【2016年】新旧「MacBook Pro」と「MacBook」「MacBook Air」値段・スペック・どれがいいか比較

スクリーンショット 2016 11 03 8 36 46

先日、MacBook Pro Late2016が発表されました。今年一年で、Mac mini、iMac 5K、MacBook Pro Early2015、MacBook Air Early2015、MacBook Late2015 Corem7の5台使ってきた僕が比較してみます。

今回比較するのは13インチ以下のMacBook、MacBook Air、MacBook Pro新旧です。重く値段が高くても性能重視の方はMacBook Pro15インチをお勧めします。


スポンサーリンク
スポンサーサイト

MacBook・Air・Proの点数

MacBook MacBook Air MacBookPro13
モデル Corem3 Corem5
512GB
Corem7 2015年 旧型 新型
touchなし
新型
touchあり
ディスプレイ A A A B A A A
軽さ A A A B C B B
CPU D C B C B B A
バッテリー B B B A B B B
拡張端子 D D

D

B A C C
キーボード C C C A A B B
コンパクトさ A A A D C B B
値段 B C C A C C D
4 4 4 1 1 2 2
点数 30点 30点 31点 32点 32点 31点 31点

わかりやすくするため各項目ごとに評価しました。Aが良く、Dが悪いです。Aが5点Bが4点…Eが1点として点数を出しています。最新モデルよりも去年発売しているものの方が点数が高くなっています。それは、拡張端子やキーボードの問題ですね。ここら辺は各項目ごと具体的に比較していきます。

一律に点数はつけましたが、人によって重要視する部分が異なります。僕は通勤中でも使える『軽さ』と『コンパクトさ』が何より重要だったのでMacBook一択となりました。CPUがMacBook Airと同じぐらいのMacBook(2015 Corem7)を選び、現状すごく満足しています。。

ディスプレイ

MacBook MacBook MacBook Air MacBook Pro 13 新型touchなし 新型touchあり
最新年 Early 2016 Early 2015 Early 2015 Late 2016 Late 2016
大きさ 12インチ 12インチ 13.3インチ 13.3インチ 13.3インチ 13.3インチ
解像度 2,304 x 1,440 2,304 x 1,440 1,440 x 900 2,560 x 1,600 2,560 x 1,600 2,560 x 1,600
画素密度 226ppi 226ppi 128ppi 227ppi 227ppi 227ppi

MacBook Air以外はスマホなどによく使われるIPS液晶で画素密度も高く美しいです。いわゆるRetinaディスプレイと呼ばれるものです。

MacBook AirはTN液晶でRetinaディスプレイと比べると明らかに落ちます。ただ、すごく悪いという訳ではなく普通に使えます。これまで高画質のノートパソコンを使っていた人が乗り換えるのには厳しいかもしれませんが、初めてなら気にならないレベルです。

拡張端子

すべての写真-284

MacBook MacBook MacBook Air MacBook Pro 13 新型touchなし 新型touchあり
USB-typeC 1 1
USB3(TypeA) 2 2
Thunderbolt 2 1 2
Thunderbolt 3 2 4
SDXCカードスロット
HDMIポート
感圧タッチトラックパッド
Touch Bar
充電 USB-typeC USB-typeC MagSafe2 MagSafe2 Thunderbolt 3 Thunderbolt 3

拡張端子は新しいMacBook ProはThunderbolt3になりました。Thunderbolt3はUSB Type-Cと互換性があります。USB Type-Cは、画像出力から充電からあらゆることができる便利なポートではありますが、まだまだメジャーではないので、対応しているものが少ないです。

使い勝手でいうと旧型のMacBook Airや旧型のMacBook Proの方が上です。いわゆる標準的なUSBであるUSB3やSDを入れるところもついています。MacBook ProではHDMIポートもついているので外部出力も便利です。

MacBookはUSB Type-C一つしかついておらず、ハブがほぼ必須となります。僕が使っているのはHootooのハブで、これにロジクールマウスのUSBとHDMIをつないでいます。帰宅後、このハブをつなぐだけで、充電と外部出力をしてくれます。ハブにつなぐ端子は純正のものだと外部ディスプレイが安定しないと書いてあったので、別途購入しました。ずっとつなぎっぱなしにしているとたまに外部ディスプレイが映らなくなりますが、電源とつないでいるコードを抜き差しすれば復活します。

安定性や出費を考えるとハブを使わないに越したことがないので、やはり旧型の方が使い勝手は上だと思います。

.関連記事めちゃくちゃ軽いMacBook 12インチをレビュー

大きさ・重さ

それぞれの大きさと重さを比較します。

MacBook MacBook Air MacBook Pro 13 新型touchなし 新型touchあり
重さ 920g 920g 1350g 1580g 1370g 1370g
高さ 0.35〜1.31 cm 0.35〜1.31 cm 0.3~1.7 cm 1.8 cm 1.49 cm 1.49 cm
28.05 cm 28.05 cm 32.5 cm 31.4 cm 30.41 cm 30.41 cm
奥行き 19.65 cm 19.65 cm 22.7 cm 21.9 cm 21.24 cm 21.24 cm

同じ13インチモデルでも大きさは異なります。MacBook Airはベゼルが広い分大きくなっています。新型MacBook Proは旧型MacBook Proよりコンパクトになっています。

軽さはMacBookが圧倒的に軽いです。今、トートバッグで持ち運んでいますが、ほとんど負担になりません。トートバッグなのですぐにMacBookを取り出すこともできます。MacBook Airは1.3kgですが、トートバッグでの毎日の持ち運びは辛かったです。リュックで持つとだいぶ楽になりました。が、、リュックだと通勤途中で出すのが手間に感じるんですよね。

MacBook Proを使っていた時は通勤10分程度だったので、1.5kgでもそれほど負担になりませんでした。

どのぐらい持ち運ぶかということでこの重さに対する感覚は変わります。日常持ち運びが多く、外でもささっと取り出して使いたい場合はMacBookを、ほとんど持ち運びがないのなら拡張端子が多い旧型MacBook Proがオススメです。

.関連記事MacBook Pro 2015 13インチレビュー!値段・重さ・CPUのバランスがいい!

CPU・ベンチマーク

MacBook MacBook MacBook Air MacBook Pro 13 新型touchなし 新型touchあり
CPU 1.1GHz Corem3 1.2GHz Corem5 1.6GHz Corei5 2.7GHz Corei5 2.0GHz Corei5 2.9GHz Core i5
CPU世代 第6世代 第6世代 第5世代 第5世代 第6世代 第6世代
RAM 8GB 8GB 8GB 8GB 8GB 8GB
シングルコアスコア 2803 3271 3692 3730
マルチコアスコア 5245 5735 7033 7085

CPUはGeekbench4のベンチマークで見てみます。使い心地とイコールになるわけではありませんが、参考にはなると思います。

.参考 MacBook Pro (Retina, Late 2016) ベンチマーク | Macintosh | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

MacBook Air13インチを使っていて、僕の使用法では全く問題ありませんでした。ライブ変換がもたつくという感じもありませんでした。なので、新しく買うものもMacBook Airと同等程度のものを考えて、購入を決めました。

MacBookのCore m7モデルとMacBook Pro Early2015・MacBook Pro Late2016タッチバーなしモデルが同じぐらいのベンチマークです。『軽い』『コンパクト』『サクサク』を追求するならMacBook Core m7モデルがいいですね。

僕の使用法

ちなみに僕はブログを書く、ネット、メール、Excel、動画を見るといった使い方です。ゲームをしたり、動画編集といった重い作業はしません。家ではディスプレイに出力しデュアルディスプレイとして使用していて、通勤途中の電車の中でいじったりもします。

このぐらいだと、MacBook Air程度のベンチマークがあれば何も問題なく使うことができます。

キーボード・バッテリー・色

すべての写真-479

MacBook MacBook MacBook Air MacBook Pro 13 新型touchなし 新型touchあり
キーボード バタフライ 薄型普通 第2世代バタフライ
最大インターネット閲覧時間 10時間 12時間 10時間
ローズゴールド
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
ローズゴールド
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
シルバー シルバー シルバー・スペースグレイ シルバー・スペースグレイ

MacBookはバタフライキーボードで、厚みがほとんどなく『ペタペタ』という感じがします。初日は打ち漏れがありましたが、数日使っていると慣れてきました。それでも使いやすいとは言い難いですが。

すべての写真-478

新型MacBook Proの第2世代バタフライキーボードをApple Storeで使ってみました。思ったより打ちやすくて驚きました。薄いのに厚みがあるように感じるんですよね。ただ、打鍵音は大きいです。

旧型MacBook ProやMacBook Airは標準的な薄いキーボードで打ちやすいです。

カラーはMacBookがシルバー以外にゴールド・スペースグレイ・ローズゴールドと4色あります。僕はゴールドにしました。。新しいMacBookという感じがして気に入っています。

バッテリーの時間はMacBook Airだけが高くて他は10時間で揃っています。液晶の違いやバッテリーの違いなんでしょうかね。

.関連記事MacBook Air 13インチ Early 2015をレビュー!

値段

MacBook MacBook MacBook Air MacBook Pro 13 新型touchなし 新型touchあり
128GB ¥98,800 ¥128,800
256GB ¥128,800 ¥118,800 ¥148,800 ¥148,800 ¥178,800
512GB ¥158,800 ¥138,800 ¥168,800 ¥168,800 ¥198,800
1TB ¥208,800 ¥208,800 ¥238,800
追加料金
RAM16GB ¥20,000 ¥20,000 ¥20,000
CPU 1ランクアップ ¥10,000 ¥10,000
CPU Core 7へ ¥25,000 ¥15,000 ¥15,000 ¥30,000 ¥30,000 ¥30,000

Apple Storeで購入した場合の値段をまとめています。税抜き価格です。一般にも流通販売されているものは値段にAmazonのリンクを入れています。流通している分Apple Storeで購入するより安く買えます。(公式が値下げされたばかりでまだ値段のさがりがいまいちですね。もう少し待てばより値段が下がると思います)

あとがき

Appleは自分がいらないと思ったらガンガン切っていきますね。Thunderbolt3しかないっていうのは使いやすいとはお世辞にも言えません。MacBook Airがより小さく軽くなってRetinaがつくだけで満足だったんですけどね。次回は、機種別で評価を予定しています。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト