カメラ性能が抜群!『Huawei Mate9』をレビュー

すべての写真-201

10秒でわかるポイント2つ

  • 2016年No.1カメラ
  • コミックも十分読める

合わせて読みたい Huawei Mate9を安く購入する方法

スポンサーリンク
スポンサーサイト

外観

表 ナビゲーションバーはオンディスプレイです。フィルムは最初から貼ってあります。

すべての写真-190

裏 指紋認証とデュアルレンズカメラがあります。LEICAの文字も。カメラは少し出っ張っています

すべての写真-199

右サイド 音量と電源ボタンがあります

すべての写真-194

左サイド SIMスロットがあります

すべての写真-196

上部にはイヤホンジャック

すべての写真-195

下部にスピーカーとUSB Type-C

すべての写真-192

付属品

すべての写真-203

使用感

画面は綺麗です。5.9インチのフルHDなのでそれほど画素密度は高くありませんが、十分ですね。指紋認証の反応も良好です。

5.9インチだとコミックも十分読めます。個人的にはコミックを読むのは5.5インチだ厳しく感じますが、5.9インチあるとだいぶ無理ないですね。

持つときは片手だけでも使えなくはないですが、ずっと使うには若干厳しく感じます。左手で持って、右手で下部を支えて使うのがちょうどいいですね。

スピーカーについてはいたって普通ですね。下部だけでいいとは言い難いです。悪いという感じもありません。ヌルヌルサクサクで使っていて気持ちいい端末です。

カメラ

この端末の一番の魅力はカメラです。レンズが2個あり一眼レフのようにぼかすことも簡単にできます。簡単に最高の1枚が撮れるのが魅力ですね。今年買った中のカメラで一番です。

Mate9.2

Mate9.1

街の写真も自動でこれだけ綺麗に撮れます

Mate9.5

一風堂のラーメンをぱしゃっと。後ろがぼやけるだけでうまそうにw

Mate9.4

ケーキに焦点を合わせてみました。

SDカード

僕が使っているのはTranscendのmicroSDカードです。64GBも2000円弱で購入できるようになりました。

SIM

SIMの設定です。SIMを入れたら自動で設定画面が開きました。

自分で探す場合は、設定⇛モバイルデータ設定⇛右上の◎→モバイルネットワーク→『アクセスポイント名』から設定を行います。

楽天モバイルの料金体系

スクリーンショット 2016-12-18 10.39.13

楽天モバイルの料金体系です。 

僕は3.1GBパックのプランを利用しています。DMM mobileの1GBの方が安いですが、それだと少ないという方に向いていると思います。

ベンチマーク

Antutuベンチマーク

Mate9.7“”

Geekbench3

Mate9.8

スペック

製品 MATE9
メーカー Huawei
発売日 2016年
OS Android7.0
CPU Kirin 960
クロック数 2.4GHz+1.8GHz
コア数 8コア
RAM(メモリ) 4GB
ディスプレイ 1920×1080
大きさ 5.9インチ
画素密度 373ppi
ストレージ 64GB
アウトカメラ 20MPモノクロ+12MP RGB
インカメラ 800万画素
カメラ特徴 デュアルカメラ
バッテリー 4,000mAh
重量 190g
78.9mm
156.9mm
厚さ 7.9mm
外部メモリ
指紋認証 背面
ポート USB Type-C

通信

すべての写真-200

docomoのプラチナバンドにも対応しています。nanoSIMが2つ、microSDを入れるとSIMは1つしか入れられません。

DSDS(Dual Sim Dual Standby)対応です。SIMを二つ入れることが可能です。ただ、通話中には4Gのデータ通信は止まります。

あとがき

これだけ素晴らしい端末で6万円という値付けはHuaweiの日本市場への気合いの表れですね。海外だともう少し高いですからね。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト