GalaxyS7・EdgeをGalaxyNote5・GalaxyS6 ・S5と比較

https://farm2.staticflickr.com/1647/24928238709_a07a30cd4b.jpg

GalaxyS7、Galaxy S7 Edgeが発表されました。最近、Samsungの製品ばっかり買っている僕としてはなかなか惹かれるスペックでした。

GalaxyNote5、GalaxyS6,S5と比較してみます。

参照 Galaxy S7 edge – Galaxy


スポンサーリンク
スポンサーサイト

比較表

モデル Galaxy S7 Galaxy S7 edge Galaxy Note5 Galaxy S6 Galaxy S6Edge GALAXY S5
発売日 2016年3月11日 15年8月 2015年4月23日 14年5月
OS Android6.0 Android5.1 Android5.0 Android5.0 Android4.4
CPU Exynos8 Exynos 7 Snapdragon 801
8コア2.3GHz+1.6GH 2.1+1.5GHz 2.1GHz+1.5GHz 2.5GHz
4コアは2.15GHz+1.6GHz 8コア 8コア 4コア
メモリ 4GB 4GB 3GB 2GB
ディスプレイ 1440×2560 1440×2560 1440×2560 1080×1920
大きさ 5.1インチ 5.5インチ 5.7インチ 5.1インチ 5.1インチ
画素密度 577ppi 534ppi 515ppi 577ppi 432ppi
ストレージ 32GB/64GB/128GB 32GB/64GB docomo32GB docomo64GB au32GB.64GB 16GB/32GB
カメラ 1200万画素(F1.7) 1600万画素 1600万画素(F1.9) 1600万画素
500万画素 500万画素 500万画素 210万画素
バッテリー 3000mAh 3600mAh 3000mAh 2550mAh 2600mAh 2800mAh
重量 152g 157g 171g 138g 132g 147g
69.6mm 72.6mm 76.1mm 71mm 70.1mm 73mm
142.4mm 150.9mm 153.2mm 143mm 142.1mm 141mm
厚さ 7.9mm 7.7mm 7.6mm 6.8mm 7mm 8.3mm
外部メモリ 200GBまで 200GB 128GBまで
防水・防塵
VR
Qi充電
値段 76,270円 88,015円 70,800円

発売日

発売日は3月11日です。日本での発売は未定ですが、夏頃の発売になるのではないかと言われています。

EXPANSYSでは早速、予約が開始されています。

値段

EXPANSYSでは、関税の金額を合わせると、GalaxyS7 が8万程度、GalaxyS7Edge が9万円強となります。

防水復活

GalaxyS5では防水でしたが、S6では非防水になりました。今回のS7で防水・防塵になりました。

IP68基準の防水なので、「粉塵の侵入を完全に防ぎ、かつ長時間水没しても影響がない」レベルです。お風呂でも使えるので利便性が上がりますね。

SDカード復活

microSDカードも使用できるようになりました。これは嬉しいです。

GalaxyNote5を使っていても、SDカードが使えたらもっと楽になるなと思う場面も多くありました。

AndroidのiPhoneとの差別化できる点はSDカードが利用できる点だと思います。この点は嬉しいですね。

大きくなったGalaxyEdge

GalaxyEdgeは5.1インチから5.5インチに画面が大きくなっています。僕は5.5インチは最低限ほしいので、これも嬉しい変更です。購入意欲が湧きました。

GalaxyS7 が5.1インチ、GalaxyS7Edge が5.5インチ、そして、未発表ですが、GalaxyS7 Edge Plusが6インチという布陣になるのではないでしょうか。

カメラのF値が1.7

今回、カメラの解像度が少し下がっています。ただ、F値が1.9から1.7になっており、これまでより多く光を取り入れることができます。

暗いところでの撮影が、より強いです。

時刻を常時表示「Always−On Display」

今回の GalaxyS7GalaxyS7Edge にはAlways−On Displayという機能がついています。Always−On Displayはスマホを点灯していなくても、常に時計を表示させることができる機能です。

今、何時かを確かめるためにいちいち画面を表示させる必要がありません。机の上に出しておけばスマホを置き時計代わりにもできますね。

電力消費もそれほど大きくないようです。問題は有機ELなので焼き付きですね。

CPU

CPUは発売される地域によってSnapdragon820になるかExynos8になるか異なります。パフォーマンスは両モデルでほぼ同等と言われています。

日本ではExynos8になるようです。

GalaxyNote5もものすごくサクサクで申し分なかったのですが、さらにCPUはよくなるんですね。

GalaxyNote5は過去最高端末!外観・ベンチマーク・使用感レビュー!

VR対応

Gear VRにももちろん対応します。microSDが使用できるので、パソコンでダウンロードしたファイルも移行しやすくなりますね。

Gear VRのセットアップとレビュー!初めてのバーチャル・リアリティに感動!

総評

スペックを見る限り、防水防塵・有機ELディスプレイ、microSD利用可能、VR可能と過去の端末から正統進化です。

穴のない端末だなという印象です。

購入方法

2016/02/27時点ではEXPANSYSというサイトで予約が可能です。EXPANSYSは台湾に本社があり、台湾から輸入することができます。

僕もこれまでもGalaxyNote5やGalaxyTab S2をかっています。PayPalにも対応していて安心して購入できるサイトです。

GalaxyS7の購入はこちらから

GalaxyS7 Edgeのお購入はこちらか

あとがき

今年に入ってSamsung製品は2つ買っています。有機ELが非常に見やすくて気に入っています。Galaxy S7 Edgeも興味ありますねー

3月の出費が激しくなりそうな予感!

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト