花粉症に効く市販薬(OTC)を薬剤師が比較!

マツコの知らない世界で紹介されていた『絵本』とおすすめ絵本をまとめてみました

スポンサーリンク


2019年1月22日放送のマツコの知らない世界は『読み聞かせ絵本の世界』でした。

紹介された絵本と我が家の娘が好きな絵本をまとめてみました。

2019年1月22日放送のマツコの知らない世界は『読み聞かせ絵本の世界』でした。

マツコの知らない世界で紹介された絵本8冊

しろくまちゃんのホットケーキ

しろくまちゃんが、お母さんと一緒にホットケーキを作るお話です。0〜3歳向け。

Image from Gyazo

ホットケーキが焼けていく場面が子供に大人気です。うちの娘もこのページが大好きでした。

途中でエプロンの色が少しずつ変わっていきます。子どもは洋服を汚す自分と同じだと共感し、エプロンの変化に気づくと言います。

大人は字を読めるから文字を追うから楽しめない。子どもは声を聞き絵を読むから楽しめます。

ごぶごぶごぼごぼ

落ち着きがない子どもが静かになる絵本として紹介された『ごぶごぶ ごぼごぼ』

作者の駒形さんのお子さんがお腹にいた時に聞いた胎動音が表現されています。

うちの娘も赤ちゃんの頃、大好きで何度も読んでいました。3歳になってからも何回か読みました。

ページの一部が丸く、くり抜けれていてそこに指を入れて触るのも楽しいですね。

くだもの

果物の絵が書いてある絵本です。子どもが手にとって食べる仕草をする一冊です。うちにもあります。

ほんものの果物に見えるように4年かけて描かれています。フォークの角度や向きも計算されて書かれています。

これはのみのぴこ

ページをめくると前のページの文章に新しい登場人物が出てどんどん登場人物がつながっていくことを楽しむ絵本です。

子供が言葉を覚え合唱をするという絵本です。聞き心地を大切にして絵本を作っているため自然と子どもが覚えて反復してしまう絵本です。

おいしい おと

「ポホッモワーン ムッチムッチムッチ」

ご飯を表現した音です。

著者の幼い頃から目が不自由だった三宮さんが実際に自分で食べ物を食べて、耳に伝わる咀嚼音を文章にしています。

Amazonのレビューではこの本のおかげでレタスや、きゅうり、ワカメなどを食べられるようになったと書かれていますね。

オニのサラリーマン

地獄カンパニーに勤める主人公の赤鬼のサラリーマンとして働く日常を描いた絵本です。

関西弁なので柔らかく聞こえ子供の耳に馴染みやすいです。世界観はかなりリアルなようです。

パンツのはきかた

女優岸田今日子さんが作者の『パンツのはきかた』歌絵本です。

オムツからパンツへの移行期に読み聞かせるのに良さそうな絵本ですね。

あなたがとってもかわいい

紹介者の内田さんが小学校の卒業式前夜に読み聞かせた絵本です。

子を想う親の親の普遍的な愛を描いた絵本です。

少しだけ中身の紹介がありましたが、かなりジーンときました。赤ちゃんの頃も大きくなっても、親にとっては子どもはかわいい大切な宝物なんですよね。

大きくなると恥ずかしくて言えなくなりそうだったら、この絵本を通して伝えたいと思います。

我が家のおすすめの絵本

がちゃがちゃ どんどん

0〜1歳の頃によく読み聞かせていました。図書館で何回か借りて、娘ちゃんがとても気に入ったので購入しました。

『ごぶごぶごぼごぼ』と同じように擬音ばかりの絵本です。絵と擬音の表現がおもしろいです。

しましまぐるぐる

赤ちゃんの時から読んでいました。

とってもかわいいんですよね。

きんぎょがにげた

1歳の頃によく読んだのが『きんぎょがにげた』です。

どこにきんぎょがいるかを一緒に探します。子どもと一緒に「ここだよここだよ」と指差したりして楽しみます。

ぼうしとったら

仕掛け絵本となっています。帽子の部分が開けるようになっていて、開いたらそこに絵が書いています。

Image from Gyazo

こんな風に帽子をとったら「鳥の巣だったー」と言ったように楽しい絵本です。

おつきさまこんばんは

1歳前後ぐらいに読んでいた『おつきさまこんばんは』

夜空にお月さまと雲がでてきてお話ししている絵本です。妻が覚えて、寝かしつけで話していました。

はらぺこあおむし

2〜3歳頃によく読んでいた『はらぺこあおむし』です。歌もとっても好きで、覚えて歌っていました。

おでかけのまえに

2〜3歳によく読んでいた『おでかけのまえに』

とくに娘のいるパパとママだと共感する一冊です。

バムとケロ

2〜3歳でよく読んでいたのがバムとケロシリーズです。ケロちゃんがとてもとてもかわいいです。シリーズを全て買いましたが、

とくに『バムとケロのさむいあさ』と『バムとケロのおかいもの』を繰り返し読んでいました。

いいからいいから

おじいちゃんがかわいいんです

とても優しくてかわいいおじいちゃんと『僕』と毎回違う変な客人とのお話です。

おじいちゃんは何があっても「いいからいいから」と言います。ユーモアがあって大人が読んでも楽しいお話です。

5巻まで発売されています。娘ちゃんは「早く6巻こないかなーずっと待っているよ」って今も言っています。3〜4歳ぐらいの子が楽しめると思います。

おしりたんてい

おしりたんてい の絵本全冊持っています。

今話題のおしりたんていの絵本です。娘ちゃんが3歳のときのクリスマスにサンタさんが持ってきてくれました。

隠れているおしりを探したり、何回か読んだら発見することがあったり、楽しい絵本です。

4歳〜6歳ぐらいの子が楽しめると思います。