電話かけ放題で月額159円のプランに契約してみる②〜設定編〜

月額159円でスマホ運用しようと思い、おとくケータイ.netを使い妻のスマホをauからソフトバンクに乗り換えを行いました。

詳細はこちら→電話かけ放題で月額159円のプランに契約してみる①〜申し込み編〜

ソフトバンクから3週間ぐらいかかってガラケーが届きました。スマホにSIMを入れ替えて設定を行っていきましょう。今日、行うことは下記の3つです。

  • Sベーシックパック ・データ定額パックSの解除を行う
  • ガラケーからSIMを取り出す
  • ソフトバンクのSIMと0 SIMをMoto G4 Plusに入れる
  • 設定を行う

スマホは、SIMが二つ入れて待ち受けができる(いわゆるDSDS)Moto G4 Plusを使用します。Moto G4 Plusは2つのSIMだけでなく、さらにmicroSDも入れることができます。

Moto G4 Plusレビュー!SIMが2つ入りダブル待ち受けが可能!全体的にバランスがいい

スポンサーリンク
スポンサーサイト

Sベーシックパック ・データ定額パックSの解除を行う

ガラケーのりかえ割 月額料金(税込)
かけ放題プラン   1,479円
端末代金       0円
Sベーシックパック  324円(※解除可)
データ定額パックS   0円~ (※解除可)
月月割       -1320円
———————-
合計     484円~(※解除後159円)

今回のプランはこのようなものなので、まずSベーシックパックとデータ定額パックSを解除します。175に電話して、ガイダンスに従って行ったら問題なくできました。若干つながるまで時間がかかりましたが。

これで3年間、159円で電話かけ放題です!やすい!

データSIMは499MBまで0円の0SIMを使います。

ガラケーからSIMを抜く

ソフトバンクから送られたガラケーからSIMを取り出します。写真と一緒に説明していきます。

まずはガラケーの電池カバーを取り外します。カバーの中央部を指で押さえながら、溝に爪を引っ掛けて外します。

すべての写真-253

カバーが外れたら電池パックをとります。青いSIMスロットを爪で引っ掛けて取り出します。

すべての写真-252

すべての写真-250

 

SIMをMOTO G4 Plusに入れる

 

 

ソフトバンクのSIMとSo netから送られてきたSIMをMoto G4 Plusに入れます。Moto G4 Plusのカバーを外してアダプターを取り出します。ここにそれぞれのSIMをセットして入れます。microSIMの場合はアダプターを使わず直接入れてください。アダプターはnanoSIMの場合使用します。

すべての写真-251

 

SIMスロット1にソフトバンクのSIMを、SIMスロット2にデータ通信用の0 SIMを入れました。

ネットワーク設定を行う

SIMを入れたら設定を行います。設定を開き、「SIMカード」を選択します。

使用プロファイルは「基本」にし、優先SIMはこのように設定しました。

  • モバイルデータ SIM2:docomo
  • 通話 SIM1:SoftBank
  • SMSメッセージ:SoftBank

すべての写真-257すべての写真-259

「もっと見る」→「モバイルネットワーク」を選択し、SIMの設定を行います。

まず、NTT DOCOMOを選びます。「データローミング」を行うにして、アクセスポイント名を設定します。

すべての写真-256

0 SIMはSo-net LTEを選択します。

すべての写真-254

SoftBankは何も設定を行わなくても電話はできました。データローミングはくれぐれもオンにしないようにしてください。

Wi-Fiを外して、ネット通信ができるかどうか、電話ができるかどうか試してみます。ダメな場合は再起動を行ったり、各設定の確認をしてみてください。

これで、毎月維持費で電話かけ放題+データ通信500MB可能な159円スマホの出来上がりです。

あとがき

ガラケー自体が品薄になっているようなので、興味ある方は、早めにおとくケータイ.netに問い合わせしてみましょう!

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト