iMac(MK462J/A)をFusionDriveではなくHDDを選びAmazonで購入した理由

20160324_152650.jpg

Windowsに乗り換えて数週間使ってみましたが、やはりMacの方がいいと感じMacに出戻りしました。

購入した機種は、iMacの27インチ5KディスプレイのMK462J/Aです。

今回、MK462J/Aを選んだ理由をまとめてみました。

2016年12月11日追記

Apple iMac (Retina 5K Display 27/3.2GHz Quad Core i5/8GB/1TB/AMD Radeon R9 M380) MK462J/A


スポンサーリンク
スポンサーサイト

Mac miniとiMac

以前まで使っていたMac miniではなくiMacにしたのは、新しいMac miniのスペックダウンがあります。

以前も紹介した通り、最新のMac miniはデュアルコアです。2012年モデルと比べてもマルチコアスコアが低くなっています。最新機種なのでスペックが4年前のものと同程度のものをわざわざ今買うのはどうかなと感じました。

それならば、ちょっと値段はしますが、5Kディスプレイのつんでいて無駄な配線も減らせるiMacの方がいいと思いました。

Mac miniの2014年・2012年の比較!

画面が大きいのは正義

iMacは21インチと27インチの2種類発売されています。

これまでMac miniでデュアルディスプレイを使っていました。

二つ画面があるというのは非常にいいですが、画面が変わるたびに頭を動かさないといけないのが少し気になっていて、一つの画面だともっと楽なんだろうなと常日頃感じていました。

21インチとは6インチの差ではありますが、比べてみると結構な差があります。家電店に行って27インチと21インチを比べてみた結果、27インチの大きい方がいいと感じました。

買ってみて大正解でした。

iMacの比較してみました!各スペックとApple StoreとAmazonでの値段比較表あり!

20160324_173146.jpg

松竹梅の梅にした理由

型番 MK462J/A MK472J/A MK482J/A
発売日 2015年10月
モニター 27インチ
CPU 第6世代Corei5
クロック周波数 3.2GHz 3.2GHz 3.3GHz
コア数 4コア
メモリ 8GB(最大32GBに変更可能)
グラフィックス Radeon R9 M380 Radeon R9 M390 Radeon R9 M395
ストレージ HDD1TB FusionDrive1TB FusionDrive2TB
解像度 5,120 x 2,880
Apple Store ¥193,104 ¥214,704 ¥247,104
amazon ¥182,800 ¥199,800 ¥233,800
シングルスコア 3,931 4,214 4,574
マルチスコア 12,079 13,081 17,683

27インチiMacは現行3機種発売されています。その中でも一番、値段の安いMK462J/Aモデルにしました。

スペックの中で大きな違いはストレージがHDDかFusionDriveかの差です。

FusionDriveはHDDと起動の早いSSDが混ざったものです。OSやよく使うアプリやファイルはSSDが割り当てられ、起動が早くなります。

(2015年のiMacでは、FusionDrive1TBではSSDが24GB、FusionDrive2TBではSSDが128GBです。)

FusionDriveが1TBの竹とHDDの梅では定価では3万ほどの差があります。ただ、その値段の差だけの魅力は感じませんでした。

iMacは後からSSDを外付けすることも可能です。外付けなら1.5万円程度で256GBのSSDにスペックアップが可能です。

内蔵されているとはいえたった24GBのSSDのために、3万も値段が上がるほどいいとは思えませんでした。

参照⇛[ webteam blog ] HDDなiMacをSSD 化して快適環境を手に入れろ!まだHDDで消耗してるの?

カスタマイズをしない理由

Apple Storeは割高

カスタマイズは直営店(Apple Store)でしかできません。先ほど書いたとおりApple Storeで購入すると量販店より同じ性能で高くなります。

Apple製品は値下げはあまりされませんが、ヨドバシカメラなどではポイント還元がありますし、ネットのお店によっては定価より安く売っているところもあります。

さらに、カスタマイズは割高です。例えば、メモリを8GB増設して16GBにすると、Apple Storeでは、25,920円もします。自分でやれば、1万円弱でメモリは購入できます。

iRam Technology iMac(Late2015 27インチRetina 5K)用メモリ8GB

量販店の方が製品自体が安い+カスタマイズも割高なので、直営店では買うのをやめました。

売りやすい

2年使用したら売ることを検討しています。Amazonで売る際にカスタマイズしていないものの方が売りやすいという点があります。

2年後、今回購入したAmazonのページからマーケットプレイスに出品とすれば、iMacをそのまま売ることができて簡単です。

これがカスタマイズしているとヤフオクなどに出品していちいちカスタマイズ情報を記入するといった手間が発生しますが、カスタマイズをしていないもののほうがそのまま売ることができて楽です。

中古で購入して保証は?

今回、Amazonのマーケットプレイスで開封美品状態のものを購入しました。

Apple製品はどこで買おうが、故障などがあった場合はApple Storeで対応してくれます。

製品保証は1年以内ならば有効ですし、AppleCareに加入していれば3年以内ならば保証に対応してもらえます。

割高なApple Storeで購入するメリットは少ないですね。

関連エントリー

2016年はこのiMacから始まり、MacBook Pro、MacBook Air、MacBookと4台購入しました。2年使うつもりだったんですが、外でも使いたくなったのでノートタイプにしたくなったんですよね。。

最終的にはMacBookで落ち着きました。

MacBook Pro

MacBook Air

MacBook

あとがき

今回、WindowsとMacを使ってみて慣れもあるのでしょうが、僕にとってはMacの方が使い勝手が良かったです。

ちょっと高い勉強代にはなりましたが、今後買い替える時はMac一本にしていきたいと思います。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト