◆MacでMicroOfficeの代替◆「Polaris Office for Mac」をMicroOfficeと比較レビュー

NewImage

2017年3月13日にソースネクストより「Polaris Office for Macicon」が発売されました。早速、購入し使ってみました。

合わせて読みたい MacでEXCELを使う方法◆比較◆

Polaris Office for MaciconはMicrosoft Officeと高い互換性があるオフィスソフトです。Word/Excel/PowerPoint形式でファイルの作成や編集ができます。Windowsだと、高い互換性のオフィスソフトはあるのですが、Macではこれまでありませんでした。

Macで無料で使えるツールにLibreOfficeやOpenOfficeがありますが、無料のものの拡張子はOfficeとは同じではありません。

スクリーンショット 2017-03-14 14.34.58

Polaris Officeを開くとこんな画面が表示されます。ここからWordなどを作成できます。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

表計算ソフト「Sheet」

Microsoft Excelと同じxls、xlsx形式に対応します。フィルタと並べ替え、グラフ、チャートの挿入、ピポットテーブルなどExcelと同じようなことができます。ただ、マクロは対応していないようなので注意が必要です。

ExcelのデータをPolaris Office for Maciconで開いたところ、画面が大きく表示されました。

スクリーンショット 2017-03-14 16.02.11

左がMicroOffice、右がPolaris Office for Macicon

同じ遊ゴシックですが、Polaris Office for Maciconの方が丸文字っぽく感じます。

スクリーンショット 2017-03-14 14.40.25

計算やグラフ、関数も同じように使えます。

スクリーンショット 2017-03-14 14.36.37

ワープロソフト「Word」

対応形式は.doc/.docx形式に対応します。名前もMicroOfficeと同じく「Word」です。使い勝手もほぼWordと同じような感じです。

こちらも、Polaris Office for Maciconの方が、表示が大きいです。

スクリーンショット 2017-03-14 15.24.27

左がMicroOffice、右がPolaris Office for Macicon

Polaris Office for Maciconの大きさを75%にすると同じような感じになりますね。

スクリーンショット 2017-03-14 15.25.39

プレゼンテーションソフト「Slide」

ppt/.pptx/.ppsx(閲覧のみ)形式対応します。。主な機能としては、(主な機能)下記のようなものがあります。

  • スマートガイド…グリッド・ガイド搭載で、オブジェクトの位置合わせが簡単
  • オブジェクトの挿入…動画、音楽、画像、ハイパーリンクなどさまざまな素材を挿入できます
  • スライドテンプレート…背景、色、効果などを設定したオリジナルテンプレートを作成できます
  • 豊富なアニメーション…約30種類の切り替えアニメーション効果で、資料をリッチな印象にできます

画面を並べてみます。

スクリーンショット 2017-03-14 15.28.40

これは、自動的に同じような感じに表示されまし。

オンラインストレージサービス「Polaris Drive」との連携機能

無料オンラインストレージサービス「Polaris Drive」との連携機能も備えています。無料では容量1GBまで共有可能です。。またMac 1台での利用に加え、最大2台までのスマートフォン/タブレットからの利用も可能となっているようです。

タブレットや他のツールからの使用感は今度書いてみたいと思います。

使用感

MacBook Pro2015にて「Polaris Office for Macicon」の新規ワークシートを開いたところ、開くまで5秒ほどかかりました。Excelで、すでにデータがあるものを開いたところ6秒ほどかかりました。Wordも同様で、大体ファイルを開くのに5-6秒かかります。

一度開いたら、操作は重い感じはありません。軽くサクサク動きます。無料のOpenOfficeを使った時、重くて使いものになりませんでしたが「Polaris Office for Macicon」ではそんなことありません。

写真にのせた通り、Excelのフォントの見た目が変わるのだけがちょっと気になりました。他の人とExcelのやりとりをする人は気をつけた方がいいかもしれません。パワーポイントはあまり変わってない感じですが。ただ、MacのExcel自体、Windowsとやりとりするとフォントが変わりますからね。いずれにせよと言ったところでしょうか。

購入・ダウンロード方法

ソースネクストで購入可能です。2017年3月13日からダウンロード版は購入可能です。パッケージ版は、4月5日(水)に発売です。

3月31日までセールを行っています。

スクリーンショット_2017-03-14_14_31_01

まずはマイページに行き、「Polaris Office for Macicon」を開きます。

スクリーンショット 2017-03-14 16.05.55

ダウンロード&インストールを選択すると自動的に、ダウンロードされます。

スクリーンショット 2017-03-14 16.06.13

ファイルを開いて、インストールを行います。

スクリーンショット 2017-03-14 14.33.17

シリアル番号の確認から、プロダクトキーを確認し入力します。シリアル番号ではなく、プロダクトキーです。

スクリーンショット_2017-03-14_16_06_33

他のソースネクストのおすすめ

Evernoteは月末にプレミアム版が安くなる傾向にあります。

あとがき

ちょっと触ってみた感じだと、MicroOfficeを買っていなければ、これで十分だったなと思いました。1万円以上浮きますね。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト