【iPhone6】auのかけ放題・LTEフラットプラン・SIMフリーで料金の比較をしてみた

iPhone6、iPhone6Plusが発売されます。

今回は、SIMフリーも同時発売で選択肢が増えました。

どのように運用すると料金が安くなるのか比較をしてみました。

料金については、iPhone代を入れると、わけがわからなくなるので、それぞれ一括でiPhone6を購入した場合の通信料で比較しています。

Screenshot

Screenshot

SIMフリーとauのそれぞれ機種にかかる金額は上記のようになります。

iPhone6Plusの128GBはキャリアの方が安いですが、その分、毎月割が少なくなっています。

※9月21日追記

mineoユーザーサポート|お知らせ|詳細

現段階では、mineoはiPhone6に対応していないようです。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

あまり普段、LTEを使わない…2GB

家ではWi-Fiを使っていて、外で動画をみたりとそれほどLTEのデータ通信を使用しないタイプ。

僕も、このタイプに当てはまります。先日、書いたとおり2GBのauのプランにしました。

【iPhone6】僕がSIMフリーではなく、auの機種変更プランを選んだわけ | 家事楽

Screenshot

LTEのデータが毎月1GBでいいとなると、さらにSIMフリーでの金額は安くなります。

僕の場合は、毎月ぎりぎり1GBぐらいだったので、2GBあれば余裕です。auなら電話とデータ通信の上限にストレスを感じず、金額もそれほど買わないということで、

『スマートバリューあり+1万円のクーポンの機種変更で、2GBのかけ放題』を選択しました。

家の中ではフレッツひかりなどでWi-Fiを使っている人は、auひかりにすればスマートバリュー適用で月々の利用料が安くなります。

家族分が対象になるので、家族が多いほどお得です。今なら新規契約でキャッシュバックキャンペーンもやっています。お申込みはコチラ から

LTEを少し使う…3GBの場合

Screenshot

3GBのプランだと圧倒的にU-mobileの値段の安さが際立ちます。

他の2GBのプランよりも安いですね。U-mobileの3GBは。

パソコンがなくて、Wi-Fiが必要なく、それほどハードに使わない方にはこのぐらいのデータがちょうどいいのではないでしょうか。

LTEを結構使う

Screenshot

docomo、SoftBankはかけ放題のみに移行していますが、auだけが残している従来プランが非常に魅力的です。

iPhone6の発売のタイミングで行われる、auにかえる割 Plusを見ると、従来のプランの月額基本料が934円割引かれます。

毎月割もMNPだと600円ほど上乗せされるので、MNPだと毎月3300円程度ですむということ間違いありませかね。

電話代金も家族割で指定すれば無料になりますし、1時〜21時の間はau同士なら無料になります。

SIMフリーよりもだいぶ負担は減りますね。

(※料金については、手計算しているところは多少のずれが有るかもしれません)

MNPキャンペーン「auにかえる割 Plus」選べる基本料金プランで今ならauへのお乗換えがおトクに! | スマートフォン・携帯電話 | au

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト