Mate20・Mate20 Pro・Mate20 Xのスペック比較

スポンサーリンク

Image from Gyazo

2018年10月17日にMate20・Mate20 Pro・Mate20Xが発表されました。それぞれのスペックを比較してどのような機種か見てみましょう。

スペック比較

製品 Mate20 Mate20 Pro Mate20X
メーカー Huawei
発売日 2018年
OS Android9.0
CPU Kirin980
RAM(メモリ) 4・6GB 6・8GB 6GB
ディスプレイ 2244 x 1080 3120 x 1440 2244 x 1080
大きさ 6.53インチ 6.39インチ 7.2インチ
画素密度 381ppi 538ppi 346ppi
画面 IPS 有機EL
ストレージ 128GB 128 / 256GB 128GB
アウトカメラ 1,200万画素(27mm/F値1.8)広角
2,000万画素(16mm/F値2.2)超広角
800万画素(52mm/F2.4値)望遠
4,000万画素(27mm/F値1.8)広角レンズ
2,000万画素(16mm/F値2.2)超広角レンズ
800万画素(80mm/F2.4値)望遠レンズ
インカメラ 2400万画素(F値2.0) 2400万画素(F値2.0)
3D深度センサー
2400万画素(F値2.0)
バッテリー 4000mAh 4200mAh 5000mAh
重量 188g 189g 232g
77.2mm 72.3mm 85.4mm
158.2mm 157.8mm 174.6mm
厚さ 8.3mm 8.6mm 8.15mm
外部メモリ NMカード NMカード NMカード
指紋認証 背面 ディスプレイ 背面
防水 × IP68 ×
ポート USB Type-C
ワイヤレス充電 × ×
イヤホンジャック ×
カラー ミッドナイトブルー
ブラック
トワイライト
ミッドナイトブルー
ブラック
エメラルドグリーン
トワイライト
ミッドナイトブルー
ファンタムシルバー

Mate20

画面が大きくノッチが小さい

Image from Gyazo

Mate20は画面が6.53インチとMate20 Proより大きいです。縦の長さはほとんど変わりありませんが、横に大きくなっています。

ノッチはMate20 Proに比べるとかなり小さくなっていますね。3D深度センサーがない分スペースを取らないようですね。

トリプルカメラ

Image from Gyazo

トリプルカメラで広角レンズ・超広角レンズ・望遠レンズの組み合わせです。超広角レンズによりP20 Proなどに比べて広範囲を撮影できるようになっています。

値段

Mate20の価格は、メモリ4GB・ストレージ128GBのモデルが799ユーロ(10.3万円)、メモリ6GB・ストレージ128GB ROMのモデルが849ユーロ(11万円)です。

購入方法

海外版の購入リンクを紹介します。ヨーロッパでは10月26日に発売になるようです。

Amazon(ドイツ);Mate20

 

Expansys:Mate20

Etoren:Mate20

 参考 【Mate20】SIMフリー購入方法まとめ

【Mate20】SIMフリー購入方法まとめ
Mate20のSIMフリーの購入方法を紹介します。今のところ、日本での発売は未定ですが、海外のサイトから購入することができます。

Mate20 Pro

Image from Gyazo

カメラは最高レベル

Image from Gyazo

4000万画素(F値1.8)の広角レンズに2000万がその超広角レンズと800万画素の望遠レンズのトリプルカメラです。P20 Proも素晴らしかったですが、それ以上と期待しています。

指紋認証はディスプレイ

指紋認証はディスプレイ上で行います。ディスプレイのどこでもできるわけではないようです。どんな感じになるのか使ってみたいです。

イヤホンジャックはない

イヤホンジャックはありません。イヤホンジャックが欲しい場合は、Mate20、Mate20Xとなりますね。

ワイヤレス充電

P20 Proでは対応してなかったワイヤレス充電にも対応しています。いちいち線を抜き差ししなくていいので楽で好きです。

また、Mate20 Pro自体をワイヤレス充電器がわりとして使えます。面白い機能ですよね。

値段

Mate20 Proの価格は、メモリ6GB・ストレージ128GBの価格は1,049ユーロ(約13.6万円)です。

購入方法

海外版の購入リンクを紹介します。ヨーロッパでは10月26日に発売になるようです。

Amazon(ドイツ);Mate20 Pro

Expansys;Mate20 Pro

Etoren;Mate20 Pro

 参考 【Mate20 Pro】SIMフリー購入方法まとめ

Mate20 X

7.2インチと巨大スマホのMate20 Xが発表されました。

ペン対応!

Mate20 XはM-Penに対応しています。専用のペンにより文字を書くことができます。Galaxy Noteのように内臓することはできないようですね。

ゲームコントローラーを装着

ゲームコントローラーを装着することで、ポータブルゲーム機のように操作することが可能です。

画素密度がそこまで高くない(それでも十分ですが)のはゲームによる遅延を減らすためでしょうね。また、バッテリーも多く積んでいるので、バッテリーはかなり持ちそうです。

カメラはトリプルでMate20 Proと同じ

こういった大きいスマホには珍しく、ハイエンドのMate20 Proと同じカメラを積んでいます。

値段

価格は、メモリ6GB・ストレージ128GBの構成で899ユーロ(11.6万円)です。

購入方法

Expansys;Mate20 X

Etoren;Mate20 X

こちらで端末別リンクをまとめています。

 参考 【Mate20 X】SIMフリー購入方法まとめ

【Mate20 X】SIMフリー購入方法まとめ
Mate20 XのSIMフリーの購入方法を紹介します。日本での発売は未定ですが、海外のサイトから購入することができます。M-ペンは別売りのようですね。

microSDカードは使えない

今回、MateシリーズはmicroSDカードには対応しません。Huaweiの独自規格のNMカード(ナノメモリーカード)を外部ストレージとして利用することができます。microSDカードよりも小さいです。

値段がかなり安いなどの特徴がないと普及しなさそうですが、どうなるでしょうかね。

日本発売は?

 

 

日本では「Mate20 Pro」は発売されそうです。11月末に発表があるそうです。P20 Proのようにdocomoなどからの発売となるでしょうか。

他の機種については現段階では不明です。

ガジェット
スポンサーリンク
シェアする
むのんをフォローする
らくたのぶろぐ