ZenFoneGo、ZenFoneMAX、GR5、BladeV580とZenFone2のスペック比較

2016年の上半期に発売されている格安スマホについてスペック比較してみたいと思います。

2015年を代表してZenFone2と、日本未発売とRedmiNote3 Proも比較表に混ぜています。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

スペック比較表

モデル ZenFone Go ZenFone Max  GR5  BLADE V580 RedmiNote3 Pro 32GB  ZenFone2
メーカー ASUS ASUS Huawei ZTE Xiaomi ASUS
製品 ZB551KL ZC550KL KII-L22 ZE551ML
発売日 2016年3月 2016年3月 2016年2月 2016年4月 2016年1月 2015年5月
OS Android 5.1 Android5.0.2 Android5.1 Android5.1 Android5.1 Android5
CPU 1.4GHz 1.2GHz 1.5GHz・1.2GHz 1.5GHz・1.3GHz 1.8GH 2.3GHz
クロック数 Snapdragon 400 Qualcomm410 Snapdragon616 MediaTek MT6753 Snapdragon 650 ATOMZ3580
コア数 4コア 4コア 8コア 8コア 6コア 4コア
RAM(メモリ) 2 GB 2 GB 2 GB 2GB 3GB 2GB/4GB
ディスプレイ 1280×720 1280×720 1920 × 1080 1920 × 1080 1920 × 1080 1920 × 1080
大きさ 5.5 インチ 5.5 インチ 5.5 インチ 5.5 インチ 5.5 インチ 5.5インチ
画素密度 267ppi 267ppi 403ppi 403ppi 403ppi 403ppi
ストレージ 16 GB 16 GB 16 GB 16 GB 32GB 32GB、64GB
アウトカメラ 800万画素 1300万画素 1300万画素 1300万画素 1600万画素 1300万画素
F値 F値2.2 F値2.2 F値2.0 F値2.2 F値2.0 F値2.0
インカメラ 500万画素 500万画素 500万画素 500万画素 500万画素 500万画素
バッテリー 3010 mAh 5000mAh 3000mAh 3,000mAh 4050mAh 3000mAh
重量 160 g 202g 158g 165g 164g 170g
76.9 mm 77.5mm 76.3mm 77.2mm 76mm 77.2mm
151 mm 156mm 151.3mm 155.3mm 150mm 152.5mm
厚さ 10.7 mm 10.55mm 8.15mm 8.6mm 8.7mm 10.9mm
外部メモリ 最大64GB 最大32GB 最大128GB 最大32GB 最大128GB 最大64GB
Wi-Fi ac対応 × × × × ×
指紋認証 × × 背面 背面 背面 ×
カラー ブルー・ブラック
ホワイト
ブラック・ホワイト シルバー・ゴールド・
グレイ
シルバー・グレー シルバー・ゴールド・
ピンク
ゴールド・ブラック
グレー・レッド
AnTuTuスコア 24172 約47000
シングルスコア 385 約900
マルチスコア 1291 約2900
16GBの値段 ¥21,380 ¥30,873 ¥30,504 ¥27,010
32GBの値段 ¥25,166 2GB・29,800円
4GB・35,500円
64GBの値段 4GB・45,880円

✳︎価格は2016年4月24日現在Amazon。RedmiNote3 ProだけGearbest

ZenFoneGo

20160422_074819.jpg

税抜で2万円を下回る価格で発売されたZenFoneGOです。非常に安いですが、最低限には使えます。ただ、もう少し出せば、だいぶ使い勝手が上がるので、この中ではお勧め度は低いです。

デザイン、発色は非常にいいですね。

【当ブログのレビュー記事】

Zenfone Goを実機レビュー!

ZenFoneGoでキッズモードなどいろいろ設定方法まとめ

ZenFoneMax

バッテリーもちを重視した一台です。スマホも似たり寄ったりになっているので、こういう特徴のある端末はいいですね。連続待受時間はなんと一ヶ月以上だそうです。通常使いでも一週間ぐらいは充電しなくても持つようです。

面白いのはこれをモバイルバッテリーとして、他のスマホやタブレットの充電ができる機能です。ただ、それだけ大きいバッテリーを積んでいるので、200gを超えます。重いのだけが難点ですね。

GR5

値段、デザイン、スペックどれも高いと評判ですね。個人的にはあまりいいイメージがないHuaweiですが、完成度の高い様なので実機を触るのが楽しみです。

BladeV580

ZTEが発売するBladeV580はGR5と値段やスペックが似ていますね。どう差別化できているのか、比較してみたいと思います。

RedmiNote3 Pro

XiaomiのRedmiNote3 Proです。日本未発売です。コスパは頭一つ抜け出ていますね。日本で発売したら5万円程度で発売されていてもおかしくありません。

GearBest.comから輸入します。

ZenFone2

2015年に発売され、SIMフリースマホの良さを教えてくれた端末でした。僕は間違って違うメモリのものを2台買ってしまうという失態をしてしまいましたw

1年経ってかなり値段も下がってきましたね。コスパはかなり高い方ではないでしょうか。

過去の比較レビュー記事はこちら

XperiaZUltraとZenfone2(ZE551ML・ZE550ML)を比較してみた 

Zenfone2とiPhone6、iPhone6Plusを比較してみた

AscendMate7とZenfone2のスペックと実機比較

あとがき

今のところ、ZenFoneMaxを除いてすべて実機レビューを実施する予定です。ゴールデンウィークはスマホをレビュー週間にしたいと思います。

それにしても5.5インチが多いですね。個人的には6インチぐらいがちょうどいいのですが。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト