MacBook Air 13インチ Early 2015をレビュー!

すべての写真-23

MacBook Air13インチ Early2015(2016年版 RAMが8GB)を購入しました。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

外観

ディスプレイベゼルの幅が広いですね。デザインは2010年ごろから変わっていないようで、古い感じがしますIPSではないですが、そこまで視野角が悪いという感じはありません。

すべての写真-20

右側にSD、USB3、Thunderbolt

すべての写真-18

左側に電源、USB3、イヤホンジャック

すべての写真-19

キーボードは浅く軽い感じです

すべての写真-21

すべての写真-22

だいたいキーの幅は16mm程度ですね。

スペック比較

現行発売されている13.3インチまでの大きさのものを並べてみました。

MacBook MacBook Air 11インチ MacBook Air 13インチ MacBook Pro 13
最新年 Early 2016 Early 2015 Early 2015 Early 2015
大きさ 12インチ 11.6インチ 13.3インチ 13.3インチ
解像度 2,304 x 1,440 1,366 x 768 1,440 x 900 2,560 x 1,600
重さ 920g 1080g 1350g 1580g
画素密度 226ppi 135ppi 128ppi 227ppi
CPU 1.1GHz corem3 1.6GHz Core i5 2.7GHz Core i5
RAM 8GB 4GB 8GB 8GB
最大インターネット閲覧時間 10時間 9時間 12時間 10時間
USB-typeC 1
USB3 2 2 2
Thunderbolt 2 1 1 2
SDXCカードスロット
HDMIポート
感圧タッチトラックパッド
高さ 0.35〜1.31 cm 0.3~1.7 cm 0.3~1.7 cm 1.8 cm
28.05 cm 30 cm 32.5 cm 31.4 cm
奥行き 19.65 cm 19.2 cm 22.7 cm 21.9 cm
128GB ¥102,800 ¥112,800 ¥148,800
256GB ¥148,800 ¥126,800 ¥136,800 ¥172,800
512GB ¥184,800 ¥208,800
カスタマイズ MacBook MacBook Air MacBook Air MacBookPro
RAM8GB ¥12,000
RAM16GB ¥24,000
corei7 ¥15,000 ¥18,000 ¥36,000
corem7 ¥30,000

MacBook Air13インチは最新モデルで2015年発売のものになります。2016年はお値段据え置きでメモリが4GB→8GBになっただけで、モデル自体の変更はありません。

今回購入したのはMacBook Air13インチのcorei5でRAMが8GBのバージョンです。

MacBookは2016年にCPUの変更でスペックアップ、MacBook Proは9月以降に新型が発表されると言われています。

MacBook Air13インチにした理由

僕がこれまでのMac遍歴はMac mini2012→iMac5K・出張時MacBook Pro13インチ→そして今回のMacBook Air13インチになります。

MacBook Pro 2015 13インチレビュー!値段・重さ・CPUのバランスがいい!

MacBook Air13インチにしたのは、まず値段が安い点ですね。2016年に13インチのみ値段据え置きでRAEMが4GB→8GBになりました。これにより11インチのコスパが非常に悪くなりました。

MacBook Proは来月にも新しい機種の発表がありそうで今買うタイミングではない、MacBookはCPUが非力な割りに値段が高い、USB-typeCしかなく拡張性が低いといった理由で選びませんでした。

13インチはストレージに不安を感じたら、SDカードでストレージを追加することもできます。

中古でも状態がいいものが10万を切って購入できます。コスパは高い方だと思います。

ベンチマーク

スクリーンショット 2016-08-23 7.54.38

シングルコアスコアとマルチコアスコアです。

メモリが8GBになっている影響かここのサイトのMacBook Air corei5Early2015より大きめです。MacBook Air, Pro Benchmarks (March 2015)

使用感

家ではデュアルディスプレイとして使っており、たまにリビングに持ち運びして使用しています。外では通勤中の電車の中と職場で使用しています。

WorkFlowyやExcel、動画を見たり、漫画を読んだりします。

ライブ変換はごくたまに重くなる

ライブ変換については、基本的には問題なくスムーズに打てるのですが、ごくたまに反応が遅れることがあります。タイピングのスピードが上がったときに遅れは感じますね。

頻繁ではないのであまり気にはなりませんが、ただ、この端末のスペック以下のものだとちょっと怖いなと感じました。

ちなみにiMacでもSSDではなくHDDのせいか重くなるがありました。印象としては、MacBook Pro2015>MacBook Air 2015>iMacの順で快適ですね。それぞれ使ったタイミングや状況が一緒ではないので、正確な比較とはなりませんが。

意外と大きい・重い

ベゼルの幅が厚いのもあり、大きいです。

通勤中にブログを書いたりしているのですが、13インチは結構大きいです。カバンから片手で取り出すのも、ずっしりと「重い」という印象を受けます。

空いている電車だとあまり気にはなりませんが、混んでいる電車で隣に誰かいると途端に使いにくく感じます。幅はちょうど僕の胴体と同じぐらいです。MacBook Proよりも大きいんですよね。サイズ的にはMacBookぐらいがちょうどいいですね。

また、なかなか重いですね。1.3kgでケースに入れたら1.5kgになります。トートバッグで肩にかけて歩いてみましたが、結構しんどかったです。夏場ということもあったからでしょう。リュックにしてみたらだいぶ負担が減りました。

購入したリュックはこちらです。300gしかないメチャ軽リュックです。ギリギリMacBook Air13インチが入ります。

MacBook Pro 2015 13インチレビュー!値段・重さ・CPUのバランスがいい!

液晶はそこそこ綺麗

すべての写真-20

ディスプレイはIPSではなく、視野角がどうかが気になりましたが、それほどひどくはありません。さすがに3万円程度のWindowsとは違いますね。ただ、MacBook ProのRetinaディスプレイと比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

すべての写真-25

*f.luxを使っているので暖色になっています→不眠や肩こりはブルーライトのせいかも?パソコンのブルーライトをカットして目も体も楽になる!

「十分使えるけど、綺麗ということもない」といった感想ですね。

11インチのMacBook AirにRetinaを積んで軽くなれば個人的には最高なんですが。

デュアルディスプレイで快適

P_20160818_184220.jpg

懸念だったのが、ディスプレイにつないだときに遅くなるのではないかということでしたが、全くそんなことはありませんでした。

つないでいるのは23インチフルHDのディスプレイです。Thunderbolt経由でつないでいます。23インチの画面を分割して、3つのウインドウを開きながら使っています。

以前使っていた27インチに比べて、ディスプレイが小さくなるので不便かなと思いましたが、思った以上に快適に使えています。家ではこのようにディスプレイにつなぐので、なおさら13インチの大きさは必要ないんじゃないかなとも思えています。

MacBookをディスプレイにつないでメイン・サブ兼用で使う

バッテリー持ちは8時間程度

バッテリーもちはネットにつないでいろいろ書くと8時間ぐらいですね。公称が12時間なのでだいたい公称の7割程度でしょうか。

バッテリーもちに関して言えば、Chromebook Flipの方が上のようにも感じますね。

Chromebook Flip C100PAを実機写真付きレビュー!軽い!安い!速い!

あとがき

理想を言えばMacBook Air11インチにRetinaを積んでもう少し軽くなってもらうのがいいのですが、そういった端末は出てこなさそうですね。

MacBook Proも興味ありますが、全てUSBtypeCに置き換わるという噂なので、現状、使い勝手はイマイチかなぁと。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト