iPhone6でのauのアップグレードプログラムはめちゃくちゃ損!?

 

KDDIが昨日、アップグレードプログラムという機種変更をサポートするプランを発表しました。

これって得なのでしょうか?iPhoneで計算してみました。

ツイッター(@dejidoku)、Facebookページコレイイ・家事楽フォロー大歓迎のむのんです。

 

スポンサーリンク
スポンサーサイト

auのアップグレードプログラムとは?

当社指定の機種をご購入いただく際に、「アップグレードプログラム」(月額300円 (税抜)) にご加入いただき、かつ機種代金を割賦契約 (24ヵ月) いただくと、18ヵ月間ご利用後、新たな機種に変更した際に、それまでご利用いただいた端末の分割支払金残額を無料とする買い替えサポートプログラムです。

機種変更前の機種は、回収となります。

 

 

iPhone6 16GBで計算

ここでiPhone6 16GBをアップグレードプログラムに加入して、18ヶ月目で次に機種変更したを考えてみます。

Screenshot

こちらのマイナス分

プログラムに係る料金は毎月、300円の負担がありますので、18ヶ月×300円=5400円になります。

さらに、iPhone6の本体を回収されます。2年前の端末のiPhone5でも下取りにだせば1万円以上の値段はつきます。

オークションなどでは2〜3万で取引されているものもあります。

こちらのプラス分

機種代金 月々3015円×残り7ヶ月=約21000円分 …と思いましたが、iPhoneの場合は毎月割(-2410円)が適用になるので実質負担は600円。

月々 600円×7ヶ月=4200円…え、マジでこれぐらいしかプラスにならないんすか?そもそものプログラムにかかる負担分すら下回っていますよ。

情弱向け商法

今さらいうこともありませんが、au,SoftBank、docomoのキャリアは、料金設定をわけわからないものにして、情報弱者から高い料金をふんだくっていますが、これは最たるものですね。

毎月割を考えなくても、端末回収を考えると、消費者がマイナスだと思いましたが、毎月割を考えると全く得にはなりませんね。

何より、このわかりにくさを考えると、

消費者にとって良いプログラムというのは、わかりやすいものです。

auスマートバリューなら「auひかりとセットなら割り引きますよ」auWALLETの初期キャンペーンなら「じぶん銀行でチャージする5%プラスになります」といった具合に。

今後、毎月割がなくなる?

今後はSIMロックフリーでの発売が義務付けられるようなので、毎月割自体がなくなるのかもしれませんね。

無料特典・回収がないならいいんだけど

子供向けスマホのmiraieには無料特典

子供向けスマホのmiraieには無料特典としてついています。

無料特典としてついているなら、自由に選べるわけですからいいんですけどね。miraieの場合は、36ヵ月の割賦契約すると18ヵ月目以降の機種変更の代金を負担してくれるということで、約半額で購入できるともいえます。

というか、このぐらい無料特典としなければ、SIMフリーで月1000円で運用できるMVNOに取って代わられると思います。

あとがき

auWALLETとじぶん銀行のコンボでチャージ毎に5%つくというような、神プログラムを発動するauなので、もうちょっとおもしろいものかなと思ってましたが、中身は残念すぎるなというのが現時点での感想です。

iPhone6を購入したばかりで毎月割+auスマートバリューの割引を受けられるので来年まではauでいるつもりですが、この調子ならMVNOへの機種変更の方が家計にはやさしいかなと思っています。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

【関連】



スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト