2万円で買えるスマホZenfoneGoを実機レビュー!

20160422_074819.jpg

去年はZenFone2を買って、コスパの高さに驚かされました。

2万円で購入出来るZenFone Goを購入してみました。入門機としては悪くはないんですが…っていう感じです。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

簡単評価

ZenFoneGoの簡単評価です。詳細スペックについては下記でまとめています。

項目 ZenFoneGo
画質
さくさく度
バッテリー持ち
見た目
持ちやすさ
機能
コスパ

画質△

画質は決していい方ではありません。ただ、特に画質の良さを求めなければ、問題なく利用はできます。

Kindleを読んでも、目が疲れるといったことはあまり感じませんでした。

さくさく度△

あまり早い操作をしようとすると誤タップが起こります。Twitterなどで何度か、思いがけなくサイトを開いてしまいました。

値段相応といったところでしょうか。

バッテリー○

画質が低く、それほどスペックも高くない分、バッテリー持ちは高くなっています。使用法にもよりますが、ハードに使っても一日は余裕でもつ感じですね。

僕の使い方だと二日程度は充電しなくても持ちました。

見た目○

ブルーを購入しましたが、非常に発色が良くてかっこ良いです。形はZenFone2シリーズと背面が湾曲している形となっています。

20160422_074819.jpg

20160422_074835.jpg

上部に電源のオンオフボタンとイヤホンジャックが、下部にmicroUSBをつなぐところがスピーカーと音量ボタンは裏にあります。

傷つきやすいのか、僕は一日で背面に少し傷がついてしまいました。ケースはあったほうがいいと思います。

持ちやすさ◎

背面が湾曲されているため、手に馴染みます。ZenFone2に比べても持ちやすく感じます。実際10gほど軽いですね。

画面ダブルタップすると画面をつけることができるので、片手で画面起動も無理なく行えます。

機能○

いろいろな設定が可能ですね。起動時、画面にアルファベットを書くことで、アプリの起動だったり、簡単モード、キッズモードということもあります。

次回のエントリーでまとめてみたいと思います。

ZenFoneGoでキッズモードなどいろいろ設定方法まとめ

コスパ○

税込みでも2万円であることを考えるとコスパは低くありません。ただ、長く使うならもう少し出してミドルクラスのものを選んだ方がいいと思います。

SIMの設定方法

SIM

2016年4月22日 75018 JST.jpg

左下の爪の部分からカバーを取ります。

20160422_073942.jpg

2016年4月22日 75141 JST.jpg

microSIMとmicroSDが挿入できる場所があります。

楽天モバイルのSIMを挿入したところ、特に何も設定することなく使用することができました。

メジャーどころのMVNOなら、特に設定は不要で使用できますね。

楽天モバイルの料金体系

  データSIM 通話SIM
  SMSなし SMSあり
ベーシック 525円 645円 1,250円
3.1GBパック 900円 1,020円 1,600円
5GBパック 1,450円 1,570円 2,150円
10GBパック 2,260円 2,380円 2,960円

僕が使用している楽天モバイルの料金体系です。

MVNO会社の通信速度テストではFreetelについで2位でした。

SDカード

ZenFoneGoはSDカードが使えます。僕が使っているのはTranscendのmicroSDカードです。

スペック詳細

ZenFoneGoとZenFoneMax、GR5、BLADE580のスペック比較表です。

スペック比較表

モデル ZenFone Go ZenFone Max  GR5  BLADE V580
メーカー ASUS ASUS Huawei ZTE
製品 ZB551KL ZC550KL KII-L22
発売日 2016年3月 2016年3月 2016年2月 2016年4月
OS Android 5.1 Android5.0.2 Android5.1 Android5.1
CPU 1.4GHz 1.2GHz 1.5GHz・1.2GHz 1.5GHz・1.3GHz
クロック数 Snapdragon 400 Qualcomm410 Snapdragon616 MediaTek MT6753
コア数 4コア 4コア 8コア 8コア
RAM(メモリ) 2 GB 2 GB 2 GB 2GB
ディスプレイ 1280×720 1280×720 1920 × 1080 1920 × 1080
大きさ 5.5 インチ 5.5 インチ 5.5 インチ 5.5 インチ
画素密度 267ppi 267ppi 403ppi 403ppi
ストレージ 16 GB 16 GB 16 GB 16 GB
アウトカメラ 800万画素 1300万画素 1300万画素 1300万画素
F値 F値2.2 F値2.2 F値2.0 F値2.2
インカメラ 500万画素 500万画素 500万画素 500万画素
バッテリー 3010 mAh 5000mAh 3000mAh 3,000mAh
重量 160 g 202g 158g 165g
76.9 mm 77.5mm 76.3mm 77.2mm
151 mm 156mm 151.3mm 155.3mm
厚さ 10.7 mm 10.55mm 8.15mm 8.6mm
外部メモリ 最大64GB 最大32GB 最大128GB 最大32GB
Wi-Fi ac対応 × × × ×
指紋認証 × × 背面 背面
カラー ブルー・ブラック
ホワイト
ブラック・ホワイト シルバー・ゴールド・
グレイ
シルバー・グレー

ベンチマーク

Antutuベンチマーク

Screenshot_2016-04-21-06-19-07

24172でした。4年前のgalaxyS3と同程度のスペックです。

Geekbench3

Screenshot_2016-04-20-21-17-46

シングルスコアが385、マルチスコアが1291でした。

個人的にはAntutuベンチマークは3万点を越えるとそれなりに使えるという感じですね。

総評

ASUSの端末らしくダブルタップで起動、キッズモードなど色々な設定もできる点はいいですが、タップの反応や動きは気になりました。

さくさく心地よく使えるレベルではありません。

2〜3年持つことを考えるなら、もう1万円出して、ZenFone2の下位モデルなどの方がいいと感じました。

ZenFoneGo

ZenFoneGo
4.9

画質

3/10

    動き

    3/10

      電池

      5/10

        持ちやすさ

        8/10

          コスパ

          6/10

            ■良いところ

            • 安い
            • 持ちやすい
            • 青の発色がいい

            ■イマイチなところ

            • 動作がもっさり
            スポンサーリンク
            スポンサーサイト
            スポンサーサイト