新型iPad mini5が発売!旧型やiPadとスペック比較!

【レビュー】安い8インチタブレットMediaPad M5 liteはコスパ高い!

スポンサーリンク

MediaPad M5 lite(8インチ)を購入しました。2万円代前半で買える格安タブレットですが、なかなか便利に使えています!

外観

正面

背面

カメラはMediaPad M5ほどでっぱっていません

上部 スピーカーとイヤホンジャック

下部 スピーカーとmicroUSBポート

左サイド microSDスロット

右サイド 音量ボタンと電源ボタン

付属品

使い勝手

数日使ってみましたが非常にいいです!

認証

認証は指紋認証がなくて、顔認証のみです。顔認証の反応は悪くありません。最先端のスマホほどではありませんが、眼鏡を外しても認証してくれました。

ただ、写真でも反応してロック解除してしまいます。もしセキュリティが気になる場合はパスコードのみにした方がいいです。

持ち上げてスリープ解除を行う設定にすることで、持ち上げてそのまま認証解除することができます。

残念なことにスリープ画面タップでは起動しないので、持ち上げるかサイドの電源オンを押す必要があります。

動画

ディスプレイの縦と横の比率が16:10なのでYouTubeなどの動画のサイズにぴったりです。iPad miniは4:3なので上下に余白ができますが、MediaPad M5 liteはそんなことがありません。

音も良く両側のスピーカーから音がするので聴きやすいです。

タブレットでYouTubeなどの動画をみたい人にはお勧め

電子書籍

漫画も少し上下に余白ができますが、1ページずつ読むには十分な大きさです。

両開きだとかなり小さくなります。両開きで読みたい場合はお勧めしません。

電子書籍も画面が大きくて読みやすいです。

電子書籍の漫画も読みやすい

ネット

ネットサーフィンも問題ありません。MediaPad M5 liteではデフォルトではスマホ表示ですが、設定からタブレットの表示に変えることもできます。

タブレット表示にするとChromeではタブがつき、YouTubeなども表示が少し変わります。8インチだとタブレット表示の方がいいですね。(設定→画面→テキストサイズと表示サイズ→表示サイズを一番小にする)

iPad mini(2019)ではこんな感じにパソコン表示になり字が小さくなってしまうサイトも問題なく表示することができます。

丈夫そう

程よく厚みがあり、裏側はプラスチックで簡単に壊れそうにはありません。。値段もタブレットとしては安い方なので、裸で気兼ねなく使えるのもいいと思いました。

MediaPad M5ほどではありませんが、カメラが少し大きいのでそこだけは注意が必要ですね。

スペック表

スペックはこのようになります。

製品 MediaPad M5 lite
メーカー Huawei
発売日 2019年
OS Android
CPU Kirin710
Antutuスコア 13万点
RAM(メモリ) 3GB
ストレージ 32GB
microSD
大きさ 8インチ
解像度 1920×1200
画素密度 283ppi
アウトカメラ 1300万画素
インカメラ 800万画素
122.2mm
204.2mm
厚さ 8.2mm
重量 310g
Wi-Fi ac対応
指紋認証 顔認証
専用のペン ×
ポート microUSB
Wi-Fi版 24,000円
LTE版 29,000円

まとめ

残念なところ

  • microUSB
  • カメラが少し大きい
  • ダブルタップでスリープ解除できない
  • アメリカのHuawei攻撃→OSアップデートの可能性が低い

僕が感じた残念なところはこの4つです。

特にアメリカによるHuaweiへの攻撃によりAndroid9からアップデートをされる可能性が低くなってしまいました。ただ、Androidは最新のOSでなくても問題なく使えるのでこのタブレットについてはそこまで影響はないと思います。

Googleからも、「既存の製品についてはGoogle Playを続ける見通し」といったコメントが発表されています。

オススメな人

  • 格安でコンパクトなタブレットが欲しい人
  • スマホで動画をよく見る人
  • タブレットを外でも使いたい人
  • 電子書籍・漫画を読みたい人

僕はMediaPad M5 lite(8インチ)を購入してからは毎日使っています。iPad Proの出番がすっかり減ってしまいました。そのくらいいい製品ではあります。

ガジェット
スポンサーリンク
シェアする
むのんをフォローする
らくたのぶろぐ