極(KIWAMI)SDカード・SIM・お勧め設定・評価レビュー

https://farm6.staticflickr.com/5751/23118388389_33754d5bb8_z.jpg

FREETELから発売された極(KIWAMI)を一週間ほど使ってみました。非常にいいです!

お勧めの設定と使用感をレビューします。

関連エントリー

FTJ152D-Kiwami-BK [FREETEL 極]

B016PZKQ2U

スポンサーリンク
スポンサーサイト

おすすめ設定

ジェスチャーアンロック

Screenshot_2015-12-03-14-04-08.png

ダブルタップで画面点灯や文字をロック画面で文字を書いてアプリ起動などができます。

指紋認証が背面なので、ダブルタップで画面点灯は地味に便利です。最初に行うことをお勧めします。

文字を書いて起動するアプリも自由に選ぶことができます。

Screenshot_2015-12-03-14-06-28.png

指紋認証

背面で指紋認証を行います。この設定でなかなかおもしろいと思ったのが、指紋ごとに開くアプリを設定できる点です。

まず、指を選んで、指紋登録を行います。

Screenshot_2015-11-20-18-56-34.png

通常はロック解除となっていますが、『クイックショートカット』をタップすることでアプリを設定することができます。

Screenshot_2015-12-03-14-08-49.png

中指にRSSリーダーのPressを割り当ててみました。そうすると、中指で指紋認証をした際に自動でPressをひらくことができます。

6インチなので、正直、人差し指以外でのロック解除は使いにくいのですが、認証とアプリを組み合わせるという発想はすごくいいと思いました。

電源オン・オフタイマー設定

Screenshot_2015-12-03-14-09-36.png

電源のオン・オフのタイマーを設定することができます。仕事中だけオフといった設定が可能なんですね。

使い勝手レビュー

RSSのチェック、ネット、Kindleで本や漫画を読むといったことを中心に一週間使ってみました。

使ってみての感想としては、非常にいい!です

背面指紋認証が便利

背面指紋認証がとても使い勝手がいいです。左手で持った時にそのまま登録している人差し指を当てると、ホーム画面をひらくことができます。

左手だけで画面をオンにしてロックを外すことができるというのは背面指紋認証ならではだと思います。

AscendMate7使用時も非常に使い勝手をよく感じていましたが、やっぱりすごくいいです。

さくさく

ベンチマークが45,000点と高いだけあって、さくさく動きます。

ゲームなどちょっと重いアプリをやると少し熱くなる感じはありますが、通常使いなら問題ありません。

購入した端末のベンチマークランキング!

6インチで高画質

大きいサイズではありますが、画質はWQHDと高画質で綺麗です。

WQHDって何?など 画面についてまとめてみました

6インチは大きいので見やすいですね。漫画も読みやすいですし、本も読みやすいです。

5.7インチのGalaxyNote5も一緒に使っていますが、6インチのほうが使い勝手がいいと感じます。

極、Nexus6、Zenfone2Laser、Huawei P8 maxなど6インチスマホスペック比較

これで4万円台は安い

これで4万円台で購入できるのでコスパは非常に高いです。先日発売された、Nexus6Pは7〜8万円します。

RAMは同じ3GBで、極(KIWAMI)はSDカード利用可能ですがNexus6Pはできません。画素数は同じ2K(Nexus6Pは有機EL)です。

今年のトップ3に入る端末です。

SDカード

https://farm1.staticflickr.com/571/23460250116_d0cc38b8b5_z.jpg

極(KIWAMI)はSDカードが使えます。SIMスロット2と兼用です。SIMスロット1にSIMを、スロット2にmicroSDカードを入れました。

僕が使っているのはTranscendのmicroSDカードです。

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB 

B00CES44EO

SIM

SIMの設定です。設定⇛もっと見る⇛モバイルネットワーク設定⇛データローミングをオンにして、『アクセスポイント名』から設定を行います。

日本のメーカーだけあって、たくさんのMVNOが最初から登録されていました。ただ、僕の利用している楽天がなかったので、右上の『+』から作成しました。

Screenshot_2015-11-29-19-26-47.png

※楽天モバイルアンバサダーとして楽天のSIMを利用させてもらっています。

お勧めMVNOは楽天とDMM

今回、極(KIWAMI)には楽天モバイルのmicroSIMを入れました。設定は下記になります。

2014年10月29日~2015年10月5日 にお申し込みの方の設定方法はこちら

APN名 vdm.jp

ユーザ名 rakuten@vdm

パスワード vrkt

認証方法 CHAPまたはPAP

楽天モバイル: APN情報

データSIM 通話SIM
SMSなし SMSあり
ベーシック 525円 645円 1,250円
3.1GBパック 900円 1,020円 1,600円
5GBパック 1,450円 1,570円 2,150円
10GBパック 2,260円 2,380円 2,960円

楽天モバイルの料金体系です。 

写真

写真は2100万画素という性能だけあって、綺麗にとれます。

IMG_20151203_094204.jpg

クリスマスですねー

IMG_20151203_093937.jpg

わけありみかんなのでちょっと見た目が汚いですが、写真は綺麗!

Zenfone2Laserとの比較はこちら⇛【実機比較レビュー】『極(KIWAMI)』と『ZenFone 2 Laser(ZE601KL)』

極(KIWAMI)

42,984
極(KIWAMI)
6.8

画質

7/10

    動き

    7/10

      電池

      6/10

        持ちやすさ

        6/10

          コスパ

          8/10

            ■良いところ

            • コスパが高い
            • 背面指紋認証が便利
            • さくさく動く
            • SDカード使用可

            ■イマイチなところ

            • カメラのデッパリ
            スポンサーリンク
            スポンサーサイト
            スポンサーサイト