初めてのふるさと納税をレビュー!【申し込み編】

screenshot3消費税が上がり、税金がとられてばかり…そんなサラリーマンでも、税金をうまく取り返せる方法があります。

それが、ふるさと納税です。

今回、自分の親のふるさとでもある、尾花沢市にふるさと納税をしてみました。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

 ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、すごく簡略化して言うと、地方に寄付すると、お礼にその土地の特産品がもらえます。

寄付したお金は、確定申告をすると税金が安くなるなどでバックされ、自己負担は2000円で済みます。

2万円寄付したら、1万円程度のお礼の品をもらえるけど自己負担は2000円ですむからおいしいね!という話です。

控除額を知る

税金の控除について|ふるさと納税の総合情報サイト|わが街ふるさと納税

Screenshot

ふるさと納税では、所得に応じて、控除できる金額が異なります。

自分が得する、税金の控除額について調べてみましょう。

上記の表でいうと、年収400万円で夫婦の場合は2万円までは、実質負担金が2000円で済みます。

20000円をふるさと納税により寄付したとしても、所得税の還付+住民税が安くなることで18000円分はリターンが得られます。

ふるさと納税のポータルサイトから選ぶ

ふるさと納税のランキングや特産品情報はふるさとチョイス | ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」 | 全国のふるさと納税 地域・特典・使い道 から選べる 「ふるさとチョイス」

ここのサイトではふるさと納税に関する情報がまとまっています。

自分の地元やゆかりのある土地のお礼品を調べて見るのもいいでしょうし、自分の食べたいものからふるさと納税をする場所を決めてもいいでしょう。

ちなみに、尾花沢はお肉や漬物、お米がお礼品としてもらえます。

5千円〜1万円未満、1万円〜3万円未満、3万円以上で商品が変わります。

尾花沢のご当地グルメの一つである、ぺちょら漬は、僕が小さいころおばあちゃんがつくって食べさせてくれました。

すっごく辛いんですが、病みつきになります。

Screenshot

リンク先から尾花沢市のサイトがでてきました。

市町村のサイトから申し込み

ふるさと尾花沢応援基金(ふるさと納税)ページへようこそ(リニューアルしました) – 尾花沢市

『申し込み方法について』

⇛『申し込みフォームはこちら』

⇛それぞれ必要事項を記入します。

Screenshot

Screenshot

Screenshot

Screenshot

青色の商品は、郵送希望日を決めることができます。

振込予定日から一ヶ月以降ということで、10月1日と入力してみました。

Screenshot

メールが届きます。その振込先の番号に銀行振込をします。SBI銀行は月3回まで振込無料なのでお勧めです。

銀行振込み以外、方法は選択できます。ゆうちょ銀行の貼りこみ取扱票での納付(振込手数料無料)Yahoo!-公金支払い、現金、現金書留などが選べます。

あとは、商品を届くのを楽しみに待ちましょう〜!

商品が届いたら、その中に寄付金の受領書が入っていると思うので、大切に保管しておきましょう。確定申告に必要です。

追記

先に寄付金受領証明書が送られてきました!市長の手紙と一緒に。

20140915_160445

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト