Moto G4 Plusレビュー!SIMが2つ入りダブル待ち受けが可能!全体的にバランスがいい

すべての写真-187

現在、日本で唯一2つのSIMに対応しているMoto G4 Plusを購入しました。スマホ維持費を159円にするために、0SIMとSoftBankのSIMを入れる予定です。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

30秒でわかるMoto G4 Plusポイント紹介

  • 5.5インチIPS液晶のフルHDで画面が綺麗
  • 2つのSIMを入れて両方で待受けができる→1つの電話で2つの番号が使える
  • 2つのSIM使用しながらmicroSDが使える世界でもレア
  • コンパス非搭載…Googleマップで向きがわからない

SIM

今回はSoftBankのSIMで電話を行い、0 SIM | So-net モバイルサービスで通信を行います。これで妻のスマホの維持費は、電話かけ放題+500MBの通信ができて、1月159で済みます!これは安い!

詳しくは別途まとめます。 電話かけ放題で月額159円のプランに契約してみる①〜申し込み編〜

SDカード

Screenshot_20160920-070811

20GB以上余裕がありますが、さらにSDカードも利用可能です。 僕が使っているのはTranscendのmicroSDカードです。64GBも2000円弱で購入できます。安いですね。

外観を写真で

すべての写真-167

表 メニューバーはオンディスプレイになります。電話のスピーカーが音楽のスピーカーと兼用です

すべての写真-181

指紋認証するところは浮き上がっています。これは指紋認証の為だけにあります。ホームボタン兼用ではありません。

すべての写真-177

裏 モトローラのロゴはなかなかかっこいいですね。カメラ部分は少し浮き上がっています。

すべての写真-173

右サイド 右サイドに電源と音量ボタン

すべての写真-172

左サイド 左サイドは何もありません

すべての写真-176

上部 上部にイヤホンジャック

すべての写真-171

下部 充電はmicroUSBです。溝から背面カバーを外すことができます

すべての写真-180

背面カバーを外すとSIMスロットが二つとmicroSDカードを入れるところがあります。バッテリーは外せません。ZenFone2よりカバーは簡単に外れますw SIMはmicroSIM対応ですが、nanoSIM→microSIMのアダプターが付いています。これはいいですね。

中身

Screenshot_20160919-213910

ドッグのスクショを撮るのを忘れましたが、本当余計なものが何もないのがいいです。

ベンチマーク

Antutuベンチマーク

Screenshot_20160924-213422

5万点程度です。Antutu5万点あれば普段使いには十分ですね。(Galaxy S7 edgeと表示なっていますが、Moto G4 Plusです)

Geekbench4

Screenshot_20160924-212113

Geekbench3に比べてスコアが低く出ますね。

カメラ

カメラも悪くありません。いわゆる格安スマホでもこのぐらいの画質の写真が撮れるようになったんですね。写真は後ほど使いかします。

窓からの光だけ↓

IMG_20160925_090257823

電気あり↓

IMG_20160925_090307334

使用感

画面はきれいです。IPS液晶でフルHDで十分な美しさですね。有機ELの端末よりはちょっと劣る感じはありますが、それでも綺麗です。十分です。思っていたより綺麗でした。 指紋認証はiphoneに比べるとワンテンポ遅い感じですが、十分実用範囲です。 基本的に設定は素のAndroidに近い感じがありますね。地味にいいのが、画面をひっくり返すと時間が表示されます。これ便利です!

すべての写真-182

メモリも3GBあります。十分ですね。 バッテリーの持ちは悪いです。長いことP9liteを使っていたからでしょうかね。どうもそれに比べると悪い感じがします。特にテザリングに弱い印象。

格安スマホの域を超えたHUAWEI P9 liteをレビュー!

重さは155gとそれなりにあるんですが、軽く感じました。質感がプラスチックだからでしょうかね。ちょっと驚きポイントでした。

各種アプリ

Twitterのタッチはいい感じです。反応が「ちょうどいい」感じです。 音については電話のスピーカーから音が出ます。フロントに一つです。音はちょっと物足りなく感じます。悪いと言うほどではないんですがね。ほんの少し響きが弱いかなと。フロントなので直接来るからでしょうかね。決して悪いわけではないので、感じ方は人によって違そうですが。 Kindleも全く問題ありません。液晶もきれいで見やすいです。

ダメなところ

CPUもカメラも十分使い物になります。ただ、唯一残念な点はコンパスが非搭載な点です。Googleマップを見たときに自分の向きが表示されません。 ポケモンGoはできるのですが、向きが常に同じ方向になってしまいます。少し違和感は感じますね。また、「GPSの信号を探しています」の表示が多いですね。

通信

docomo・au・SoftBankで対応しているところを○、対応していないのを×で表示しています。docomoはBand21以外対応しています。

4G LTE 1 3 8 11 18 19 21 26 28 41
MotoG4Plus
docomo ×
au × × × ×
SoftBank ×

プラチナエリアのBand19にも対応していてdocomoSIMと相性がいいですね。auSIMで電話はできません。

ZenFone3、P9liteとの比較スペック

ZenFone3 5.5インチ、P9liteと比較してみます。ZenFone3は9月28日に日本発売が発表されそうです。

製品 Moto G4 Plus ZenFone 3 5.5 HUAWEI P9 LITE
メーカー MOTOROLA ASUS HUAWEI
発売日 2016年 2016年 2016年
OS Android6.0.1 Android6.0 Android6.0
CPU Snapdragon 617 Snapdragon 625 Kirin 650
クロック数 1.5GHz 2.0GHz 2.0GHz+1.7GHz
コア数 8コア 8コア 8コア
RAM(メモリ) 3GB 3GB / 4GB 2GB
ディスプレイ 1920×1080 1920×1080 1920×1080
大きさ 5.5インチ 5.5インチ 5.2インチ
画素密度 403ppi 403ppi 424ppi
ストレージ 32GB 8GB / 32GB / 64GB 16GB
アウトカメラ 1600万画素 1600万画素 1300万画素
F値 F値2.0 F値2.0 F値2.0
インカメラ 500万画素 800万画素 800万画素
バッテリー 3000mAh 3000mAh 3000mAh
重量 155g 155g 147g
76.6mm 77.38mm 72.6mm
153mm 152.59mm 146.8mm
厚さ 9.8mm 7.69mm 7.5mm
外部メモリ 128GB 128 GB 128 GB
Wi-Fi ac対応 ×
指紋認証 前面 背面 背面
防水 × × ×
ポート microUSB Type C microUSB

 あとがき

ベンチマークも5万あれば通常使いでは全く問題ありませんね。今のハイエンドだと10万越えですが、オーバースペックです。もちろん、高くヌルヌルサクサク動くに越したことはありませんが、それでスマホ貧乏になるなら、このぐらいのスマホで十分です。

将来的にはこのぐらいのスペックで2万円程度で購入できるようになればだいぶ、スマホの家計の負担も減るのではないでしょうか。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

Moto G4 Plus

Moto G4 Plus
64

画質

7/10

    動き

    7/10

      電池

      5/10

        持ちやすさ

        7/10

          コスパ

          6/10

            ■良いところ

            • 国内初!デュアルSIM対応
            • さらにmicroSDが使える
            • カメラ・CPUも十分

            ■イマイチなところ

            • バッテリーもちが弱い
            スポンサーリンク
            スポンサーサイト
            スポンサーサイト