Galaxy S8のレビュー①〜外観と付属品〜

IMG_20170429_055315.jpg

Galaxy S8のMaple GoldモデルをEtorenから購入しました。

合わせて読みたい Galaxy S8とGalaxy S7 edge、iphone7をスペック比較

スポンサーリンク
スポンサーサイト

外観

IMG_20170429_055447.jpg

Always on Displayの機能により、画面がスリープ状態でも時間や日付を表示することができます。設定で、時計だけでなく、カレンダー、画像に表示するものを変えることも可能です。早速カレンダーに変更してみました。

両端がedgeといてベゼルレスです。ディスプレイの占有率が大きいですね。

上下が黒色なのでスリープ画面だと、どこまで画面かわからないです。上部にインカメラがあります。今回からホームボタンがなくなり、メニューキーに変わりました。

スリープ画面でホームキーを強く押しても画面が起動します。

アプリを開いてメニューキーが隠れても、ホームキーがあった場所を強く押すことでホームに戻ることが可能です。

IMG_20170429_055624.jpg

写真でとると赤く感じますが、実際はそんなこと赤みを感じるということはありません。縦長ですね。

サイズ比較

IMG_20170429_055910.jpg

左から5.2インチのAXON mini、5.8インチのGalaxy S8、4インチのカバーをつけたiphoneSEです。

5.2インチのAXON miniとほとんど変わらないような感じですね。

IMG_20170429_061123.jpg

ゴールドモデルですが、色合い的にはグレイに近い感じがしますね。

裏側にはカメラと指紋認証があります。Galaxy Sシリーズ初めて背面に指紋認証がつきました。

真ん中ではなく少しずれています。真ん中の指紋認証が多いので若干、慣れない感じはありますね。縦長だから指が届かないのではないか心配していましたが、ちょうど人差し指が当たります。

Huaweiのスマホに比べると若干、弾かれる回数が多いかなという印象はありました。

右サイド

IMG_20170429_055530.jpg

右サイドに電源ボタンがあります。

左サイド

IMG_20170429_055541.jpg

左サイドには音量ボタンと今回から追加になった機能のBixby対応のボタンです。

Bixbyとは、iphoneのSiriやGoogle nowと同じようなアシスタントです。ただ、ちょっと触ってみた感じイマイチでした。音声コントロールは現時点では日本には対応していません。

上部

IMG_20170429_055536.jpg

上部にSIMカードスロットがあります。SIMはnanoSIMですね。microSDと排他式です。

IMG_20170429_061325.jpg

下部

IMG_20170429_055521.jpg

下部にはUSB Type-Cとイヤホンジャック、スピーカーがあります。

付属品

IMG_20170429_060131.jpg

USB Type-C→microUSBの変換コネクタと、microUSB→USB Type-Cの変換コネクタがあります。

IMG_20170429_060200.jpg

イヤホンはAKGのものです。

さすが、ハイエンドモデル。付属品もしっかりしていますね。

Galaxy S8の購入方法

現在ExpansysやEtorenなどで輸入できます。どちらもCPUは Exynos 8895を積んでいます。

Etorenの方が安いですね。(Expansysは別途輸入税がかかります。)

Expansys;Galaxy S8

Etoren;Galaxy S8

スクリーンショット 2017 04 25 15 03 45

Galaxy S8+の購入方法

Expansys;Galaxy S8+icon

Etoren;Galaxy S8+ 

あとがき

日本ではDOCOMOとauから発売されるでしょうかね。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト