未来を感じる『Mi MIX』レビューと購入方法

MiMIX15

Mi MIXをTwitterのりんぽんさんから譲っていただきました。レビューしていきます。


スポンサーリンク
スポンサーサイト

外観

表はこれまでのスマホのデザインとは一線を画すベゼルレスな形となっています。フロントカメラは下部にあります。使用するときは画面を逆にして使えば、他のスマホと同じように使用できます。

MiMIX15

裏にはカメラが二つあるように見えますが、上がカメラ、下が指紋認証です。ツルツルしていて、質感はかなりいい感じです。ただ、指紋は目立ちますね。

すべての写真-158

右サイド 上に音量・下に電源ボタンがあります

MiMIX19

左サイド SIMスロットがあります

MiMIX18

上部 イヤホンジャック

MiMIX17

下部 スピーカーとUSB Type-Cがあります

MiMIX16

左からhonor8、Mate9、Mi MIX、iphone6Plusです。サイズはiphoneよりちょっと大きいぐらいですね。ほぼ変わりません。

MiMIX14

中身

MiMIX9

初めからGooglePlayが入っていました。

日本語表示が可能ですが、「設定」を見ると全て日本語でになるわけではありません。

使用感

まずは、デザインがお洒落!未来を感じます。将来的にはiphoneもこんな感じになるのではないでしょうか。画面は有機ELということもあり綺麗です。GalaxyNote7ほどではありませんが、IPS液晶に比べる色彩は鮮やかです。。

指紋認証はさくさくです。バッテリーは4400mAhもあるだけあって、非常に持ちがいいような印象です。

ネットを見るのもTwitterもさくさく動きます。画面が大きいですが、文字が小さくならないので、表示領域は広くありませんね。文字が大きくなっているだけっていう感じです。

動画はスマホの端末いっぱいに表示される感じです。このサイズでは非常に迫力のある映像が楽しめます。

MiMIX21

コミックは上下の余白が多く出ますね。5.9インチのMate9と比べてもほんの少しMIMIXの方が大きいという感じです。

MiMIX20

左がMi MIX、右がMate9

ツルツルしていて重さも200gを超えるので持ちやすいとは言い難いです。右手で支える感じで使う方が安定しますね。

特に僕の使用環境では気になりませんが、docomoのプラチナバンドには対応していません。

カメラ

写真は普通のスマホとしてみれば十分です。ただ、Mate9などと比べるとちょっと物足りない感じがありますが。

MiMIX5

MiMIX2

ベンチマーク

Antutuベンチマーク

MiMIX11

Geekbench3

MiMIX12

さすがSnapdragon821。非常に高い数値です。数値通りさくさく動きます。

購入方法

Expansys

Mi Mix 4GB/128GB

Mi Mix 6GB/256GB

GearBest

Mi Mix 4GB/128GB

Mi Mix 6GB/256GB

MiMIXとMate9のスペック比較

Mate9とスペックを比較してみます。カメラの頻度が多いならMate9、ディスプレイが大きい方がいいなら、Mi MIXの方がいいと思います。

製品 Mi MIX Mate9
メーカー Xiaomi Huawei
発売日 2016年 2016年
OS Android 6.0 Android7.0
CPU Snapdragon821 Kirin 960
クロック数 2.35GHz 2.4GHz+1.8GHz
コア数 4コア 8コア
RAM(メモリ) 4/6GB 4GB
ディスプレイ 2040×1080 1920×1080
大きさ 6.4インチ 5.9インチ
画素密度 361ppi 373ppi
ストレージ 128GB / 256GB 64GB
アウトカメラ 1600万画素 20MPモノクロ+12MP RGB
インカメラ 500万画素 800万画素
カメラ特徴 デュアルカメラ
バッテリー 4400mAh 4,000mAh
重量 209g 190g
81.9mm 78.9mm
158.8mm 156.9mm
厚さ 7.9mm 7.9mm
外部メモリ ×
指紋認証 背面 背面
ポート USB Type-C USB Type-C

あとがき

デザインも高級感があり、非常にいい端末ですね。かっこいいです。Xperia Z Ultraもこういう方向に進化すればよかったんですがね。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト