パソコンでiPhoneでも切り替えて使えるBluetoothキーボードがすごい

20150426-134553-4

僕はスマホでもMacでも使える、Bluetoothキーボードを使っています。

LOGICOOL Bluetooth マルチデバイス キーボード ブラック k480

B00N9M308A

スポンサーリンク
スポンサーサイト

切り替えができる

3つのスマホやパソコンを登録することができます。それを切り替えスイッチで簡単に切り替えることができます。

20150601-212932-2

それぞれ番号ごとにスマホやパソコンを登録しておきます。

僕は、1.Android  2.iPhone 3.Macで登録しています。

できるだけ、このキーボードになれたくて、普段のパソコンもこのキーボードに切り替えて使うようにしました。

20150601-212909-1

外ではAndroidでWorkflowyを入力することもありますし、家ではMac miniと、iPhoneアプリのたすくまにメモを入力するときにつかう時もあります。

スタンドに安定感がある

スマホを立てながら使えるんですが、安定感があり、ちょっとした振動では倒れません。XPERIAZUltraを縦置きしても、大丈夫でした。

電車の中でもスマホを立てて、入力できるぐらいの安定感があります。もちろん過信は禁物ですが、この安定感はいいです。

スマホのスタンドになるので、机の上も片付きます。

キータッチがいい

タッチも打ちやすくていいです。幅は決して大きくないんですけど、軽すぎず重すぎず、打ちやすいです。

ただ、若干、幅が狭いですね。

重さがある

800gほどの重さがあり、携帯するには決して軽くありません。昔のiPadを思い出します。

僕は日によっては持ち歩いて、電車の中でブログの下書きをWorkFlowyに書くこともあります。

Amazonのレビューを見ると、おもりが入っているようで、外せば軽くなるようですね。

値段が安い

切り替えなども出来て、キーボードもよくて、値段が3000円ぐらいです。値段もそれほど高くないのもいいですね。

(2015/06/01現在だと4,500円と値上がりしていますが。)

高さは自分でつける

僕が以前使っていたキーボードは高さがついていたので、平面のキーボードには慣れず、後ろに本を置いて少し高さをつけています。

F入力を有効にする

パソコンでFキーを使うときは、Fnキーと同時押しをしなければいけません。そうしないと、音量調節などが働きます。

いちいちFnキーをおすのが、めんどくさいので、公式から設定変更ができるツールをダウンロードしました。

support.logicool.co.jp/product/multi-device-keyboard-k480

これで、今までの通りのキーボードと同じようにFキーが働くようになりました。キーボードを変えてみて、F10をよく使っていることを知りました。

あとがき

キーボードについては、自分にとって一番、楽なのか試行錯誤しています。

普通にパソコン打つだけなら、普通のキーボードでいいんですが、たすくまをより捗らせたいと、スタンドも兼ねるこのキーボードが使いやすいんですよね。

常に視線に入るし。

今日の5・7・5 キーボード 違和感結構 慣れるまで

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト