Smart Keyboard種類・サイズ別違いをまとめ

スポンサーリンク

現在、 3種類のSmart Keyboardが発売されています。サイズ別の違いをまとめてみます。

比較表

対応サイズ 9.7 10.5 12.9
値段 ¥17,800 ¥18,800
JISキーボード ×
重さ 230g 244g 336g

サイズ

それぞれのiPad Proのサイズに合わせて Smart Keyboardが発売されています。Apple Storeで発売しているのは10.5インチと12.9インチ用です。

9.7インチはApple Storeでの発売は終わりました。

JISキーボード

キーボードはUSキーボードとJISキーボードの2種類があります。JISキーボードが発売されているのは10.5インチと12.9インチです。9.7インチではJISキーボードが発売されていません。

USキーボードとJISキーボードの違いは、エンターの大きさや一部キーの配置が若干異なります。

普段、JISキーボードを使っている方は、Smart KeyboardもJISキーボードがいいと思います。「かな」キーで日本語切り替えも簡単に行えます。

重さ

IMG_20180527_162439

比較表にあるとおり重さは12.9インチがダントツです。300gを超えます。

9.7インチと10.5インチ用のSmart Keyboardの重さは使っている方の重さを調べてみました。ただ、人によって計測値が違うので若干のズレはあるかもしれません。

IMG_20180527_163159

iPad Pro12.9(2015)+ガラスフィルム+ Smart Keyboard12.9インチ用+ケースで1284gでした。(ケースなしで1123g)

MacBook Proとほとんど変わりありません。

キーピッチ

キーピッチもサイズによって異なります。12.9インチが一番広くなっています。だいたい19mmぐらいです。12.9インチはMacBook Proのキーボードとも大きく変わりありません。

IMG_20180527_162548

ストロークもそこそこあり打ち心地は悪くないです。

IMG_20180527_162721

サイズ違いでも使える

iPad Proはサイズ違いでも使用することができます。

IMG_20180509_154642

このように12.9インチのSmart Keyboardに10.5インチのiPad Proを接続して使用することも可能です。サイズが違うのでカバーとしては使えませんが、単体で使うことはできます。ただ、ケースをつけるとサイズ違いのSmart Keyboardは使えなくなります。

Smart Keyboard10.5インチ用は若干キーピッチが狭いので、あえてSmart Keyboard12.9インチ用を10.5インチと組み合わせて使っている方もいらっしゃいます。

「iPad Pro 10.5」+サイズ違いキーボードが最高の仕事道具である理由 | BUSINESS INSIDER JAPAN

膝の上でも使用可能

若干の不安はありますが、椅子に座った状態で膝の上でも使用可能です。電車の上でも使えそうです。

ただ、磁石で支えているだけなので、絶対取れないとは言えません。ケースはつけたいところですね。

レビュー

レビューはこちらでまとめました。今のところ使わないなというのが正直な感想です。

【レビュー】Smart Keyboard…僕は使わない理由

【レビュー】Smart Keyboard…僕は使わない理由
12.9インチ用のSmart Keyboardを購入しました。どういう人におすすめか、僕はなぜ使わないのかまとめてみます。
iPad
スポンサーリンク
シェアする
むのんをフォローする
らくたのぶろぐ