退職してそのままなら、確定申告でいくらか戻ってくる!

 A1180 011767

 

去年の中旬に妻が妊娠を機に退職しました。

その後、再就職していないので、払い過ぎた所得税を還付してもらうため、今日、確定申告をしに税務署に行きました。

3万円も戻ってきました!

 ツイッター(@dejidoku)、Facebookページコレイイ・家事楽フォロー大歓迎のむのんです。

 

スポンサーリンク
スポンサーサイト

天引きは多めにされている

毎月、給料からひかれる税金は、去年の所得を元にひかれています。中途退職の場合は、一年の所得が少ないため、本来の税金は低くなります。

通常、仕事をしていると、年末調整で調整してもらえますが、退職している場合は年末調整はありません。

その代わりに確定申告をするとお金が戻ってきます。

税務署に行こう

ネットからも確定申告はできますが、普段、確定申告をしていないとハードルが高く感じしまいますよね。

税務署に行って聞くのが一番早いです。僕も税務署を利用したことがありますが、親切、丁寧に教えてくれます。

持っていくもの

・源泉徴収票

・還付金を振り込んでもらう銀行かゆうちょの通帳(銀行の場合印鑑必要)

生命保険、健康保険料などの控除証明書があれば持って行きましょう。

時間

税務署の方が教えてくれながらやるので、10分弱でできたということです。

あっという間ですね!それで3万円も返ってくるわけです!やらない手はありませんね。

受付時期

通常、確定申告は2月16日〜3月15日ですが、還付される場合は1月上旬から受付をしてくれます。

確定申告シーズンになるとすごく混み合いますので、早目に行うほうがいいでしょうね。

還付金は、約1ヶ月後に入金されるということでした。

5年間有効

2年前、3年前に退職したけど、確定申告していなかった人も安心してください。

5年間は有効なので、必要な書類を持って税務署に行きましょう。

参照;No.1910 中途退職で年末調整を受けていないとき|所得税|国税庁

あとがき

税金ってすごく大事で、もっと学校でも教えればいいのになと思います。

本を読むまで知りませんでした。

妊娠を機に退職してそのままの方は、是非、確定申告行いましょう!

 

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

【こちらの本で学びました】

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト