めちゃくちゃ軽いMacBook 12インチをレビュー

すべての写真-287

Mi Notebook Airを購入して、MacBook Air(Early 2015)が古臭く感じてしまい、MacBookに乗り換えました。購入したのはMacBook2015年の1.3GHzにカスタマイズ品、色はゴールドです。

Xiaomi Mi Notebook Airレビュー!MacBook Airとの比較も

スポンサーリンク
スポンサーサイト

外観

すべての写真-279

すべての写真-284

左サイドにUSB Type-Cがあります。拡張端子はここ一つだけです

すべての写真-286

右サイドにはイヤホンジャックがあります

すべての写真-280

キー配列で気になるのは矢印が詰まっていてちょっと打ちにくいです。

細かいスペックはこちらでまとめています。MacBook Retina12インチのスペック・ベンチマーク2015年・2016年、MacBook Air・MacBook Proとの比較

メインで使うならUSBハブ必須

USB Type-Cが一つしかないので、メイン機として使うなら、USB3.0などを使える拡張は必須だと思います。僕が使っているのはHooTooのハブです。

ハブはモノによってはものすごく熱くなるという話を聞きますが、このハブはそれほど熱くなりません。

HDMIでデュアルディスプレイを行い、USBの一つはロジクールのマウスに当て充電しながらデュアルディスプレイにしています。USB Type-Cを接続するだけで充電とデュアルディスプレイにできるのは少し楽です。

ただ、一度だけデュアルディスプレイが反応しなくなったことがありました。全て外して数時間おいたらまたつながりました。こういうことがあるとちょっと不安を感じます。USB Type-Cの他にHDMIとUSB3.0ぐらい拡張があればいいんですけどね。

キーボードは慣れが必要

すべての写真-281

初日、キーボードのストロークの薄さに驚きました。Apple Storeで確認はしていましたが、使ってみるとやはり薄すぎます。最初はなかなかタイピング慣れずに、うち漏れがちょっとありました。1日使ってみるとだいぶタイピングの抜けは無くなりました。ストロークは薄いのですが、意外と押すときに指先に力が必要なんです。

購入前に実機を触ってみるのをお勧めします。

デザイン・画面は綺麗

すべての写真-267

画面はIPS液晶画素密度も上がっているのでMacBook Airとは全然違います。とても綺麗です。視野角も広くどの角度から見やすいです。

デザインも余計な部分がなくなりました。ベゼルも薄くなり1cmぐらいになっています。Mi Notebook Air購入後だったので、それほど感動はありませんでしたが、MacBook Air Early2015から直接、買い換えていたら感動していたと思います。

ベンチマーク

スクリーンショット 2016-10-08 16.49.21

Geekbench4の数値です。今回購入したのはMacBook 2015のカスタマイズ品です。Corem7の1.3GHzのもので、MacBook Air2015 Earlyとベンチマークはほぼ変わりありません。スペックとしては、MacBook2016年のノーマル版よりも上です。ライブ変換も問題なく、デュアルディスプレイでもサクサク動きます。

デュアルディスプレイで動画を見たらパソコンが熱くなりました。

軽い

MacBook Airをトートバックで持っていたら重く、リュックを購入したのですが、MacBookはトートバッグで持ち運ぶのに苦になりません。400gの差は全然違いますね。

リュックは持ち運びの負担は減るのですが、サッと出すというのが若干手間なんですよね。トートバッグの方が出すのが圧倒的に楽です。電車の中で扱う回数がかなり増えました。隣に人が座っていても気にせず出して扱える大きさです。MacBook Airだとこうはいきません。

MacBook Air2015と比較

すべての写真-288

MacBook MacBook Air 11インチ MacBook Air 13インチ MacBook Pro 13 MacBookPro
大きさ 12インチ 11.6インチ 13.3インチ 13.3インチ 15.4インチ
重さ 920g 1080g 1350g 1580g 2040g
高さ 0.35〜1.31 cm 0.3~1.7 cm 0.3~1.7 cm 1.8 cm 1.8 cm
28.05 cm 30 cm 32.5 cm 31.4 cm 35.89 cm
奥行き 19.65 cm 19.2 cm 22.7 cm 21.9 cm 24.71 cm

MacBook AirEarly2015と比較するとものすごく小さいです。縦横の差が全然違います。重さも400gほど軽いので持ち運びもしやすいです。

MacBook Airでは2cmほどあったベゼルも1cmちょっとまで短くなっています。余計な部分を極限まで無くしたという感じです。今回、Core m7を購入したのでCPUの差は一切感じていません。どちらもサクサク動いてくれています。デュアルディスプレイも問題なくですね。

MacBookではAppleマークは光らなくなりました。

2016年モデルを購入するならCore m3はCPUが弱いですので、Core m5(1.2GHz)以上がオススメです。

  • デザイン MacBook
  • 軽さ・扱いやすさ MacBook
  • キーボード MacBook Air
  • 画面 MacBook
  • コスパ MacBook Air

今年5台目のMac

今年の初めにMac miniがお逝きになってから、iMac 5K Retina、一ヶ月出張でMacBook Pro Retina、MacBook Air 13インチ、そしてこのMacBookと4台目です。いやはやこんなにMac買ったの人生で初めてですw

MacBook Pro 2015 13インチレビュー!値段・重さ・CPUのバランスがいい!

iMac(MK462J/A)をFusionDriveではなくHDDを選びAmazonで購入した理由

MacBook Air 13インチ Early 2015をレビュー!

MacBook Proを購入した時は出張でそれほど持ち歩くことが少なかったので1.5kgでも許容できたのですが、持ち歩くのが増えると辛いものがあります。ただ、中古で結構安くなってきているので、拡張端子の多さ、Retina、そして値段のバランスで考えるとMacBook Proが一番いいように思います。

持ち運びが多くて外でも使うならMacBook12のCore m5以上がオススメです

あとがき

デュアルディスプレイが安定して使えれば満足度は高いです。拡張端子の少なさはやっぱり気になるなぁ。ただ、軽くて扱いやすいので電車の中での使用もすごく増えました。

このMacBookがメインとして定着するかどうかは、今月末に予定されているMacBook Airの新作を見て決定ですね。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト