auショップで契約する際に注意すべき点

先日、お義母様がスマホに変えたいということで、auのスマホを契約してきました。久しぶりのショップ行きましたが、勝手にオプションがついているプランを提案されて、「え?」という感じがしました。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

現状

これまでお義母さまはauのガラケーとNexus7にOSNモバイルのSIMを入れて使用という組み合わせで使っていました。ガラケーも年季が入ってきたということもあり、ガラケーをスマホに変えることにしました。

勝手につけられるオプション

auショップを訪問したところ、慣れた感じの男性が対応していただきました。あらかじめ電話予約でどの機種にするかお話ししていたので、機種は用意されていました。

で、早速、契約プランの提示がありました。すると、そこには当たり前のように、アップグレードプログラムEX、auスマートパスと故障紛失サポートがついていました。「え?」という感じで、すぐにオプション外してくださいと言いました。

今までガラケー使っていた人がスマートパス使うわけないと思うし、同じガラケーを10年以上使っている人がアップグレードプログラムも必要なわけありません。

そういうオプションって確認してからつけるべきだと思うんですよね。一つ一つは月400円弱で金額としては大きくないですが、合計すると毎月1200円ぐらい取られていくわけです。2年で考えたら3万円を知らない間に取られるわけです。まさに情弱ビジネスですよね。知識がない人からこっそりお金を取るような感じで嫌な印象を受けました。

シミュレーションで金額を決めてから訪問する

auやDOCOMOなどのキャリアに機種変更や乗り換えで訪問する際は、料金シミュレーションで具体的な契約内容を決めてから訪問することをお勧めします。

auスマホシミュレーション

どの機種でどのオプションをつけるかをあらかじめ決めておきましょう。

おすすめの設定

よほどデータを使う人でなければピタットプラン

スクリーンショット 2017 09 22 16 20 53

よっぽどデータ通信を使用するということがない限り、ピタットプランをお勧めします。僕は家にWi-Fiがありますが、普段使って2GBです。

1〜5GB未満だとピタットプランが、5GB以上だと20GBのフラットプランがお得です。

動画をよく見たり、ずっとネットをつなげているということがなければ5GB以上使うことはないと思います。最初、ピタットプランで契約して、後からデータ通信量が毎月多ければフラットプランに切り替えることもできます。まずはピタットプランでの契約をお勧めします。

アップグレードプログラムEXは不要

スクリーンショット 2017 09 22 16 21 39

アップグレードプログラムというのは毎月390円支払うことで、48回払いにして、2年間24回し払いを終えると残りの分の支払いをしなくても新しい機種へ変更できるというオプションです…と、話だけで聞くといいようですが、

② 機種変更後も「アップグレードプログラムEX/EX(a)」に再加入★4

③ 機種変更した際、旧機種を回収させていただくこと★5

という条件があり、旧機種は回収されてしまいます。さらにアップグレードプログラムへの再加入も必要で…要は一生、auを続けて2年ごとスマホを変えないと損をしてしまうシステムです。

通常なら、自分で売ればお金になる旧機種も回収され、アップグレードプログラムEXのシステム料金も取られ、2年経ったらスマホを変えないと損になり、、、というひどいオプションです。よくもまぁこんなシステムを考えたなぁと感慨深ささえあります。

何も言わないと勝手につけられるので、不要である旨を伝えましょう。

auスマートパスは不要

スクリーンショット 2017 09 22 16 50 59 

「auスマートパスとは、スマホライフを充実させるいろんな“ラッキー”をご提供するサービスです!」のようですが、抽象すぎて意味不明です。ようはauの小銭稼ぎのためのサービスです。不要です。

保証紛失サポートは△

保証紛失サポートについては、僕は不要だと思いますが、保証が欲しいという人は加入してもいいかもしれません。

電話基本パック

驚いたのが、いろいろいらないオプションがつけられてたのに、留守番などのサービスができる電話基本パックが外されていたこと。auスマートパスを勧めるならまずは電話基本パックをすすめましょうよ。ガラケーでは無料で使えていたものなんですが、スマホだと有料です。

auスマートバリューは可能なら…

スクリーンショット 2017 09 22 16 21 04

我が家は以前auだったので、その時の名残でauひかりを利用しています。auスマートバリューの適用が広がり自分たちの両親に対しても適応することができるようになりました。毎月500円ずつ引かれます。これは結構大きいです。

ビッグニュースキャンペーンがよりわかりにくする

スクリーンショット 2017 09 22 16 21 17

 ビッグニュースキャンペーンにより、最初の1年間は1000円引きです。で、その1000円引きの数字が基本的に表示されるんですよね。一瞬だけ、「来年以降はこの金額(1000円上がる)です」と話しがありましたが、ほんと一瞬でした。

こういうことやってる格安SIMもありますが、ほんと印象悪いです。見栄えを良くして情弱を騙して契約してもらおうという感じが嫌。softbankが得意そうなことですが、auがこういうことやっているのは残念ですね。と言っても、そうやった方が儲かるのでしょうがないのかもしれませんが。

Qua phone QXを電話カケホーダイで月々4000円

スクリーンショット 2017 09 22 16 14 08

お義母さまの契約プランは2017年発売のQua phone QXを初スマホ割適用の、カケホのピタットプラン、オプションは電話基本セットのみでだいたい4000円ぐらいでした。

カケホーダイありと考えれば思ったよりは安いですね。スマホも値段の割には思った以上にカメラの性能が良くて驚きました。

あとがき

キャリアが店舗と人を置いてサポートをしてもらえるので格安SIMに比べて高くなるのはわかります。(通信の品質も上ですし)ただ、情報弱者から不要なオプションを契約させてお金を取るというやり方で儲けを出すのはどうなのかなぁと思ってしまいます。

楽天モバイルなどの格安SIMの方が楽でいいなと思います、

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト