新型iPad mini5が発売!旧型やiPadとスペック比較!

MacBook Pro 15インチ(2019)のスペック・CTOまとめ

スポンサーリンク
MacBook Proの15インチが2019年5月末にサイレントアップデートしました。スペック、CTOをまとめてみます。 MacBookシリーズについては『MacBookの選び方!MacBook・MacBook Air・MacBook Pro比較!』でまとめています。 2019年アップデートされたMacBook Pro 13インチについては 『MacBook Pro 13インチ(2019)のスペック・CTOまとめ』で書いています。

MacBook Pro(2019)15インチスペック

2018年 2019年
ストレージ 256GB 512GB 256GB 512GB
CPU 第8世代 Core i7 第9世代Core i7 第9世代Core i9
周波数 2.2GHz
(最大4.1GHz)
2.6GHz
(最大4.3GHz)
2.6GHz
(最大4.5GHz)
2.3GHz
(最大4.8GHz)
コア数 6コア 6コア 6コア 8コア
メモリ 16GB
ディスプレイ 15.4インチ
解像度 2,880 x 1,800
画素密度 220ppi
True Toneテクノロジー
T2チップ
バッテリー 10時間
TouchBar TouchBarあり
大きさ 高さ:1.55 cm
幅:34.93 cm
奥行き:24.07 cm
重さ 1830g
キーボード 第3世代バタフライ 第3世代バタフライ
素材を変更
グラフィック Radeon Pro 555X
(4GBメモリ搭載)
Radeon Pro 560X
(4GBメモリ搭載)
Radeon Pro 555X
(4GBメモリ搭載)
Radeon Pro 560X
(4GBメモリ搭載)
シルバー・スペースグレイ
拡張端子 Thunderbolt3×4
CPUが第8世代から第9世代へ変わっています。さらに512GBのモデルのコア数が6コアから8コアへ増えています。コア数が増えることで処理能力も大きく上がっています。
これまでバタフライキーボードによりキーが反応しない、押していないのに連打されるといった不具合が起こっていました。その対応としてバタフライキーボードの素材が変わりました。
マイナーアップデートではありますが、スペックアップしていますね。 店ごとの購入リンクはこちらでまとめています。CTOをしない場合は、家電屋さんで購入した方が安く購入できます。
MacBook Pro(2019)15インチ スペースグレー シルバー
256GB Amazon
Yahoo!ショッピング
楽天
ビックカメラ
Amazon
Yahoo!ショッピング
楽天
ビックカメラ
512GB Amazon
Yahoo!ショッピング
楽天
ビックカメラ
Amazon
Yahoo!ショッピング
楽天
ビックカメラ

CTO

Apple Storeで購入時にできるCTO(カスタマイズ)についてまとめます。

CPU 第9世代 2.6GH6コア Core i7
(最大4.5GHz)
第9世代 2.3GHz8コア Core i7
(最大4.8GHz)
メモリ 16GB
ストレージ 256GB 512GB
グラフィックス Radeon Pro 555X
(4GBメモリ搭載)
Radeon Pro 560X
(4GBメモリ搭載)
¥258,800 ¥302,800
CTOによる追加料金
CPUカスタマイズ
8コア
2.4GHz
(最大5GHz)に変更
¥33,000 ¥22,000
メモリ
32GBに変更 ¥44,000 ¥44,000
グラフィック
Radeon Pro 560Xに変更 ¥11,000
Radeon Pro Vega 16
(4GB HBM2メモリ搭載)に変更
¥27,500
Radeon Pro Vega 20
(4GB HBM2メモリ搭載)に変更
¥38,500
ストレージカスタマイズ
512GBに変更 ¥22,000
1TBに変更 ¥66,000 ¥44,000
2TBに変更 ¥132,000 ¥110,000
4TBに変更 ¥330,000 ¥308,000

CPU

256GB・512GBの両方のモデルで8コア 2.4GHzに変更することができます。 Geekbenchによるとシングルコアスコア5879・マルチコアスコア29184です。6コアの2018年モデルに比べてマルチコアで3割近くアップしています。

メモリ

メモリは32GBまで増設可能です。8コアを積むぐらいの処理が必要ならメモリも32GBあっていいかなと思います。

グラフィックカスタマイズ

『Radeon Pro Vega』へのカスタマイズは上位モデルしかできません。

ストレージカスタマイズ

ストレージは4TBまでカスタマイズ可能です。ただ、値段もカスタマイズだけで30万円越えです。高い!

新型MacBookの動向が気になる

現在、新型の16インチMacBookを開発しているという噂があり、ディスプレイに有機ELを使いベゼルレスになると言われています。
発売が2019年〜2020年を予定されていると言われているので、急ぎでなければもう少し様子を見てもいいのかなと思います。
ただ、新型は何かしらの初期不良があることが多いので、新型を見た上でこっちという選択はありだと思います。
Mac
スポンサーリンク
シェアする
むのんをフォローする
らくたのぶろぐ