V20 PRO L-01J 白ロムレビュー!なかなかコスパ高くて良い機種

IMG_20170627_152616.jpg

docomoが発売しているV20 Proの白ロムを購入しました。中古で4万円台で購入できることを考えるとなかなかコスパが高いです。

ポイント

  • MNP1万5千円・中古白ロム4万円台。コスパ高い
  • 広角レンズ・クアッドDAC搭載

スポンサーリンク
スポンサーサイト

外観

IMG_20170627_152136.jpg

裏には指紋認証と2つカメラがあります。おサイフケータイにも対応しています。指紋認証が電源兼用です

IMG_20170627_152248.jpg

右サイドにはSIMスロットがあります

IMG_20170627_152212.jpg

nanoSIMとmicroSDが入ります

IMG_20170627_152400.jpg

左サイドには音量キーがあります

IMG_20170627_152231.jpg

上部

IMG_20170627_152221.jpg

下部にはイヤホンジャック・USB Type-C・スピーカーがあります。

IMG_20170627_152203.jpg

付属品にはイヤホン・アンテナケーブルが付いています

IMG_20170627_152451.jpg

中身

最初はdocomo LIVE UXです。

Screenshot_2017-06-15-17-11-40

僕はdocomoのホーム画面好きではないので、V20 Proのもとから入っていた他のランチャーアプリに変えました。

しゃべってコンシェルって人気あるんですかねー邪魔でしかないんですが。

Screenshot_2017-06-26-17-15-43

ホーム/アプリ一覧のグリットは5×5です。使わないアプリはドッグに入っており、スッキリして良い感じです。

Screenshot_2017-06-27-16-13-31

サブディスプレイ

IMG_20170627_152654.jpg

上部のサブディスプレイはこのように表示させることができます。アプリのショートカットや、音楽の操作や予定を表示することができます。

Screenshot_2017-06-27-15-28-09Screenshot_2017-06-27-15-27-30

スリープ時にもこのように、時間となんの通知が来ているか表示させることができます。(ただし電池の消耗は増える)

IMG_20170627_152906.jpg

正直、僕の使い方だとサブディスプレイが役に立つという実感はありませんでした。たすくまの今やっているタスクを表示できたらめちゃいいんですが、たすくまはそもそもAndroid版すらありませんしね。

Taskuma -- TaskChute for iPhone

3600円
(2016.12.7時点)
posted with ポチレバ

『たすくま「超」入門』

SDカード

microSDカードはこちらがおすすめです。超高速のU3クラスながら64GBが3000円未満です。

SIM

docomo系列のMVNOではSIMロック解除をしなくても使用可能です。モバイルネットワークから入力を行います。

スクリーンショット 2016-12-18 10.39.13

僕の使っている楽天モバイルの料金体系です。

P10比較

P10とスペックを比較してみます。両方ともAntutuベンチマークは14万ほどで同じぐらいです。

値段はV20 Proの方が今のところ安いです。

カメラの性能としては広角に撮りたい場合はV20、ボケを出したい場合はP10といったところでしょうか。

モデル V20 Pro P10
製品 V20 PRO L-01J  P10
メーカー LG Huawei
発売日 2017年 2017年
OS Android7.0 Android 7.0
CPU Snapdragon820 Kirin 960
RAM(メモリ) 4GB 4GB
ディスプレイ 2560×1440 1920×1080
大きさ 5.2インチ 5.1インチ
画素密度 565ppi 432ppi
ストレージ 32GB 64GB
アウトカメラ 1620万画素(F値1.8)
820万画素(F値2.4 広角)
2000万画素モノクロ
1200万画素 RGB
インカメラ 510万画素 800万画素
バッテリー 2900mAh 3200mAh
重量 146g 145g
72mm 69.3mm
149mm 145.3mm
厚さ 9mm 6.98mm
外部メモリ
Wi-Fi ac対応
指紋認証 背面 前面
ポート USB Type-C USB Type-C
おサイフケータイ ×

使用感

画面はGalaxyのスマホにはかないませんが、とても綺麗です。

指紋認証の反応も非常によく、認証ミスはほとんどありません。電源も兼用になっており、長押しで電源のオンオフが可能です。普段使う際は軽く当てるだけで、指紋認証解除できます。

また、スリープ画面をダブルタップすることで、起動することも可能です。机の上に置いて使用する際にわざわざ持ち上げる必要なくスリープが解除できます。

スピーカーについては下部に一つしかついていません。

クアッドDACを搭載していてオーディオ性能は良いと言われています。honor8と同じイヤホンで聞き比べてみると違いは感じますね。honor8の音が軽く感じます。

ただ、こだわりを持っているわけではないので、「ものすごく良い」といったような感動はありませんでした。イヤホンを良いものにするとまた違うんでしょうね。

バッテリーのもちは意外と良かったです。あまり期待していなかったんですが、僕の使い方だと1日で50%程度消費するという感じです。「バッテリー持ちが悪い」という情報もありましたが、個人的にはとても持つという印象です。

おサイフケータイはやはり便利ですね。全てのSIMロックフリー端末にも搭載してもらえたら嬉しいんですが。

重さも140g台で丸みを帯びているので持ちやすいです。ただデザインがチタンしかなく地味なんですよね。若い人や女性には人気なさそうな色です。

機種変更や新規契約では15,552円程度、中古だと4-5万円で白ロムとして購入できるので、コスパは高いスマホだと思います。

あとがき

今持っているhonor8が綺麗な状態だったら売ってV20 Proに変えようと思えるほど良い機種でした。honor8が傷だらけで売り物にならないので、もうしばらくhonor8を使おうと思います。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト