<2017年>iMacを比較!各スペックとApple StoreとAmazonでの値段比較表!

先日、新しいiMacが発表されました。2017年に発表された機種の値段、CTOの金額と旧機種について比較してみました。

2017年6月8日修正

スポンサーリンク
スポンサーサイト

iMacって何?

iMacとはAppleが出しているパソコンです。OSはMacOSです。

特徴としてはディスプレイとパソコンが一体型という点です。このディスプレイの中にCPUも含んでいます。

Apple Storeでは最新の機種のみが発売されています。Apple Storeで購入する場合はカスタマイズも可能です。

現行機種は2017年6月に発売されたものです。

Amazonや楽天、電気店などの量販店で売っているものはカスタマイズはできません。カスタマイズしていないものについては、量販店で購入したほうが安いです。

先日発売されたばかりの最新機種はまだAmazonなどでは発売されていないようですね。発売次第更新します。

21.5インチディスプレイ

iMacの21.5インチディスプレイには、解像度が非常に高い4Kとフルハイビジョンの2つがあります。

2017年現行機種

iMac21.5インチ
発売日 2017年6月
CPU 第7世代Core i5
クロック周波数 2.3GHz 3.0GHz 3.4GHz
コア数 2コア 4コア 4コア
メモリ 8GB
ストレージ HDD 1TB FD 1TB
グラフィックス Graphics 640 Radeon Pro 555
(2GB VRAM搭載)
Radeon Pro 560
(4GB VRAM搭載)
解像度 1,920 x 1,080 4,096 x 2,304
Apple Store ¥130,464 ¥154,224 ¥177,984
カスタマイズ(CTO)
メモリ 16GB ¥23,760 ¥23,760 ¥23,760
メモリ 32GB ¥71,280
FD 1TB ¥11,880
SSD 256GB ¥23,760 ¥23,760 ¥11,880
SSD 512GB ¥47,520 ¥35,640
SSD 1TB ¥83,160
3.6GHzにアップ ¥35,640 ¥23,760
全盛 ¥177,984 ¥261,144 ¥356,184

先日発売されたiMacの21.5インチの比較表です。金額は税込です。

スペック比較表の見方

CPUの世代、クロック周波数、コア数は数値が大きいほどさくさく動きます。

ストレージはHDDとFusionDriveとSSDがあります。(FusionDriveをFDと記載)

FusionDriveというのは読み込み速度の早いSSDとHDDが組み合わさったものです。よく使うものは自動的にSSDに割り当てられ起動が早くなります。

今分かっている範囲で、FusionDriveの中のSSDの容量は下記のようになります。1TBでは2014年だけがSSDを128GB積んであります。

  FusionDrive SSD
2014年 1TB〜3TB 128GB
2015年 1TB 24GB
2TB・3TB 128GB
2017年 1TB 27GB

HDDのiMacを購入しましたが、HDDだとせっかくのiMacの高性能なCPUを実感できませんでした。スピーディに処理をしているという感じが全くありません。

購入するならFusionDriveかSSDがオススメです。

2017年発売のiMacを見てみると一番、安い機種でもCPUはMacBook Proと同等なのでHDDをSSDに変えれば、普段使いでは十分でしょう。

フルハイビジョンでも全く問題ありません。僕は普段、MacBook Proを24インチのフルハイビジョンのディスプレイにに出力して使っています。

メモリについては、27インチなら自分で後から増やすことが可能です。21.5インチの場合は直営店で最初に行ってもらう必要があります。

拡張性

2017年のiMacはUSB3を4つ、Thunderbolt 3(USB Type-C)が2つ、SD、イヤホンジャックがついています。

前回までThunderbolt2だったのが、Thunderbolt 3(USB Type-C)に変わりました。USB3を残して、Thunderbolt3増設…これはいい変更ですね。

MacBook ProもUSB3とThunderbolt3の両方がついていればよかったんですが。

旧機種

型番 MK142J/A MK442J/A MK452J/A MF883JA ME086J/A ME087J/A
発売日 2015年10月 2014年10月
モニター 21.5インチ
CPU 第5世代Corei5 第4世代Corei5
クロック周波数 1.5GHz 2.8GHz 3.1GHz 1.4GHz 2.7GHz 2.9GHz
コア数 2コア 4コア 2コア 4コア
メモリ 8GB
グラフィックス Graphics 6000 Graphics 6200 Graphics 5000 Iris Pro 6000 NVIDIA GT 750M
ストレージ HDD1TB HDD500GB HDD1TB
解像度 1,920 x 1,080 4,096 x 2,304 1,920 x 1,080
Apple Store
amazon ¥104,760 ¥125,700 ¥143,884 ¥97,800 ¥135,000 ¥141,610
シングルスコア 2,982 3,532 3,787
マルチスコア 5,947 11,865 12,803

シングルスコア・マルチスコアはGeekbench3のシングルコアスコアとマルチコアスコアです。

参考⇛iMac (Late 2015)ベンチマーク | Macintosh | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

27インチディスプレイ

iMac27インチ
発売日 2017年6月
CPU 第7世代Core i5
クロック周波数 3.4GHz 3.5GHz 3.8GHz
コア数 4コア
メモリ 8GB
ストレージ FD 1TB FD 2TB
グラフィックス Radeon Pro 570
(4GBビデオメモリ搭載)
Radeon Pro 575
(4GBビデオメモリ搭載)
Radeon Pro 580(
8GBビデオメモリ搭載))
解像度 5,120 x 2,880
Apple Store ¥214,704 ¥238,464 ¥253,800
カスタマイズ(CTO)
メモリ 16GB ¥23,760 ¥23,760 ¥23,760
メモリ 32GB ¥71,280 ¥71,280 ¥71,280
メモリ 64GB ¥166,320 ¥166,320
FD 1TB
FD 2TB ¥23,760
FD 3TB ¥35,640 ¥11,880
SSD 256GB ¥11,880 ¥11,880 ¥0
SSD 512GB ¥35,640 ¥35,640 ¥23,760
SSD 1TB ¥83,160 ¥83,160 ¥71,280
SSD 2TB ¥166,320
4.2GHzにアップ ¥23,760
全盛 ¥369,144 ¥487,944 ¥610,200

今回のiMac27インチは、すべてFusionDriveになっています。

また、メモリが64GBまで増設できるようになりましたね。64GBはすごい!iMac27インチのメモリは後から増設できます。

旧機種

型番 MK462J/A MK472J/A MK482J/A MF885J/A MF886J/A ME088J/A ME089J/A
発売日 2015年10月 2015年5月 2014年10月
モニター 27インチ
CPU 第6世代Corei5 第5世代Corei5
クロック周波数 3.2GHz 3.2GHz 3.3GHz 3.3GHz 3.5GHz 3.2GHz 3.4GHz
コア数 4コア
メモリ 8GB(最大32GBに変更可能)
グラフィックス

Radeon R9 
M380

Radeon R9
M390

Radeon R9
M395

Radeon R9 
M290
RadeonR9 
M290X
NVIDIA GTX 
755M
ストレージ HDD1TB FD 1TB FD 2TB HDD1TB FD 1TB HDD1TB HDD1TB
解像度 5,120 x 2,880 2560×1440
Apple Store
amazon ¥175,500 ¥195,990 ¥225,700 ¥177,160 ¥189,000 ¥180,860 ¥165,880
シングルスコア 3,931 4,214 4,574 3,844
マルチスコア 12,079 13,081 17,683 12,192

スペックの差としてはグラフィックボードの違いとストレージの違いです。ただ、グラフィックボードについては、もともと性能が高いものなので、それほど大きな差はないといえます。

僕が以前、購入したのはMK462J/Aです。その後、MacBookを使って感じたのがHDDは遅いということです。SSDやFusionDriveを積んでいるものをオススメします。

合わせて読みたい iMac(MK462J/A)をFusionDriveではなくHDDを選びAmazonで購入した理由

コスパが高いのは2014年発売のFusionDrive1TBのMF886J/Aです。

2014年のFusionDriveはSSDが128GB入っていてお買い得です。処理速度も十分でしょう。

関連エントリー

iMacを購入した後、外でも使いたくなり、MacBook Pro、MacBook Air、MacBookと購入しました。

最終的にはMacBook Pro(2015)で落ち着きました。拡張端子が豊富なのがいいです。

MacBook Pro

MacBook Air

MacBook

あとがき

今までよくわかってなかったiMacについてやっと理解できました。とりあえずWindowsを使いながらいろいろ考えていきたいと思います。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト