新型iPad mini5が発売!旧型やiPadとスペック比較!

Boox Nova Proのいいところと注意点

スポンサーリンク

Boox Nova Proはe-inkが使われている8インチのAndroidタブレットです。Amazonで発売しているKindleのように目に優しいですが、AndroidなのでKindle以外のアプリを使うことができます。

Boox Nova Proはこのような特徴があります。

  • e-inkで白黒表示
  • 目に優しい
  • ライト搭載
  • 動画を見るのには向かない
  • 動作はゆっくり

他のe-inkのタブレットは『【Android×電子ペーパー(e-ink)】BOOXとLikebookのタブレットまとめ 』で書いています。

iPad・Kindleとスペック比較表

BOOX Nova ProをiPad mini・Kindle Oasisとスペックを比較してみます。

端末 BOOX Nova Pro iPad mini5 Kindle Oasis
メーカー Onyx Apple Amazon
発売年 2019年 2019年 2019年
OS Android 6.0 iOS Kindleのみ
CPU 1.6GHz クアッドコア A12
RAM 2GB 3GB
ディスプレイサイズ 7.8インチ 7.9インチ 7インチ
画素密度 300ppi 326ppi 300ppi
ストレージ 32GB 64GB・256GB 8GB・32GB
重さ 275g 300.5g 188g
136mm 134.8mm 141 mm
196.3mm 203.2mm 159 mm
7.7mm 6.1mm 3.4-8.4 mm
画面 e-ink 液晶 e-ink
フロントライト 暖光と冷光 暖光と冷光
防水 × ×
ペン対応 ×
スピーカー × ×
イヤホンジャック × ×
インターフェイス USB Type-C Lightning microUSB
外部メモリ × × ×
値段 39,800円 49,000円〜 29,980円〜

サイズはiPad miniとほぼ同じ7.8インチです。Kindleよりも大きいです。Kindle OasisではアプリのKindleしか使用できませんが、Boox Nova ProはAndroidなのでGoogle Playからアプリをダウンロードすることができます。

PDFファイルやKindle、楽天KoboなどBoox Nova Pro1つでいろいろな電子書籍をこれ1台で読むことができます。

いいところ

e-inkは目にやさしい

最近、タブレットで漫画を読んだり本を読んだりすると目がかなり疲れるようになってきました。このタブレットはe-inkなので目にやさしく目の疲労が激減しました。

普通のタブレットでは電子書籍を長時間読んだ後は次の日に目に痛みが出ることがありましたが、BOOXを使用してからそういったこともなくなりました。

ライト搭載

e-inkはライトを搭載しています。暖光と冷光の2つを調節することができます。暖光はオレンジ色っぽい感じで明るくなり、冷光は白っぽく明るくなります。部屋が暗くても読むことができます。

新しいKindle Oasisにも搭載されている機能です。

ペン搭載

ペンを搭載しているのでノートでメモを取ることも可能です。ペンは充電不要で使えます。

ペンを多く使うなら8インチ弱のNovaよりも10インチのNoteシリーズか13インチのMaxシリーズの方がいいと思います。8インチ弱だと窮屈に感じます。ちょっとしたメモ程度ならいいかもしれませんが。

USB Type-C

地味にいいのはUSB Type-Cなので、充電の時に端子の上下を気にする必要がありません。

注意点

Google Playストアを有効化する必要がある

Google Playを有効化しないと使うことができません。下記のサイトが参考になります。

 参考 初期設定 – SKT株式会社

 参考 【山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ】Onyx International「BOOX Nova」 ~Google Playストアを利用可能、E Ink搭載の7.8型Android端末 – PC Watch

GSF IDの自動入力がうまくできない時はいったん再起動をするとうまくいくことがあります。

動画を見るのには向かない

e-inkなので画像の切り替えが弱いです。動画を見るのには向きません。

動作は遅い

一つ一つの動作は普通のスマホ・タブレットに比べるととても遅いです。なんでもできるタブレットが欲しければ、普通のタブレットの方がいいです。

横表示するにはアプリが必要

普通のスマホ・タブレットのように横向きにしても横に表示されません。

Google Playから「Rotation Control」をインストールしましょう。もし、インストールしてできない場合は、ファームウェアのアップデートを行う必要があるかもしれません。

僕は最初、「Rotation Control」を使っても横向きにはできませんでしたが、アップデートしたらできるようになりました。

Wi-Fiはたまに途切れる

起動した時にWi-Fiが切れていることがあります。少し時間が経つとWi-Fiがつながります。一度つながればしばらくつながりっぱなしです。

Kindleアプリは『強制A2モード』にする

レビューを見るとKindleアプリの動きが悪いと書かれています。何も設定しないで漫画を読むと確かに読みにくいですね。

Kindleのアプリを長押しすると『最適化』と表示され、ここから設定を変更することができます。『強制A2モード』をオンにすると、漫画の表示も安定しました。

ガジェット
スポンサーリンク
シェアする
むのんをフォローする
らくたのぶろぐ