イヤイヤ期でも嫌がらず歯磨きする方法

2017 10 05 07 39 47

娘ちゃんは2歳9ヶ月になりイヤイヤ期真最中です。何をするにも「いや」「やだ」が飛び出ています。歯磨きも「いや」「やだ」で毎日、根気強く繰り返し挑戦してやっとやらせてもらうという感じだったんですが、『あること』をし始めてからイヤイヤがなくなり、すぐやらせてくれるようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

ごっこ遊びをする

その『あること』とは歯医者さんごっこです。2歳中頃も過ぎて『ごっこ遊び』をすることが増えてきました。買い物ごっこをしたり、お医者さんごっこをしたり。

買い物ごっこではスーパーに買い物行って、いろいろ買ってくれたり、お医者さんごっこでは診察や注射をしてくれます。

その延長で、ふと娘ちゃんに「歯医者さんごっこしよう」と声をかけたら「うん!!」ととても喜んで歯磨きを始めました。

患者さんは娘ちゃんで、歯医者さんと歯科助手をパパとママで行います。時には最初に娘ちゃんに先生をやってもらって、パパやママの歯をみがいてもらったりもします。「最初は娘ちゃんが先生役で、次はパパが先生役ね」と行った感じで順番でごっこ遊びを行います。娘に歯を磨いてもらうなんて貴重な体験、今しかできませんw

今のところ、毎日これで歯磨きをやるようになりました。

服を着せるのにも

お風呂上がりもなかなか服を着ようとしない娘ちゃん。夏の時期はあまり気にしてなかったんですが、寒くなってきたので風邪をひくのが心配です。

「服を着よう」といっても「やだ」といって全く服をきたがりません。そんな時は「変身しようか?」と言って変身ごっこと言いながら服を着せています。

音が出る魔法ステッキを持たせて音を鳴らしてもらいながら、服を着せていきます。これは時々失敗することはありますw

遊びながら

1歳ぐらいの頃は、嫌でも力づくでなんとかできていたんですが、2歳を過ぎてから力づくでやろうとするとめちゃくちゃ泣くようになりました。本人の精神衛生上よくないと思い、力づくでやるのはやめました。

イヤイヤ期に入ってからは、「服着よう」「歯を磨こう」とストレートに勝負してもなかなかうまくいかないことが増えてきました。変化球で「○○ごっこしよう」と言うような変化球で勝負することが赤ちゃんの頃より大事になってきましたね。

で、考えて見ると大人だってそうですよね。いやいや仕事するよりも、ゲーム感覚で楽しみを見つけてやる方が能動的に取り組めますよね。

欠かせないFire TV Stick

娘ちゃんがタブレットでYouTubeの動画を見るのにハマってしまったことがありました。タブレットを小さい頃からさわること自体には抵抗はないのですが、長時間見てると目に悪いと思い、YouTubeの動画をFire TV Stickを使ってテレビで映して見るようになりました。タブレットよりは距離が遠いのでまだ目には優しいかな。

Amazonのプライム会員なのでプライムビデオでトッキュウジャーなどの戦隊モノを見たり、しまじろうを見たりしています。YouTubeにプライムビデオ…我が家ではFire TV Stickは欠かせないものになっています。今のところChromecastよりFire TV Stickです。

あとがき

いやいや期ですが、めちゃかわいいです。生まれて3年弱「今が一番かわいい」がひたすら続いています。何歳まで続くんでしょうかね。

今の娘ちゃんとの時間、毎日大切にしていきたいです。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト