ZenFone2、XperiaZ4、ZenFone5、XperiaZ3 のスペック比較

Untitled

15年4月20日、ASUSとSONYから新しいスマホの発表がありました。

スペックや詳細をまとめてみます。

関連エントリー

スポンサーリンク
スポンサーサイト

比較表

製品 ZenFone5 ZenFone2 XperiaZ3 XperiaZ4
発売日 14年11月 2015年5月18日 14年10月 2015年夏
OS Android4.4.2 Android5 Android4.4 Android5
CPU Snapdragon 400 1.2GHz Atom2.3GHz/1.8GHz 2.5GHz SnapDragon2.0/1.5GHz
4コア 4コア 4コア 8コア
メモリ 2GB 4GB/2GB 3GB 3GB
ディスプレイ 1,280×720 1920 × 1080 1080×1920 1080×1920
大きさ 5インチ 5.5インチ 5.2インチ 5.2インチ
画素密度 294ppi 403ppi 424ppi 424ppi
ストレージ 16GB 32GB、64GB 32GB 32GB
カメラ 800万画素 1300万画素 2070万画素 2070万画素
200万画素 500万画素 220万画素 500万画素
バッテリー 2110mAh 3000mAh, 急速充電機能 3100mAh 2930mAh
重量 145g 170g 152g 144g
72.8mm 77.2mm 72mm 72mm
148.2mm 152.5mm 146mm 146mm
厚さ 10.34mm 10.9mm 7.3mm 6.9mm
外部メモリ 64GBまで 64GBまで
microSIM デュアルSIM、NFC 防水 防水
値段 16GB 28,940円 32GB 49464円/38664円 32GB 43,000円 不明
値段 32GB 32,184円 64GB 54864円
AnTuTuスコア 18,267点 43,815点 37,169点

XperiaZ4

見た目はZ3とそれほど変わりません。液晶が良くなったわけでもありません。

CPUがSnapDragon810がつかわれて8コアということぐらいですね。

カメラ、フロントカメラの性能アップなど細かい点では向上していますが、それほど大きな変化はありませんね。

これが10万近くの値段がつくのならば、新中古のXperiaZ3 を買ったほうがいいように思います。

ZenFone2

2015年、SIMフリーの本命のZenFone2です。

台湾での値段よりも1万円近く上がっているので、コスパが少し下がって残念ではありますが、それでもなかなかのバランスだと思います。

ZenFone5に比べても大きく進化しています。XperiaZ4の進化のなさと比べると全く違いますね。これが勢いのある企業とない企業の差でしょうかね。

ASUS ZenFone 2 ZE551ML 4GB RAM +32GB ROM (5.5 inch/4G LTE/)[並行輸入品] (Gray グレー 灰)

B00UMU4ZFY

ZenFone2とXperiaZ3

4万円台のスマホとして良い比較ができますね。XperiaZ3 はdocomoの白ロムの金額を載せています。

機能はXperiaZ3

防水機能、おサイフケータイはZenFone2にはない機能なので、魅力的ですね。今のところ若干安いですしね。

SONY docomo Xperia Z3 SO-01G White

B00OWTIPAC

保証はZenFone2

ただ、XperiaZ3 は白ロムなので、新品でもないですし、保証への不安を考えるとZenFone2のほうが安心だと思います。

格安SIMの会社も、取り扱いそうですので、「SIMを自分でやるのが不安」という人はセットで購入することも可能です。

ロマンはZenFone2の4GB

ZenFone2はスマホでメモリ4GBを搭載した初めての機種ということでロマンがあります。

単純比較はできませんが、AntutuスコアでもXperiaZ3 より上を記録しています。

性能とロマンではZenFone2ではないでしょうか。

あとがき

僕はZenFone2の並行輸入品をAmazonで頼みました。届くのが楽しみです!

今日の5・7・5 世界初 ロマンがあるよ ZenFone2

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト