僕の『Scrapbox』の使い方を紹介します

スポンサーリンク

倉下忠憲さんの『Scrapbox情報整理術』を読みました。Scrapboxは何度かさわったことはあったのですが続きませんでした。

この本を読んで、自分なりのScrapboxの使い方が見つかったので紹介します。

情報の整理

スクリーンショット 2018-08-25 7.16.37

Scrapboxでは『Link』をつけるとその言葉がタイトルとなったカードが関連として自動で表示されます。そして『Link』をつけた側にも表示されます。

また、リンクした言葉でつながっているものも表示されます。A→B←C 例えば、Bという言葉で『Link』したら、Bの言葉を使っているCのカードも関連に表示されます。

これは他のツールではない機能です。

情報を整理するために、階層構造を作る必要はありません。関連性・関係性に沿って、情報を提示すれば事足りることが多い

ScrapboxにはEvernoteのような階層構造はありません。すべてが並列のカードとなっており、ページ同士がこの『Link』でつながっています。

 参考 Scrapbox入門03 「リンクとハッシュタグ」

埋もれていく情報

WorkFlowyやEvernoteなどにいろいろ書いていますが、埋もれてしまうことが多いです。Scrapboxはリンクをつなげることで、埋もれにくくなる性質があるのかなと思いました。

リンクしたものが表示されていく。カードが増えていくとこれまでにはない体験ができそうです。

僕のScrapboxの使い方

今のところ3つのプロジェクトが浮かんでいます。

  • サービス・ガジェット
  • 妻と共有
  • ブログ関連の整理

医療系の学習をしたものをどこにおけばいいかずっと悩んでいて、Scrapboxも使ってみましたが、ちょっと違うなと思いました。

サービス・ガジェット

サービスやガジェットの使った感想や、興味がわいたものを記録しておくプロジェクトです。

「昔、1ヶ月お試し期間で使ってみたけど、どうだったっけ?」と忘れてしまうことがあり、同じことを繰り返してしまうことがありました。最近だと、「これいい!」と思ったサービス名を忘れてしまい、ひたすら検索して見つけるのに時間がかかりました。

無駄な時間ですし、思い出せないってけっこうストレスになるんですよね。

『Link』をつけることで、関連したことをしたいと思った時に、過去の記録・行動・感じたことを見返すということができます。

たとえば毎年考える『本の自炊』。『自炊』というキーワードをたどれば、過去に調べたことや行なったったことが出てくる…便利そうです。

▷『むのんの利用サービス・ガジェット

今は公開にしています。公開することでなにか書くのに抵抗感を感じたら非公開にします。

妻と共有

妻と共有しようと思っているプロジェクトです。

今年の目標や、考えたこと、妻と共有しておきたい記事やTwitter、読書の記録を考えています。

2人同時に入力しても問題ないということなので、家族会議の議事録も入れて一緒に見ながら書いていこうと思います。『Link』によってどういう広がりを見せるか楽しみです。

ブログ関連保管庫

プラグインであったり、ブログ関連のことを記録しておく場所に使おうかと思います。どのプラグインがどのように動いているかなど、実際わけがわからなくなっているので…

ブログのエントリーについてはWorkFlowyで書いていますし、書いたあとはiThoutsXでマインドマップにして残しています。ここらへんの補助をするツールとして使っていこうと思います。

医療系は別に

医療系の勉強に使うツールを探していて、Scrapboxにもその役割を期待していました。

知識を得たときにその元となった臨床試験を『Link』すると自動でカードがつくられるのはいいと思ったのですが、記事の整形があまり綺麗にできない。PDFは扱えない、などがイマイチな感じでした。

いろいろ試行錯誤して見た結果、『esa』というツールを使うことにしてみました。

どこからリンクされているかも下部に表示されます。マークダウン対応で、見た目も綺麗に整形されています。

スクリーンショット 2018-08-25 6.50.38

コンセプトを見てみると『Scrapbox情報整理術』に書かれていたことと近い印象を受けます。

スクリーンショット 2018-08-25 6.53.04

スクリーンショット 2018-08-25 6.52.57

ライフハック
スポンサーリンク
シェアする
むのんをフォローする
らくたのぶろぐ