【レビュー】クリップ型活動量計UP MOVE、充電不要は楽!

https://farm9.staticflickr.com/8894/17770723342_5342577848.jpg

活動量計のUP MOVEを購入してみました。そのレビューです。

【日本正規代理店品】UP move by Jawbone ワイヤレスフィットネストラッカー ブラックバースト JL06-03-B03-JP

B00Q8JIFE0

 

スポンサーリンク
スポンサーサイト

UP MOVEって何?

Screenshot_2015-06-03-21-09-32

UP MOVEは、クリップ型の活動量計です。高機能の万歩計と言ってもいいかもしれません。

アプリと連動して、歩いた状態や睡眠状態を測ることができます。

腕に巻かないのが楽

最近は、腕輪型の活動量計が多くあります。

以前、SmartBandという腕輪型の活動量計を購入したのですが、普段、時計をする習慣がない僕はどうも、活動量計をつけると腕が気になっていました。

敏感肌や、腕輪をすることが気になる人、赤ちゃんの抱っこが多い人は、クリップ型の方がいいかもしれませんね。

充電無しが楽

https://farm8.staticflickr.com/7764/17797670003_4fef0ddd13.jpg

UP MOVEは電池の交換式なので充電する必要がありません。

最大6ヶ月、電池が持つと言われています。ボタン電池なので簡単に購入できます。

SmartBandを使っていた時は、数日おきに充電が必要だったので、それはだいぶ手間でした。

日常の製品はいかに手間を掛けないかというのが大事ですね。数ヶ月は、電池のことを気にしなくて使えるというのは非常にいいですね。

着替えの度に動かすのが手間

クリップ型の弱点としては、着替えの度に付け替えないといけません。

腕輪型なら、ずっとつけっぱなしでいいですが、クリップ型だと着替える度に付け替えないといけません。

朝の着替え、帰ってきてから着替えとそれほど1日で回数が多いわけではありませんが、毎日となると、意外と手間でした。

つけ忘れて出かけたりすると、ものすごく損した気分になりますw

睡眠での切り替えも手間

20150603-210530-4

睡眠状態は、いつも、服の袖につけて記録しています。寝るときに切り替えを行わないといけません。

切替方法は長押しと簡単なんですが、いちいち切り替えるのも手間ですね。

疲れていると、すぐに寝てしまいたくなるので。お昼寝の時も切り替えを忘れることが多くありました。

睡眠で切り替え不要の活動量計もありますので、次、買う時はそういうのにしようと思いました。

【日本正規代理店品】Fitbit ワイヤレス活動量計+心拍計リストバンド ChargeHR Large Black FB405BKL-JPN

B00VR4C75E

室内の歩数がいまいち

UP MOVEを購入したのは、室内での歩いたのも記録してほしいという期待だったのですが、室内での歩きについては、いまいちでした。

しっかり歩かないと記録されないようで、部屋の中の移動程度だと、記録はまちまちでした。

ここを期待していた部分もあったので残念です。

室内以外で持っているiPhoneとも歩数がそれほど大きく変わりませんでした

今は、普段の歩数計はiPhoneのアプリを利用して、UP MOVEは睡眠時のみに使用しています。

値段が安い

【日本正規代理店品】UP move by Jawbone ワイヤレスフィットネストラッカー ブラックバースト JL06-03-B03-JP

スマホと連動する活動量計だと1万円程度するものが多いですが、これは5千円で買えます。

比較的値段が安いので、こういう製品を試してみたいという人にはお勧めですね。

バンドも売っていますので、クリップ型⇛バンド型に変更することも可能です。

ECSEM jawbone 交換用リスト・バンド Sサイズ 簡易梱包品 腕バンド1個 選べる12色[並行輸入品] (イエロー)

B00NKW9Q9Q

あとがき

活動量計をつける意味というのは、自分の生活を数字で客観的に見るためです。数値で知ることで、改善も初めてできるわけですね。

今日の5・7・5 増やしたい 平均歩数は 4000歩

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト