6インチスマホ『SAMURAI 極(KIWAMI)』のスペック・外観・中身・ベンチマークレビュー

20151120_183945.jpg

2015年11月20日FREETELから発売した極(KIWAMI)を早速購入しました。ちょっとさわってみましたが、これはすごいです。コストパフォーマンスがものすごく高いですね。

日本らしさがあるのもとてもいいです。円安もあるのでこれは世界で戦える製品です!

FREETEL 極

B016PZKQ2U


スポンサーリンク
スポンサーサイト

スペック

製品
メーカー FREETEL
発売日 15年11月
OS Android5.1
CPU MediaTek Helio X10
2GHz×8コア
メモリ 3GB
ディスプレイ 2560×1440
大きさ 6インチ
画素密度 490ppi
ストレージ 32GB
カメラ 2100万画素
800万画素
バッテリー 3400mAh
重量 182g
82.6mm
159.5mm
厚さ 8.9mm
microSD 64GBまで
値段 42,984円

2Kディスプレーで、RAMが3GB、オクタコアのCPU、カメラも2100万画素と申し分のない性能で税抜4万円未満です。

これは恐るべし!

外観

20151120_185213.jpg

表には最初アンチグレアフィルムがはってあります。(それも気泡入ってる)せっかくの画質の良さがわからないので、すぐに外しました。

20151120_185255.jpg

裏側に指紋認証がついています。ゴムな質感ですね。若干ゴムな感じの匂いもしました。

20151120_185302.jpg

サイドに電源と音量があります。

20151120_185333.jpg

microSIMとnanoSIM(SDカード併用)です。

20151120_185229.jpg

上部にイヤホン

20151120_185222.jpg

充電とスピーカーは下部にあります。

中身

Screenshot_2015-11-20-18-49-52.pngScreenshot_2015-11-20-18-49-58.png

義という文字が超かっこいい!

ドッグ

Screenshot_2015-11-20-18-50-04.pngScreenshot_2015-11-20-18-50-10.png

Wunderlistをダウンロード後のスクリーンショットです。余計なアプリが少ない点はいいですね。

ベンチマーク

Antutuベンチマーク

Screenshot_2015-11-20-19-06-30.pngScreenshot_2015-11-20-19-19-36.png

4万点半ばです(44,145点、47,663点、46,105点)

値段を考えれば高いほうでしょう。少しさわってみましたが、ベンチマークに偽りなくさくさく動きます。

他の端末のベンチマークはこちらでまとめています⇛購入した端末のベンチマークランキング!

Geekbench3

Screenshot_2015-11-20-19-08-32.pngScreenshot_2015-11-20-19-07-10.png

シングルスコア912(2回目896)、マルチスコアが4536(2回目4789)です。

驚くべきはマルチスコアの数値!GalaxyNote5やiPhone6s並です。

値段は半額という点を考えればすごい!

参照;GalaxyNote5は過去最高端末!外観・ベンチマーク・使用感レビュー!

FREETEL 極

B016PZKQ2U

あとがき

さわっていてテンションが上がる端末でした。今年3本の指に入りそうです。(他の2つはハイスペックでGalaxyNote5、2万円台で買えたZenfone2(ZE550ML)です)

いやぁ、これはすごいですね。日本の企業ということで、応援もしたい。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト