温水洗浄便座利用なら『芯なし』200mトイレットペーパーが楽でおすすめ

すべての写真-378

2ヶ月前からトイレットペーパーを200m芯なしトイレットペーパーに変えました。いちいち芯を変える負担が減って楽になりました。

温水洗浄便座を使っている家庭におすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

他のトイレットペーパーと比較

すべての写真-377

これが200mの芯なしトイレットペーパーです。一見して普通のトイレットペーパーですが、長さが200mあります。

商品 1個の長さ 個数 1袋の長さ 1袋の金額 1mあたりの値段
エルヴェール トイレットティシュー シングル 芯なし 200m 6個 1200 ¥563 0.469
エリエール トイレットティシュー シングル 60m 12個 720 ¥409 0.568
エリエール トイレットティシュー ダブル 30m 12個 360 ¥470 1.306
ミッフィープリント トイレットロール 25m 12個 300 ¥321 1.070

我が家では、これまでミッフィー柄のダブル25mのトイレットペーパーを使っていました。

すべての写真-382

並べてみると密度が全然違いますね。200mと25mなので1個あたりで8倍も長さが違います。

それぞれ直径と重さを測ってみました。

すべての写真-381

  真ん中の直径 全体の直径 重さ
エルヴェール トイレットティシュー シングル 芯なし 3cm 11.6cm 372g
トイレットロール ダブル 4cm 11cm 101g

 重さからいかに詰まっているかがわかりますね。

これまで25mが1日1個ぐらいなくなっていました。今では1個で一週間近く持ちます。

何が楽になる

芯なしトイレットペーパーに変えて、ゴミ箱に芯を捨てる手間とトイレットペーパーをしまう手間が激減しました。

ゴミ箱に芯を捨てる手間がない

芯がないのでゴミ箱に芯を捨てる必要がありません。最後の方がちょっと硬目に作られているので、使うにはイマイチですがそのままトイレに流すことができます。

芯があると…

紙がなくなる→芯を取り外す→一時的に上に置く→新しいトイレットペーパーをつけて拭く→芯を外に持ってゴミ箱に捨てる という工程が発生します。全てはトイレの中では完結しません。(もしくはトイレの中のゴミが増えます)

芯がないと

紙がなくなる→新しいトイレットペーパーをつけて拭く 

ちょっとしたことですが、これまで1-2日に1回この作業が発生していたので、かなり楽に感じます。妻もこの負担が減ったことを喜んでいます。

トイレットペーパーをしまう回数が減る

我が家ではトイレットペーパーを買ったら全て開封して、トイレの上の方にしまっていました。2週間に一回ぐらいのペースで、12個を片付けていたのが、1ヶ月に1回6個をしまうだけですむようになりました。

これもちょっとしたことではありますが、作業回数が大幅に減って楽になりました。

使用感

この芯なしトイレットペーパーの紙質は柔らかいというわけではありません。ちょっと硬めです。これで汚れを全部取るとなるとなかなか辛いかもしれません。ただ、温水洗浄便座を使っているなら、水を拭き取るだけなので全く気にならない硬さです。

僕は一回、だいたい60cmの長さを切り取って使っています。これは、シングルでもダブルでも変わらないのが面白いですね。トイレットペーパーをどのぐらい取るかというのは手が一連の動作として覚えているものでした。

すべての写真-384

切れ目がない・ちょっと紙質は少し硬めですが、それ以上に200mで変える回数が大幅に減ります。

Amazonで定期お得便も利用可能です。在庫管理も楽になるのではないでしょうか。

あとがき

いやぁいい商品に出会えました。日常生活で使うものは負担が減るに越したことありませんもんね。そこまで値段はしないので、一度お試しで使ってみていいと思います。

ダメなら、元に戻せばいいわけですからね。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト