MacBook Pro 15インチ・16インチ2015〜2019年の世代別スペック比較

Mac mini2012年〜2020年モデル比較!

スポンサーリンク

Image from Gyazo

2020年3月にMac miniのマイナーアップデートがありました。主な変更点はこの2つです。

  • ストレージが増量
  • 値段が下がった

ここではMac miniの2012年・2014年・2018年・2020年モデルをそれぞれ比較してみます。

2018年と2020年スペック比較

2018年モデルと2020年モデルの上位モデルと下位モデルを比べてみます。

型番 下位モデル 下位モデル 上位モデル 上位モデル
発売日 2018年11月 2020年3月 2018年11月 2020年3月
CPU 第8世代Corei3 第8世代Corei5
クロック周波数 3.6GHz 3.0GHz
(最大4.1GHz)
コア数 4コア 6コア
メモリ 8GB
グラフィックス UHD Graphics 630
ストレージ
SSD
128GB 256GB 256GB 512GB
シングルスコア 4,673 5,130
マルチスコア 13,788 20,078
重さ 1.3kg
サイズ 3.6×19.7×19.7 cm
Thunderboltポート(最大10 Gbps)x 2
Thunderbolt3×4 4
FireWire 800ポート(最大800 Mbps)x 1
USB3.0 2
HDMI
SDカード
ギガビットEthernetポート x 1
値段 ¥89,800 ¥82,800 ¥122,800 ¥112,800

下位モデルはストレージが128GB→256GBに変わり、値段が¥89,800→¥82,800となりました。

上位モデルはストレージが256GB→512GBに変わり、値段が¥122,800→¥112,800となりました。

以前は下位モデルは128GBだったので入門機としても使いにくかったですが、今回のアップデートで256GBになり問題なく使えるようになっています。

上位モデルは6コアでストレージが512GBということで、もちろんそのまま購入してもいいですが、このスペックを求める人ならApple Storeのカスタマイズでメモリを16GB以上に増量した方が満足度が上がりそうです。

Apple Storeでのカスタマイズについてもストレージのカスタマイズは半額ぐらいになっています。

2012年・2014年・2018年比較

スペックを比較します。各年の最上位モデル(いわゆる松モデル)の比較です。

型番 MD389J/A MGEQ2J/A MRTT2J-A
発売日 2012年 2014年10月 2018年11月
CPU 第3世代Corei7 第4世代 Corei5 第8世代Corei5
クロック周波数 2.3GHz 2.8GHz 3.0GHz
コア数 4コア 2コア 6コア
メモリ 4GB(最大16GB) 8GB 8GB
(最大64GB)
グラフィックス HD Graphics 4000 l Iris Graphics UHD Graphics 630
ストレージ HDD 2TB FusionDrive 1TB SSD256GB
シングルスコア 3,243 2,978 5,130
マルチスコア 10,640 6,148 20,078
重さ 1.22kg 1.3kg
サイズ 3.6×19.7×19.7 cm
Thunderboltポート(最大10 Gbps)x 2 2 2
Thunderbolt3×4 4
FireWire 800ポート(最大800 Mbps)x 1
USB3.0 4 4 2
HDMI
SDカード
ギガビットEthernetポート x 1

2018年はコア数が6になりました。前回のモデルは2コアでMac miniファンを失望させましたが、今回は期待以上のスペックとなっています。

CPUの性能を数値化するGeekbenchを見ると2014年モデルは、シングルコア・マルチコアスコア共に2012年モデルに比べて下がっています。これは4コアから2コアになった影響と考えられます。

2018年モデルのシングルコア・マルチコアスコアについては予想ですがこのぐらいになると思います。(実際の数値がわかったら修正します)

また拡張端子は、Thunderbolt3が4つ追加しました。USB3.0は4から2に減っています。MacBookシリーズのようにThunderbolt3だけになっていない点はいいところですね。

Mac mini(2018)の詳細はこちらでまとめています。

【最新】Mac mini(2018年)はメモリ換装可能(だが難しい)!スペック・カスタマイズまとめ
2018年10月30日にMac miniの最新モデルの発表がありました。スペック、Apple Storeでできるカスタマイズ方法や上位モデルと下位モデルどちらがいいかをまとめてみます。型番MRTR2J-A(下位モデル)MR...

メモリ換装・ストレージの変更など比較

メモリ換装、ストレージの変更などができるかどうかを比べてみます。

2012年 2014年 2018年・2020年
メモリ換装 ×
ストレージ 可能 ×
コア数 2〜4コア 2コア 4〜6コア
4Kディスプレイ
内蔵スピーカー
Wi-Fi 802.11ac対応 ×

メモリ換装

2018年・2020年モデルでは2014年ではできなかったメモリの換装ができるようになりました。

ただ、『Mac mini Late 2018 Memory (RAM) Replacement – iFixit Repair Guide』こちらで手順が紹介されています。ちょっと難しいですね。

ストレージ換装

2018年モデルはストレージを変えることはできません。

2012年は変更することはできます。

コア数

先ほども紹介したとおり、2018年モデルから下位モデルで4コア、上位モデルで6コアとなりました。

前回モデルは2コアとかなり低スペックだったので大きくスペック向上しました。

4Kディスプレイ

2012年は4Kディスプレイはサポートされていません。

2018年モデルは4K、5Kディスプレイに対応しています。

Wi-Fi 802.11ac対応

2012年モデルはWi-Fi 802.11acに非対応でした。

Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)には最新モデルでも非対応です。

購入リンク

カスタマイズしない場合はApple Storeで購入するよりも家電屋で購入した方がポイントなどついて若干安くなります。

2020年モデルの購入リンクをまとめてみます。

2020年モデル MXNF2J/A MXNG2J/A
スペック 4コア/256GB 6コア/512GB
リンク Amazon
楽天
ノジマオンライン
Amazon
楽天
ノジマオンライン