5000円で心拍数も計れるMiband2はやはりコスパ高い【レビュー】

すべての写真-1641

中国のXiaomiからMiBand2を輸入しました。5000円弱で購入できるウェアラブルとしてはいい感じにまとまっています。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

比較

これまで発売されたMiBandとの違いを比較してみます。Miband2の特徴はモニターがある点ですね。

モニターがあってさらにバッテリーが持ちます。

MiBand2 Mi Band 1S  Mi Band
モニター × ×
心拍数 ×
歩数など
防水
電話などバイブ通知
充電時間 3時間
重さ 17g 14g 14g
バッテリー 20日 10日 30日

外観

Mitfitと一緒に並べて撮ってみました。

すべての写真-1642

すべての写真-1643

コアの部分を外すことが可能です。バンドがよれたりしたら交換することができていいですね。装着感も悪くありません。

すべての写真-1645

充電は専用の充電器でUSBをつけて行います。

すべての写真-1646

アカウント作成

まずはアカウントを作成します。

Mi Account – Sign up

アカウントはメールアドレスだけで登録可能です。パソコンから行うようにしましょう。

パソコンからしないと結構めんどくさいようです。パソコンからしたら10分もかからず終わりました。

iphoneでmifitをダウンロード

スマホにmifitをダウンロードします。登録したアカウントでログインして、自分の身長や体重を入力していきます。

すべての写真-1594すべての写真-1598すべての写真-1599

使用感

データについて

計れるデータは歩数と睡眠状況です。

睡眠状況は深度も測ることが可能です。運動状況もWalkと書かれているので、強度も計測してくれるのだと思います。

すべての写真-1639すべての写真-1631

心拍数も測ることが可能ですが、自動で測定され続けるわけではありません。

質感は良好

バンドの肌触りは良いです。ただし、MisfitRayとの使用感を比べてみると、バンドが厚い分、夏場はちょっとムレる感じがあります。

液晶表示があるので、バンドが厚くなるのはしょうがないですが。

液晶で見れるデータ

液晶で見れるデータは、スマホから設定することが可能です。

すべての写真-1636

黒いマルをタップすることでデータが表示されます。常に表示されているわけではありません。

設定を変更することで、腕を傾けて液晶を見ようとすると自動で時間が表示されます。これは便利です。

すべての写真-1637

機能

アラーム機能があります。時間になったらバイブさせることが可能です。

すべての写真-1635

1時間動いていないと動くように通知することもできます。

すべての写真-1632

アプリや電話があったらバイブさせることができます。ただ、LINEはありませんね。

すべての写真-1634すべての写真-1633

バッテリー持ちがすごい

すべての写真-1638

3日使いましたが、バッテリーは100%と全く減っていません。公式では一回の充電で20日持つと言われています。以前、2−3日に1回の充電のウェアラブルを使用したときに、非常に手間に感じましたので、この点はいいですね。

電池を購入する必要もなくだいたい3週間に1回程度充電するだけなので負担は少ないですね。

GearBestから輸入はこちらから

あとがき

相変わらずXiaomiはコスパいいですね。他の会社だったら1万以上はしてもおかしくありません。今度、Xiaomiからsurface風のものが発売されるのですごく楽しみです!

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト