SIMフリーのGalaxy Note9の購入方法

スポンサーリンク

日本ではSIMフリーのGalaxy Note9は発売されません。海外から輸入することで使用することができます。

端末別購入リンク

SM-N960FD

Dual SIMモデルでExynos9810を搭載しています。

海外の端末を輸入する際は、EtorenとExpansysが保証があるのでオススメです。

それぞれ端末別の購入リンクをまとめました。

128GB 512GB
Midnight Black ExpansysEtoren ExpansysEtoren
Ocean Blue ExpansysEtoren ExpansysEtoren
Lavender Purple Etoren
Metalic Copper Etoren

海外版はカメラのシャッター音をオフにすることができます。あとはdocomoやauの余計なアプリも入っていません。ただ、技適は通っていません。

SM-N9600

Dual SIMモデルでSnapdragon845を搭載しています。Expansysで発売されています。

日本ではSnapdragon845が発売されます。

128GB 512GB
Midnight Black Expansys Expansys
Ocean Blue Expansys Expansys
Lavender Purple Expansys Expansys

Exynos9810とSnapdragon845の比較をみるとSnapdragon845の方が若干バッテリー持ちが良くて高評価ですね。

オーディオにこだわるならExynos9810の方がいいようですが、それ以外はSnapdragon845の方が良さそうです。

Etoren

Etorenの本体価格は輸入消費税を含んだ金額となります。別途かかるのは配送料です。だいたい2000円程度なので、RAM6GB/ストレージ128GBの購入費用は約11万7千円、RAM8GB /ストレージ512GBは約14万3千円です。 Expansysより安いです。

Etoren:Galaxy Note9

Etorenは1年保証があり、故障の時は日本国内の修理対応してくれるところに送って対応してくれます。

決済はPayPalのみとなります。10万円以上なので、本人確認の手続きを行い、プレミアアカウントをアップグレードする必要があります。

 参考 本人確認手続き(個人アカウント)|サポート-PayPal(ペイパル)

2018年9月9日追記 購入費用総額

  • RAM6GB/ストレージ128GB 11万円弱
  • RAM8GB /ストレージ512GB 13万円強

Expansys

Expansysの本体価格は輸入消費税を含みません。ですので、別途輸入消費税がかかります。配送料は7万円以上のものは無料です。輸入消費税を含むとRAM6GB/ストレージ128GBの購入費用は12万越え、RAM8GB /ストレージ512GBは15万3千円越えなのでEtorenに比べると高いです。

Expansys:Galaxy Note9

2018年9月9日追記 購入費用総額

  • RAM6GB/ストレージ128GB 11万円
  • RAM8GB /ストレージ512GB 14万円弱

Amazon

日本のAmazonからも購入可能です。ただ、今のところものすごく高いのでお勧めできません。輸入代行会社のようですね。

住所入力・電話番号入力

EtorenやExpansysを利用する際は住所も英語で書く必要があります。書き方がわからない場合は『JuDress | 住所→Address変換』のサイトを参考にするといいです。住所を入れると自動で英語に変換してくれます。

電話番号は、最初の「0」を「+81」にします。『090-1111-1111』だったら、『+81-90-1111-1111』となります。

スペック

スペックなどはこちらでまとめています。

Galaxy Note9とS9・S9+・Note8をスペック比較

Galaxy Note9とS9・S9+・Note8をスペック比較
2018年発売するGalaxy Note9をGalaxy Note8、Galaxy S9、Galaxy S9+と比較してみます。SペンがBluetoothになり、リモート操作が可能になりました。
ガジェット
スポンサーリンク
シェアする
むのんをフォローする
らくたのぶろぐ