iMacの比較してみました!各スペックとApple StoreとAmazonでの値段比較表あり!

Windowsを購入しましたが、どうも慣れずに最近は静音性に優れていると言われているiMacが気になってしょうがありません。

ただ、Amazonを見てもたくさんの機種があり ナニガナンダカワカラナイので、今回比較表にしてまとめてみました。

2016年12月11日値段更新

スポンサーリンク
スポンサーサイト

iMacって何?

iMacとはAppleが出しているパソコンです。OSはMacです。

特徴としてはディスプレイとパソコンが一体型という点です。このディスプレイの中にCPUも含んでいます。

Apple Storeでは一番新しい機種のみが発売されています。Apple Storeで発売されているものについてはカスタマイズも可能です。

現行機種は2015年10月に発売されたものです。

Amazonや楽天、電気店などの量販店で売っているものはカスタマイズはできません。

比較表を見て分かる通りカスタマイズしていないものについては、量販店で購入したほうが安いです。

21.5インチディスプレイ

iMacの21.5インチディスプレイには、解像度が非常に高い4Kサイズとフルハイビジョンサイズの2つがあります。

スペック比較表

型番 MK142J/A MK442J/A MK452J/A MF883JA ME086J/A ME087J/A
発売日 2015年10月 2014年10月
モニター 21.5インチ
CPU 第5世代Corei5 第4世代Corei5
クロック周波数 1.5GHz 2.8GHz 3.1GHz 1.4GHz 2.7GHz 2.9GHz
コア数 2コア 4コア 2コア 4コア
メモリ 8GB
グラフィックス Graphics 6000 Graphics 6200 Graphics 5000 Iris Pro 6000 NVIDIA GT 750M
ストレージ HDD1TB HDD500GB HDD1TB
解像度 1,920 x 1,080 4,096 x 2,304 1,920 x 1,080
Apple Store ¥117,504 ¥139,104 ¥160,704
amazon ¥108,631 ¥129,710 ¥150,700 ¥111,822 ¥117,400 ¥113,600
シングルスコア 2,982 3,532 3,787
マルチスコア 5,947 11,865 12,803

スペック比較表の見方

CPUの世代、クロック周波数は数値が大きいほどさくさく動きます。

ストレージはHDDとFusionDriveとフラッシュストレージ(SSD)があります。

FusionDriveというのは読み込み速度の早いSSDとHDDが組み合わさったものです。

よく使うものは自動的にSSDに割り当てられ起動が早くなります。

ただ、2015年10月機種のFusionDriveについては、1TBの場合は24GBしかSSDは入っていないようです。2TB,3TBだと128GBのSSDです。

外付けも可能なようなので、無理して最初から積まなくてもいいかなとも思いますが、SSDは爆速で起動時には明らかな違いを感じられます。

シングルスコア・マルチスコアはGeekbench3のシングルコアスコアとマルチコアスコアです。

参考⇛iMac (Late 2015)ベンチマーク | Macintosh | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

金額は2016年5月29日現在のものです。

カスタマイズの値段

Apple Storeなどの直営店で購入する場合は、カスタマイズが可能です。カスタマイズの金額は下記のようになります。

カスタマイズ 金額
メモリ16GB ¥21,600
FusionDrive1TB ¥10,800
FusionDrive2TB ¥32,400
256GB フラッシュストレージ ¥21,600
512GB フラッシュストレージ ¥43,200

※ストレージについてはHDD1TBからカスタマイズした時の金額

メモリについては、27インチなら自分で後から増やすことが可能です。21.5インチの場合は直営店で最初に行ってもらう必要があります。

MK142J/A

最新機種の中では一番安いiMacです。2コアなので、マルチスコアが低いです。

動画編集などの重い動作をしない使い方ならいいかもしれません。初めてパソコンを購入するならディスプレイも一体となっているこの機種がおすすめです。

11万弱で購入可能です。

MK142J/AiMac 21.5インチ MK142J/A 高性能Intel Corei5 1.6GHz 8GB 1TB

MK442J/A

21.5インチの中型機種です。4コアなのでマルチコアスコアも高いです。

MK452J/A

21.5インチでは唯一の4Kディスプレイの機種です。画素密度で言えば、フルハイビジョンの2倍以上です。

21.5インチで綺麗な画質のディスプレイにしたければこれ一択ですね。

Apple iMac (Retina 4K Display 21.5 /3.1GHz Quad Core i5/8GB/1TB/Intel Iris Pro 6200) MK452J/A

27インチディスプレイ

27インチでは現行機はすべて5Kです。27インチの5Kディスプレイで20万近くするものもあると考えると非常に安いともいえますね。

スペック比較表

型番 MK462J/A MK472J/A MK482J/A MF885J/A MF886J/A ME088J/A ME089J/A
発売日 2015年10月 2015年5月 2014年10月
モニター 27インチ
CPU 第6世代Corei5 第5世代Corei5
クロック周波数 3.2GHz 3.2GHz 3.3GHz 3.3GHz 3.5GHz 3.2GHz 3.4GHz
コア数 4コア
メモリ 8GB(最大32GBに変更可能)
グラフィックス Radeon R9 M380 Radeon R9 M390 Radeon R9 M395 Radeon R9 M290 RadeonR9 M290X NVIDIA GTX 755M
ストレージ HDD1TB FusionDrive1TB FusionDrive2TB HDD1TB FusionDrive1TB HDD1TB HDD1TB
解像度 5,120 x 2,880 2560×1440
Apple Store ¥193,104 ¥214,704 ¥247,104
amazon ¥182,800 ¥199,800 ¥233,800 ¥196,100 ¥211,000 ¥167,476 ¥173,900
シングルスコア 3,931 4,214 4,574 3,844
マルチスコア 12,079 13,081 17,683 12,192

スペックの差としてはグラフィックボードの違いとストレージの違いです。

ただ、グラフィックボードについては、もともと性能が高いものなので、それほど大きな差はないといえます。

僕が購入したのは一番安いこちらです。

Apple iMac (Retina 5K Display 27/3.2GHz Quad Core i5/8GB/1TB/AMD Radeon R9 M380) MK462J/A

合わせて読みたい iMac(MK462J/A)をFusionDriveではなくHDDを選びAmazonで購入した理由

20万円を切ったので、FusionDrive1TBのMK472J/Aもいいかもしれません。

5Kになる前の27インチのiMacもまだ手にはいりますが、値段が5Kと大して差がないことを考えるとオススメできませんね。

関連エントリー

2016年はiMacから始まり、MacBook Pro、MacBook Air、MacBookと4台購入しました。外でも使いたくなったんですよね。

最終的にはMacBookで落ち着きました。

MacBook Pro

MacBook Air

MacBook

あとがき

今までよくわかってなかったiMacについてやっと理解できました。とりあえずWindowsを使いながらいろいろ考えていきたいと思います。

次の投稿も読む⇛follow us in feedly登録が便利

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト