【実機レビュー】MacBookのキーボードはどれがいいか?第1世代・第2世代バタフライキーと普通のキーボード比較

スポンサーリンク

MacBook Pro、MacBook Air、12インチのMacBookのキーボードの違いを比較してみます。

僕はこれまでMacBook Air→MacBookで第1世代バタフライキーボード→MacBook Pro(2015)→MacBook Pro(2016)で第2世代バタフライキーボードを使ってきました。

各機種のキーボード

MacBook MacBook Pro MacBook Air
2015年 第1世代バタフライキー 普通 普通
2016年 第1世代バタフライキー 第2世代バタフライキー
2017年 第2世代バタフライキー 第2世代バタフライキー

バタフライキーボード

2015年の12インチMacBookからバタフライ構造キーボードが導入されました。特徴はキーの薄さです。キーの厚みが1mm以下で薄いです。

第1世代バタフライキーはイマイチ

30100442111 15952e5021 z

2015年、2016年のMacBookに使われているのが第1世代バタフライキーボードです。叩いた時に「ペタペタ」しています。浅いストロークそのままって感じですね。数日で打ち漏れは減ってきましたが、長時間使うと指が疲れます。『めちゃくちゃ軽いMacBook 12インチをレビュー』でMacBookの2015年モデルをレビューしています。

2017年から12インチMacBookにも第2世代バタフライキーボードが導入されました。購入するなら断然2017年をオススメします。

第1世代バタフライキーボードはお勧めできない

大きな進化をした第2世代バタフライキー

IMG_7039

今回、MacBook Pro15インチ(2016)を購入して、第2世代バタフライキーを使ってみました。第1世代バタフライキーとはまったく違います。キーのストロークは1mm弱と薄いですが、きちんと打鍵感を感じます。

IMG_7035

第1世代バタフライキーよりはだいぶ使いやすくなっています。第1世代のような「ペタペタ」という感じはまったくありません。ストロークのあるキーボードを叩いているような感じがあります。他のキーボードから切り替えた場合、1-2日使えば慣れると思います。

叩いたキーの音は他のキーボードよりも大きいです。

MacBook Proの2016年と2017年は同じ『第2世代バタフライキーボード』という扱いにはなりますが、2017年の方が少し進化しているそうです。打鍵音も小さくなり、不良品も2017年の方が少ないです。やはり一番最初に導入された機種は不良品がつきもののようですね。

IMG_7036

キーの幅は1.7mm程度あります。

第2世代キーボードは一度触って感触を確認した方がいい

MacBook Pro(2015年以前)MacBook Airは普通のキーボード

IMG_7040

MacBook Pro(2015年以前)とMacBook Airはストロークの浅い一般的なキーボートです。

MacBook Proの打鍵感は軽いですね。僕は最近までずっとこれを使っていたのもあり、MacBook Pro(2015)のキーボードが一番使いやすいですね。

キーの幅は1.6mmストロークはだいたい2mmです。

IMG_7046

Windowsのノートパソコンを使っている場合は特にMacBook ProやMacBook Airのキーボードの方が馴染みやすいと思います。MacBook ProやMacBook AirはさらにUSB3.0やSDスロットもありますからね。『【実機レビュー】MacBook Pro 13インチ(2015年)拡張端子が豊富で使いやすい』でMacBook Pro(2015)のレビューを書いています。

 MacBook Pro(2015年以前)・Airのキーボードは馴染みやすい
Mac
スポンサーリンク
シェアする
むのんをフォローする
らくたのぶろぐ