新型iPad mini5が発売!旧型やiPadとスペック比較!

【レビュー】「テレビ」が変わる!全録DIGAを2年使ってみた

スポンサーリンク

すべての写真-197

Panasonicの全録ができる DMR-BRX2020を購入して、2年がたちました。我が家では欠かせない家電となっています。

最新モデルは『【2019年更新】全録DIGAを比較・おすすめ・注意点をまとめ』にてまとめています。

全録DIGA 一番安いものにした理由

全録できるレコーダーは東芝とPanasonicから発売されています。調べてみるとPanasonicの方が東芝のレコーダーより安定していて、動きもいいようなので、Panasonicの機種に絞りました。

機種別比較表

下位 中位 上位
2018年 DMR-BRX2050 DMR-UBX4050 DMR-UBX7050
2019年 DMR-BRX2060
DMR-BCX2060
DMR-UBX4060
DMR-UCX4060
DMR-UBX8060
DMR-UCX8060
チューナー数 7 7 11
ストレージ 2TB 4TB 2018年:7TB
2019年:8TB
Ultra HD ブル-レイ再生対応 ×
音声検索・モーション操作 ×
HDMI 1 2 2
後面USB3.0 1 2 2

全録DIGAは機種は7チューナーと11チューナーのものが発売されています。初めて購入するので一番安い7チューナー・2TBの機種にしました。購入したのは2017年当時の最新モデルだったDMR-BRX2020です。

7チューナーだと最大6チャンネルを全録することが可能です。

Image from Gyazo

ただ、追加チャンネルのチューナーに割り当てたチャンネルの録画は、NetflixなどのネットサービスやDVDを見ると一時的に停止してしまいます。注意が必要です。

2TBと容量が少ないかと思いましたが、使ってみたら問題ありませんでした。全録を15倍録で、通常録画を8倍録で行なっています。

また容量が足りないと思ったら、SeeQVault対応の外付けHDDを使えば、録画した番組が別の機器でも見られます。DIGAが壊れて別の機種を使い始めてもそのまま録画した動画を引き継げます。

すべて録画できている安心感

民放をすべて録画できているのは思った以上に安心感があります。あとから、Twitterで「あの番組面白かった」的な内容を見て見返したりできます。

今まで妻は1週間分の番組表を1日ごと見て、面白そうなものを録画していましたが、そんなことも無くなりました。

テレビの時間に生活を合わせるのではなく、自分の生活にテレビを合わせることができます。

全録に慣れているとCMをスキップして飛ばすので録画していないテレビを見るときにCMを飛ばせないことに違和感を感じるようになります。

タブレットで番組が見ることができる

すべての写真-189

今やっている番組も録画した番組もタブレットで見ることができます。娘ちゃんがテレビを独占している時も、タブレットでパパとママが好きな番組を見ることができるのはいいですね。それも画質がとっても綺麗!

外でも見ることができる

さらに、持ち出し録画というのを利用し、端末に番組をダウンロードするとWi-Fiがないところでも録画した番組を見ることができます。

通勤中に番組を消化したいという方にはいいかもしれません。

8倍録でも綺麗

すべての写真-194すべての写真-193

*左がDIGA8倍録 右がHDD劣化なし

DIGAは最大15倍で録画することができます。15倍録とは、簡単にいうと映像の容量を15分の1に落として録画するということです。15倍録だと映像のアラは若干出ますが、そこまで気にしていません。

通常録画は8倍録で行なっています。8倍録でも映像は綺麗です。劣化なしとあまり変わりありません。

さくさく

レコーダー自体もリモコンでさくさく動きます。起動も一瞬、ホント早いです。以前、購入したのは10年前のHDDプレイヤーですが、起動も動きも遅くて、数年で使わなくなってしまっていました。それに比べると段違いです。

ボイス・モーションリモコンではありませんが、使っていて特に問題ありませんでした。

全録DIGAモデルの購入リンク

全録DIGAの2019年と2018年のモデルの購入リンクを紹介します。

2019年モデル

2018年モデル

今のところまだ2018年モデルの方が安いです。在庫がなくなり次第販売が終わります。

VIERAとの組み合わせがいい!

テレビもパナソニックのVIERAにするとテレビをつけると自動でDIGAの電源が入ったり、DIGAのリモコンを操作すると自動で入力切り替えが変わったり非常に便利です。

テレビもパナソニックで揃えるのがおすすめです。

Amazonのセールで4Kテレビ(VIERA)を購入【レビュー】

一緒に買った方がいいもの

ケーブルはアンテナケーブルが一つしかついてきません。HDMIケーブルは入ってないので必要な方は一緒に買った方がいいです。

ガジェット
スポンサーリンク
シェアする
むのんをフォローする
らくたのぶろぐ