MacBook Pro 15インチ・16インチ2015〜2019年の世代別スペック比較

MediaPad M5 lite 10.1とMediaPad M5 lite 8をiPad10.2と比較

スポンサーリンク

MediaPad M5 lite 10.1を購入しました。MediaPad M5 lite8.0とiPad10.2と比較してみます。

CPU・メモリ

製品 MediaPad M5 lite10.1 iPad(2019)
メーカー Huawei Apple Huawei
発売日 2019年 2019年 2019年
OS Android iOS Android
CPU Kirin 659 A10 Kirin710
Antutuスコア 10万点 約20万点 13万点
RAM(メモリ) 3GB/4GB 3GB 3GB
ストレージ 32GB/64GB 32GB・128GB 32GB
microSD ×

MediaPad M5 lite10.1と8.0だと若干MediaPad M5 lite8.0の方がいいんですね。MediaPad M5 lite10.1はメモリ3GB・ストレージ32GBとメモリ4GB・ストレージ64GBの組み合わせがあります。

iPadはmicroSDに対応していません。

ディスプレイ

製品 MediaPad M5 lite10.1 iPad(2019)
大きさ 10.1インチ 10.2インチ 8インチ
解像度 1920×1200 2160 x 1620 1920×1200
画素密度 224ppi 264ppi 283ppi

MediaPad M5 lite10.1は10.1インチでiPadは2019年から10.2インチに少し大きくなりました。(これまでは9.7インチ)

MediaPad M5 lite10.1の縦と横の画面比率(アスペクト)は16:10でiPadは4:3です。

YouTubeなどの動画のアスペクト比は16:9なのでMediaPad M5 lite10.1の方が見やすいですね。ただ、横にしておいた時に高さが低く感じます。メニューバーを設定で無くした方がいいですね。

MediaPad M5 lite10.1が一番画素密度が低いです。iPadの方が若干ですが綺麗ということですね。確かに使ってみると、iPadの方が綺麗に見えます。

左がMediaPad M5 lite10.1と右がiPad10.2

左がMediaPad M5 lite10.1と右がiPad10.2

YouTubeで動画を表示するとiPadだと上下に黒い帯が多く出ることがわかります。若干ですが、左がMediaPad M5 lite10.1の方が大きく表示されているのもわかります。

(iPadが黄色っぽいのは、iphoneのNight Shift使用のためです。)

大きさ・重さ

製品 MediaPad M5 lite10.1 iPad(2019)
162.2mm 174.1mm 122.2mm
234.4mm 250.6mm 204.2mm
厚さ 7.7mm 7.5mm 8.2mm
重量 480g 483g 310g

MediaPad M5 lite10.1とiPad10.2は0.1インチの差しかありませんが、大きさはMediaPad M5 lite10.1の方がとてもコンパクトです。

重さはほとんど変わりありません。

MediaPad M5 lite8.0は8インチだけあってコンパクトですね。

認証・ペンなど

製品 MediaPad M5 lite10.1 iPad(2019)
Wi-Fi ac対応
指紋認証 指紋認証 指紋認証 顔認証
専用のペン M-Pen lite Apple Pencil
(第1世代)
×
スピーカー 4つ 2つ 4つ
ポート USB Type-C Lightning microUSB

MediaPad M5 lite10.1とiPadの指紋認証の場所は異なります。MediaPad M5 lite10.1は横にしておいた時に中央に来るようになっています。iPadで慣れているとちょっと押しづらいですね。

MediaPad M5 lite10.1の一番の魅力はスピーカーが4つ付いていることです。横にしておいた時に左右2つずつ付いています。

iPadでは横にしておいた時に片側からしか音が出ません。個人的には結構、気になります。動画やゲームなどで音を出す機会が多い場合はiPad ProやMediaPad M5 lite10.1の方がいいと思います。

ポートはmicroUSBではなくUSB Type-Cです。上下を気にすることがないのでいいですね。

M-Pen liteは充電タイプではなく電池タイプです。充電は長く持つのでいいです。書き心地も悪くありません。ただ、iPadほどアプリが充実していない印象です。

使い勝手など感想

動画を見ることが多いならMediaPad M5 lite10.1がいいと思います。サイズ的にも横にしておいた時にスピーカーも左右に四つあるのでいいですね。横にしておいた時に右側に音量ボタンが来て押しやすいです。

動画に最適化されているタブレットという感じですね。

動画がメインでないなら、iPadやMediaPad M5 lite 8の方がいいように感じました。MediaPad M5 lite8.0はiPadOSのように操作することができます。横からスワイプして『戻る』や上から下にスワイプして『ホーム』などです。MediaPad M5 lite10.1はホームボタンでしか操作できません。ただ、8インチだと動画を見るのには小さいです。

アプリの充実や全体的な使い勝手はiPadOSの方がいいですね。

値段

値段はMediaPad M5 lite10.1のメモリ4GB・ストレージ64GB、M-Pen liteとカバーがついてだいたいiPad(2019)ストレージ32GBと同じぐらいの値段です。

MediaPad M5 lite8.0のレビューはこちらです。

【レビュー】安い8インチタブレットMediaPad M5 liteはコスパ高い!
MediaPad M5 lite(8インチ)を購入しました。2万円代前半で買える格安タブレットですが、なかなか便利に使えています! 外観正面背面上部 スピーカーとイヤホンジャック下部 スピーカーと...

iPad10.2のレビューはこちらです。

【レビュー】第7世代iPad(2019)を買って使ってみた!いいところ悪いところ・スペック比較
2019年に発売された第7世代iPad(2019)を購入しました。写真を交えて実機をレビューしてみます。iPad(2019)のいいところ画面は割と綺麗iPad(2019)はiPad Air(2019)やiPad ...