【Macアプリ】Macでウィンドウを並べるアプリ『Shiftit』が便利

スポンサーリンク

WindowsではWindowsキーと矢印で簡単にWindowsの大きさを半分にすることができます。Macでは残念ながら、Winキーに代わるものがありません。アプリを探して見たところ『Shiftit』というアプリで画面分割ができることを知り導入しました。

使い始めて一年以上たちますが、非常に便利でもう僕のMac生活には欠かせないものになっています。

ショートカットで簡単に半分に分かれる

スクリーンショット_2017_01_31_15_40

Item-0_と_Item-0_と_Item-0

使用すると、こんな感じに綺麗に半分ずつウィンドウを開くことができます。

すべての写真-85

特に便利なのが、画面を外部ディスプレイに出力した時です。大きな画面上に2つのウィンドウを並べます。MacBookと合わせて3つのウィンドウを同時に表示しながら作業ができます。

ダウンロード方法

Releases · fikovnik/ShiftIt · GitHub ここからダウンロードして、インストールします。

僕は1.6.3をダウンロードして使っています。バージョン10.12.6のSierraでも問題なく使用できています。

ショートカットを自由に設定できる

『Shiftit』では設定からショートカットを自由に選択することができます。

スクリーンショット 2017-01-31 15.24.56

自分で使いやすいようにショートカットを変更しました。僕が頻繁に使っているのは、⌘+fn+←で左寄せ・⌘+fn+→で右寄せ・⌘+fn+↑で最大化の3つです。

新しいMacBookやMacBook ProにはHDMIがなく、USB Type-C(Thunderbolt3)しかありません。

USB Type-CでMacBookを給電しながら、USB3.0のハブとしても使用できるこういったディスプレイがおすすめです。

Mac
スポンサーリンク
シェアする
むのんをフォローする
らくたのぶろぐ