SIMフリーGalaxy S7 edgeの外観と実機レビュー!

すべての写真-1175

Galaxy S7 edgeをExpansysiconで購入しました。

見た目も中身もハイエンドモデルにふさわしい端末となっています。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

auとグローバル版の比較

auとDOCOMOから5月19日に発売されます。5月12日〜18日までの期間に予約すると全員にGearVRがプレゼントされます。15000円程度のプレゼントなので、欲しい方は予約しましょう。

DOCOMOではdポイント7000ポイントに変更することも可能です。

au DOCOMO(新規・機種変更) DOCOMO(MNP) Expansys
一括 ¥98,280 ¥93,960 約82000円
毎月サポート ×24回 ¥2,070 ¥1,215 ¥1,890
実質 ¥48,600 ¥64,800 ¥48,600
おサイフケータイ ×
プリインストール 多い 少ない
黒・白・ピンク 黒・シルバー・ゴールド

* Expansysでは関税こみの値段です。

毎月サポートはありますが、これに別途、通信料がかかることを考えるとキャリアは高いですね。

外観

すべての写真-1186

iphone6Plusと並べてみました。同じ5.5インチディスプレイながら、一回り小さいです。片手でも持ちやすいです。

すべての写真-1185

右サイド

すべての写真-1179

電源があります。エッジ部分が美しい。

左サイド

すべての写真-1180

音量ボタンがあります。エッジ部分が美しい。

上部

すべての写真-1183

上部にmicroSDカードのnanoSIMを入れるところがあります。

下部

すべての写真-1178

指紋認証・スピーカー・microUSB・イヤホンジャックがあります。

外観はこれまで買ったスマホの中で一番ですね。エッジ部分の美しさと、ゴールドの質感、そして、常に有機ELの画面上に表示されている時計…見るたびに買ってよかったと思わせてくれます。

言語は日本語

輸入したものですが、言語は日本語の設定が可能です。入力はGoogle日本語入力を使用しています。

Screenshot_20160120-222151.png

ここがすごい!

防水

Galaxy S7、Galaxy S7 edgeは防水です。IP68の防塵・防水ということで、IP68というのは粉塵が内部に侵入しない、連続的に水中に置いても有害な影響がないレベルです。お風呂や台所でも、気にせず使えますね。

めちゃくちゃハイスペックでmicroSDまで使用できる上に防水です。最強スマホと言っても過言ではないでしょう。

(ちなみに、防水性能は通常水道水でのテストです。お風呂やプールでの使用を保証するものではありません)

カメラが優秀

カメラがめちゃくちゃ綺麗です。F値は1.7で薄暗いところでも撮影できます。iphoneのカメラは非常に優秀ですが、それ以上と感じています。

20160427_084028.jpg

何気なく撮ったチューリップ

20160502_113449.jpg

モードを「食事」にして撮ったパン

すべての写真-1195

↑がGalaxy S7 edge ↓がiphoneSE。どちらも美しいですが、水滴の雫感はGalaxy S7 edgeの方がいいように思います

20160508_155414.jpg

常に時計が表示

すべての写真-1177

今回から、ディスプレイがオフの状態でも時刻やカレンダーを表示するAlways On Display機能がついています。

バッグやポケットに端末を入れている時には自動的にオフになります。時計確認のために画面をオンにする必要はありません。

有機ELの焼き付け防止のため、数分ごとに表示される場所は移動します。時計の場所が動くのは慣れるまで若干気になりますね。

ただ、時計が常に表示されているというのは便利です。電池もそれほど食っているというイメージはありません。

Qi充電対応

ワイヤレスで充電が対応しています。置いたら充電されます。線をとったりつけたりの煩わしさがありません。帰ってきたら、Qi充電器に乗せる。

それだけで充電がスタートです。Always On Displayがあるので、常に時間が表示されて置時計代わりにもなります。楽で便利です。

VR利用可能

1万円で販売されているGearVRを購入すればVRを体感することができます。VR専用機となると10万近くします。それが1万円追加で払うだけできるというのはすごいと思います。

VRというのはバーチャルリアリティの略で仮想現実のことです。例えば、ジェットコースターに乗っている映像を見るのなら、顔を上にすれば空が見えたり、横にすれば景色が見えたりします。本当にジェットコースターに乗っている気分になります。没入感はすごいです。

Gear VRのセットアップとレビュー!初めてのバーチャル・リアリティに感動!

両サイドのエッジについて

Galaxy S7 edgeはedgeというだけあって両サイドが丸みを帯びています。使っていて、通常の使い方ではサイドのディスプレイ部分に触れるということはほとんどありません。

ただ、仰向けに寝ながら使う際にしっかり端末を持つとサイドに触れてしまいスクロールが遅くなるということはありました。

エッジになっている分、同じ5.5インチの他のスマホに比べて横幅は狭いので、通常持つ際は持ちやすいですが、仰向け使用は向きません。

ベンチマーク

Antutuベンチマーク

Screenshot_20160430-192341.pngScreenshot_20160430-192334.png

今回輸入したGalaxy S7 edgeはCPUがSnapdragon820の方でした。Exynos8890と二種リュあります。

Antutuに登録されているGalaxy S7 edgeより若干低い数値が出ましたね。

Geekbench3

Screenshot_20160430-192516.png

スペック

Galaxy S7とGalaxy S7 edgeのスペックはこちら。

2016年5月8日現在のExpansysでの値段です。別途、関税が3〜4千円かかります。

モデル Galaxy S7
icon
Galaxy S7 edge icon
メーカー SAMSUNG SAMSUNG
製品
発売日 2016年3月 2016年3月
OS Android6 Android6
CPU Snapdragon 820かExynos8890
クロック数 2.15 GHz Dual + 1.6 GHz Dual
コア数 4コア 4コア
RAM(メモリ) 4GB 4GB
ディスプレイ 2560 x1440 2560 x1440
大きさ 5.1インチ 5.5インチ
画素密度 534ppi 534ppi
ストレージ 32GB 32GB
アウトカメラ 1200万画素 1200万画素
F値 F値1.7 F値1.7
インカメラ 500万画素 500万画素
バッテリー 3000mAh 3600mAh
重量 152g 155g
69.6mm 72.6mm
142.4mm 150.9mm
厚さ 7.9mm 7.7mm
外部メモリ
Wi-Fi ac対応
指紋認証
防水
ポート microUSB microUSB
ワイヤレス充電
AnTuTuスコア 134599
シングルスコア 2311
マルチスコア 5300
32GBの値段 ¥70,415 ¥80,795

あとがき

Galaxy S7、edgeは有機ELで高画質、ワイヤレス充電対応、防水、microSD対応、カメラはデジカメ張りとAndroidスマホの中では群を抜いています。

どれにするか悩んだら、Galaxy S7シリーズにしておけば問題はないでしょう。基本性能がめちゃ高いです。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

Galaxy S7 edge

Galaxy S7 edge
6.9

画質

8/10

    動き

    8/10

      電池

      5/10

        持ちやすさ

        7/10

          コスパ

          7/10

            ■良いところ

            • 防水
            • カメラが優秀
            • Qi充電が可能

            ■イマイチなところ

            • edgeが好き嫌いがでる
            スポンサーリンク
            スポンサーサイト
            スポンサーサイト