有機ELが美しい!2-in-1タブレットGalaxyTab pro Sをレビュー

すべての写真-1629

TwitterでりんぽんさんからGalaxy TabPro Sを譲っていただきました。人生初の2-in-1です。いやぁSamsungいい仕事としています

 

スポンサーリンク
スポンサーサイト

外観

すべての写真-1615

付属品はキーボードとクイックチャージの充電器と説明書です。

上部

すべての写真-1612

電源ボタンと音量ボタンがあります。

右サイド

すべての写真-1610

USBtypeC、イヤホンジャックがあります

左サイド

すべての写真-1611

電源ボタンとスピーカー

下部

すべての写真-1621

キーボードと取り付けが可能です。取り付けると自動的にパソコンモードに切り替わります。

すべての写真-1613

キーボードは英語です。

キーボードカバーの裏表

すべての写真-1606

SAMSUNGの文字が。

すべての写真-1607

すべての写真-1609

開くとこんな感じで、このままキーボードにくっつけて起動っていう使い方が多いですね。

重さ

タブレットの重さは公式では693gとなっています。

すべての写真-1624

キーボードは400gほど、

すべての写真-1625

キーボードとタブレットを合わせて1.1kgです。

Matebookとスペック比較

7月15日に発売するHuaweiのMatebookの一番安価なモデル(69800円税抜)との比較です。Matebookはキーボード別に購入す流必要があるので、トータルで考えると同じぐらいの値段になります。

製品 Galaxy TabPro S
icon
Matebook
タイプ 2-in-1 2-in-1
OS Windows 10 Windows 10
CPU 第6世代Core m3-6Y3 第6世代Core m3
クロック周波数 2.2GHz 2.2GHz
コア数 2コア 2コア
メモリ 4GB 4GB
リアカメラ 500万画素
フロントカメラ 500万画素 500万画素
サイズ 12インチ 12インチ
ディスプレイ 有機EL IPS
解像度 2160×1440 2160×1440
画素密度 216ppi 216ppi
ストレージ 128GB SSD 128GB SSD
動画再生 10.5時間 9時間
高さ 6.3mm 6.9mm
290.3mm 278.8mm
奥行き 198.8mm 194.1mm
重量 693g 640g
タッチパネル
ac
国内販売モデル ×
キーボード 付属あり 14800円
インターフェイス USBtypeC USBtypeC
3.5mmヘッドホンジャック 3.5mmヘッドホンジャック

有機ELが綺麗

すべての写真-1629

Samsungの製品の魅力はなんといっても有機ELですね。液晶よりも圧倒的に美しいです。画面を見ているだけで惚れ惚れします。

2016年上半期1位にGalaxytabS2を選びましたが、その一番の魅力が有機ELでした。スマホ業界では有機ELが徐々に増えていきますが、Windowsではほとんどありません。現在購入できるのはこの端末ぐらいではないでしょうか。

実際見てみないとその魅力はわかりませんが、本当に美しいです。

ストレージ

すべての写真-1563

初期で84.5GB空いています

 

組み立て方

すべての写真-1610

最初、立たせ方がわからなくて戸惑いました。キーボードカバーとタブレットをくっつけます。タブレットの背面とカバーを磁石でくっつきます。

すべての写真-1619

角度を変えたい場合は、カバーを折りたたんで立たせることもできます。角度調整は2段階調節が可能です。

USBtypeC

外部端子がUSB-typeCしかありません。MacBookやMatebookと同じですね。充電をしたり、アダプタを使ってUSBメモリを差したりします。

ここらへんが慣れないのもあってどうかなぁという感じはします。USBメモリをさすのもいちいちアダプタが必要になるので手間を感じます。

電車で使う△

電車の中で膝に乗せての使用はできなくはありませんが、ちょっと怖いですね。簡単にはキーボードから外れたりはしませんが、揺れが強いと不安を感じます。角度も2段階しか調整できないのもイマイチです。

映り込みはそれほど多くはありません。基本的に2-in-1は電車ではむかなさそうですね。

電車の中で膝の上で使うことを考えるとChromebookFlipの方、角度の調節ができる、軽いと言う点で上です。

使用感 ◎

すべての写真-1627

数日使用してみて、やはりさくさく具合はこれまで買ってきたCPUがAtomのパソコンとは違いますね。それなりに値段もするので当然と言えば当然なんですが。

キーボードこみでの値段を考えるとMatebookと同じぐらいです。surfacePro4よりは若干安いぐらいです。(ただ、surfaceProはOffice365が付いています)ここら辺をどう評価するかといったところですね。

この端末の魅力はなんといっても有機ELによるディスプレーの美しさですね。本当に綺麗です。この美しさがぐっと満足度を高めてくれます。有機ELと言う部分だけでも、Matebookでも、surfaceでもなくGalaxy TabPro Siconを使う価値はあるかなと思います。

あとはGalaxyのスマホを使っている人は連携ができるようなので、そういう人にもおすすめですね。

あとがき

corem3 SSD128GB、メモリ4GBのパソコンを探してたらYOGA700というのが比較的安いですね。分離はできませんが、360度回転式ということでなかなか面白いですね。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト