドはNAS用で若干値段が高いです。ただ、BlueでもNASに使用することはできるので、まずは安いBlueを購入してみました。

NAS用はこちら赤色

こちら「当ブログの『NAS』のエントリーについてまとめ」にてNASのエントリーをまとめています。

ABOUT ME
むのん
むのん
ガジェットとライフハックが好きです。 たすくま、WorkFlowy、スマホは毎月いろんな機種を使っています。 一つでも興味ある項目がある方はfeedly、メールでの定期購読お勧めです^^

COMMENT

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください