moto Zを安く購入する方法〜購入場所別端末の違い比較〜

NewImage

モトローラが発売するmoto Z。5.5インチながら、重さが136gとものすごく軽いです。さらにmodsを取り付けることで、プロジェクターになったりステレオスピーカーになったりとトランスフォームする変態端末です。

非常に面白い端末なんですが、日本での販売値段が9万円近くかなり高く手が出しづらいです。海外では5〜6万円で購入できますが、若干仕様が異なるのでまとめてみます。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

比較表

国内正規品 Etoren Expansys Gearbest
型番 AP3786AE7J4 XT1650-03 XT1650-03 XT1650-05
技適 × ×
ストレージ 64GB 64GB 32GB 64GB
SIM 2つ 2つ 1つ 2つ
Band19対応 ×
値段 8万円後半 6万円前半 5万円前半 5万円前半

国内正規品

国内正規品は現在、8万円後半で発売されています。確かにいい端末ではあるんですが、高すぎるなという印象です。

Etoren

Etorenから輸入することが可能です。現在、郵送費別で6万円で売られています。技適も通っており、日本で発売されているものとほとんど同じといってもいいかもしれません。

日本で購入するよりも2万円以上も安く買うことができます。このスペックを考えると6万円なら十分ありな選択だと思います。

Etoren:moto Z XT1650-03

ETORENでは輸入消費税は含んだ価格となっており、別途かかるのは郵送費だけです。また、1年間の商品保証がついています。

Expansys

Expansysのmoto Zは欧州版のものでXT1650-03とEtorenと型番は同じですが、シングルSIMで技適もありません。商品名にDual-SIMと記載してありますが、SIMは1つです。ストレージが32GBで、Band19には対応しています。DSDSにこだわらなければいい端末だと思います。

在庫が結構あるので、今後さらに値段が下がる可能性がありますね。

Expansysでは輸入消費税と郵送費が含まれていません。

Expansys:moto Z XT1650-03icon

Gearbest

中国のGearbestでも販売されています。こちらは型番も異なり、技適は通っていません。DOCOMOのプラチナバンドであるBand19にも対応していません。

ワイモバイルのSIMとは相性が良さそうですね。

Gearbest:moto Z XT1650-05

moto Zスペック

motoZのスペックを同じ5.5インチのiphone7 Plusと比較してみます。段違いに軽いですね。

製品 Moto Z iphone7 Plus
メーカー Motorola Apple
発売日 2016年 2016年
OS Android6.0 iOS
CPU Snapdragon820 AppleA10
コア数 4コア 4コア
RAM(メモリ) 4GB 3GB
ディスプレイ 2560×1440 1920×1080
大きさ 5.5インチ 5.5インチ
画素密度 534ppi 401ppi
ストレージ 64GB 32・128・256
アウトカメラ 1300万画素 1200万画素
F値 F値1.8 F値1.8
インカメラ 500万画素 500万画素
バッテリー 2600mAh
重量 136g 188g
75.3mm 77.9mm
155.3mm 158.2mm
厚さ 5.2mm 7.3mm
外部メモリ ×
Wi-Fi ac対応
指紋認証 前面 前面
ポート USB Type-C Lightning

あとがき

というわけで、なぜか手元にmoto Zがあるのでwおいおいレビューします。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト